高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    米国


    1高低差速報
    イーロン・マスクが推進する次世代交通システム「ハイパーループ」は、細いチューブの中を時速1200kmで進む未来感あふれる乗り物だ。
    そのハイパーループが全米の各都市をつなぐ壮大な計画を進めていることが明らかになった。

    ハイパーループを運営するハイパーループワンは4月6日、ワシントンDCで全米の35州をつなぐ計画を推進中であることを明らかにした。
    想定される軌道はテキサスやフロリダ、コロラド、ネバダ、ミズーリーの各州にまたがるもので、各地の運輸局を巻き込んだものになるという。


    http://forbesjapan.com/articles/detail/14952




    170410_elon_leadership_tweet-thumb-640x360-105393

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://newsphere.jp/business/20161119-1/

    企業活動が国家経済に与える影響について調べる「グローバル・アントレプレナーシップ・モニター(GEM)」によれば、
    2014年に「起業はキャリアにおける良い選択だ」と答えた日本人は31%と、最下位から2番目だった。
    アメリカ65%、中国66%、オランダ79%などと比べると、途方もない出遅れ感がある。
    政府が経済回復のため新規ビジネス立ち上げを奨励しているにもかかわらず、なぜ起業家が増えないのか。
    英米メディアが日本特有の問題点を指摘している。

    ◆リスク回避志向、終身雇用が妨げに
     起業が難しい理由としてまず挙げられるのが日本人のリスク嫌いだ。ワシントン・ポスト紙(WP)は、
    日本では大企業での安定と終身雇用という「ジャパニーズ・ドリーム」と起業は相いれないものだとし、
    起業を口にすれば、おそらく親や配偶者からストップがかかると述べる。ブルームバーグも、
    起業をためらう気持ちは安定と成功を重んじて体制に従う文化から来るものだと述べる。
    前出のGEMの調査でも日本人起業家予備軍の55%が「失敗が恐い」と回答しており、調査参加国のなかで上から2番目に高い数字だったとしている。

     エコノミスト誌は、柔軟性のない労働市場が、起業の邪魔になっていると述べる。
    少しずつ緩和されてはいるものの、日本ではまだまだ終身雇用が望まれ、転職が盛んとは言えず、
    スタートアップ企業にとっては中間レベルの即戦力確保は難しく、新人ばかりで事業を始めることになると指摘。
    さらに、従業員の解雇が難しいことも、成長途中のスタートアップには厳しいと述べる。
    もっとも、女性は職場での昇進が困難で失うものも少ないため、起業して成功するケースも多いと同誌は説明している。

    ◆政府や投資家の古い考え方も起業の障害に
     WPは、起業家精神を育てることは「アベノミクス」の経済復興の鍵となる部分であり、
    政府はベンチャーキャピタルやスタートアップの加速を「第三の矢」の一部としているが、
    期待通りには進んでいない、と指摘。徐々に環境は改善しつつあるが、日本では投資家がリスクを嫌い要求も多く
    、1万ドルの代わりに20~30%の株式を求めるケースもあり欲深いと同紙は述べる。
    シリコンバレーでは多くの人々が新しいものにアグレッシブに投資を行い、より少ない見返りで多額の資金を出してくれるという。


    ブルームバーグは、日本の古いビジネス習慣も障害だと指摘し、銀行は貸付に担保を取ることに執着するが、
    ほとんどのスタートアップにそんなものはないと述べる。WPは、登記にかかる手続きが煩雑で、悪名高い官僚主義の弊害だとする。

    (続きはサイトで)




     150514_startup
    関連記事

    livedoorNEWS

    今年は年明けからいろんな有名人たちが世間をにぎわせているが、中でも元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反で逮捕されたことは衝撃が大きく、いまだに連日、メディアを賑わせている。

    『週刊プレイボーイ』本誌で対談コラム「帰ってきた!なんかヘンだよね」を連載中の“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人ひろゆき氏は、この清原容疑者の逮捕をきっかけにニュースそのものの是非よりも、もっと根本的な点を議論している。

    それは麻薬規制のあり方。覚醒剤は大麻などに比べて常習性が強いため、再犯率が高い。そのため、いかに再犯を防いでいくのかも麻薬規制に欠かせない視点なのだ。

    まず、ふたりが言及したのは大麻解禁について。日本では違法になっている大麻だが、海外では合法な地域もある。そのため、「こうした海外の動きを見ていると、大麻とかのソフトドラッグは許可してもいいんじゃないかって思ったりする」と堀江氏。

    大麻を解禁することで、より常習性が強い覚醒剤などの利用を防ぐ狙いもあるというが、ひろゆき氏は「日本人は本質をとらえようとしないので、変わらない気がします」とそれに悲観的だ。その「本質」とは?




    20151217192834



    【速報】 ベッキー同情派だった西川史子、立場一転「間違ってました」

    【驚愕】最新のPCにwindows2000をインストールした結果www

    手帳みたいなスマホケース使ってる奴www

    【画像】さかなくん、超えちゃいけないラインを超える

    明治大法学部でカンニングばれた学生が駅まで逃走wwwwwwwww

    【画像】NHKの偏向報道がヤバイwwwwwwwwww

    世界中の偉人達の名言集

    マック「くそ…客離れ…ポテトにチョコかけたろ!

    女は素直な方が可愛いよなwwwwwwwww

    【悲報】ゆとり社員さん、勤務中にコーラ飲む


    参照記事 : http://news.livedoor.com/article/detail/11213741/



    このページのトップヘ