高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    精神



    1: 高低差速報
     部外者から見れば、Elon Musk氏は実に素晴らしい人生を送っているように思える。だが、世界的に有名な大物実業家であり、エンジニアであり、発明家であるということは、実際にはどういう状況なのだろうか。

    Musk氏は米国時間7月31日、他のTwitterユーザーからの質問に答える形で発信した一連のツイートで、メンタルな問題で苦労していることなど、自身の精神状態について語った。

     同氏はあるツイートで、「現実には、すごく気分が高まるときもあれば、ひどく落ち込むときもあり、ストレスは絶えることがない。おそらく最後の2つは、みなさんが聞きたいことではないだろうが」と語っている。

    また、あるユーザーから躁うつ病なのかと尋ねられたMusk氏は、「そうだね」と答えた上で、「といっても、医学的にはおそらく違う。よくわからないが。嫌な感情は嫌な出来事に関連して起こるものだ。だから、本当の問題は、自分が始めたことに夢中になり過ぎていることだろうね」と答えた。

     双極性障害は、単なる気分の大きな変動ではなく、医師による正しい診断が必要なので注意してほしい。とはいえ、Musk氏が人生の浮き沈みについて率直に語ったことには元気づけられる。

     Musk氏によれば、気分の落ち込みに対処する方法は「苦痛を受け入れ、自分がしていることについてじっくり考える」ことだという。

     また、「自分で地獄行きの切符を買ったのなら、地獄を非難するのはフェアではない…」とも述べている。当の本人が言っているのだから、ハイテク起業家として有名になることは、ちまたで言われるほど素晴らしいことではないのだろう。

     Musk氏には、問題に対処する自分なりの方法があるようだ。だが、同氏が語っているような問題を抱えている読者の方は、専門家の助けを借りるのが一番だということを忘れないでほしい。
    https://japan.cnet.com/article/35105093/




    img201512151621430-e1450253569713

    関連記事





    1高低差速報

    佐川急便の配達員が荷物を蹴ったり、叩き付けるなどの行為が目撃された。
    その動画は12月6日に撮影されたもので、落ち葉の景色を撮影していたらたまたま撮影できたという。

    配達員は荷物を雑に扱い、足で蹴りながら運び、想定外のところに転がってしまいいらつきそれを回収。
    更にそれを抱え上げ、地面に叩き付けるように雑な扱いをしているのも確認出来た。

    その後、一部の封筒のような荷物が風で飛ばされ、それに苛立ったのか、再度荷物を叩き付けるという行為が見られた。
    この動画はYouTubeに公開されている。

    佐川急便を巡っては先日、代引きの値段を書き換え多く受け取っていたとして問題になった。
    しかし返金はしたものの、処分は不明のまま。

    http://gogotsu.com/archives/24949






     

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    「世界の壁は厚いということやね、何かが足りないんじゃないの、精神力か…
    世界レベルは絶対いっているから、その上のハイクラスの中では体力、自己管理、精神力…。
    彼も反省していると思うけどね、世界一になるにはいろんな条件が必要」
    レベルはトップクラスなので、1番になってもらいたいね」

    いつもよりかなり優しく言ってるのに
    可哀想や




     錦織8
    関連記事






    「24時間テレビ」を批判した裏番組のNHK生「バリバラ」に大反響!!


    父親が拒否!娘と結婚してほしくない男TOP10

    【画像あり】これアスペには理解できない漫画らしい

    【画像あり】広瀬すずのご飯の食べ方wwwwwww

    【闇】吉本芸人を40人以上喰った伝説の素人女!?カラテカ入江のヤバいトラウマエピソード

    これ考えたの天才だろ。カネボウ化粧品の洗顔料がすごいと海外で大絶賛されている。

    【※衝撃】腎臓からギネス級の石が摘出される映像がトラウマ。。(動画)

    熟成させ過ぎた。9カ月を経てへそからの脱出をきめたへそのゴマ

    海外「やっぱ本場は違う!」 日本のご当地ラーメンの多様さに外国人が衝撃

    ぼく「貴社のNAS丸見えですよ」メール送信っと・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ