高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    経済



    1: 高低差速報
    少ない資源、高齢化、保守的思想、イノベーションの不足などのため、将来的にも日本経済は楽観できる要素はなく、2035年には世界第5の経済体にまで落ち込むだろうと予測した。
    記事によれば、35年のGDP予想は中国が1位で35兆ドル、次いで米国の24兆ドル、インドの6兆2000億ドル、ドイツの5兆3000億ドル、日本の5兆ドルと続くという。
    https://news.biglobe.ne.jp/international/0918/rec_170918_2273793604.html




    a01278c10449bd4e963572e3b6b788d5

    関連記事




    1: 高低差速報
    米大統領が中国系企業による米社買収を阻止-安全保障上の理由で

    安全保障上の理由で米大統領が買収を阻止したのは27年間で4度目
    政権公約に従って大統領は命令を出したとムニューシン財務長官
    トランプ米大統領は13日、中国が支援する投資会社による米半導体メーカー、ラティスセミコンダクターの買収を阻止した。
    米企業の買収を目指している他の中国系企業の今後に暗雲が垂れ込めた。

    米大統領が安全保障上のリスクを理由に外国企業の米企業買収を阻止したのは過去27年間で4度目。
    ホワイトハウスと財務省の発表によれば、トランプ大統領は複数の関連省庁が参加する対米外国投資委員会(CFIUS)の勧告に基づいて決定した。

    買収を目指していたキャニオン・ブリッジ・キャピタル・パートナーズは中国国有の資産運用会社、国新基金管理が支援するプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社で、13億ドル(約1440億円)の買収案を提示していた。

    ムニューシン財務長官は、「米国の安全保障の確保に必要なあらゆる措置を講じるという政権公約に沿って、大統領は買収を禁じる命令を出した」と説明した。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-13/OW8ITE6JTSE901



    webw170619-trump-thumb-720xauto


    関連記事


    1: 高低差速報
    ビットコインは詐欺、取引行えば即解雇する-JPモルガンCEO


    チューリップ・バブル」より悪く、良い終わり方しないと指摘
    発言受けビットコイン価格は一時1%下落した

    米銀JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、同行のトレーダーが仮想通貨ビットコインの取引を行ったとしたら解雇すると言明した。
      ダイモンCEOはニューヨークでの投資家会議で、ビットコインは「良い終わり方はしないだろう」と述べ、バブルがはじけると予言。「これは詐欺」であり、最古のバブルと言われる17世紀オランダの「チューリップ球根より悪い」と指摘した。
      同CEOはその上で、JPモルガンのトレーダーがビットコイン取引を始めたとしたら、「即座に解雇するだろう。理由は2つだ。当行の規則に反する上に愚かであり、いずれも危険なことだ」と語った。

    ビットコインの価格はダイモン氏の発言を受けて下落。ニューヨーク時間12日午後4時(日本時間13日午前5時)現在、1%安となっている。


    続きはソースで
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-12/OW6USK6KLVR401

    -1x-1




    関連記事



    1: 高低差速報
    2017年8月30日、台湾メディア・中時電子報は経済成長を続ける中国でサラリーマンの給与水準が日本を超えたと伝えた。

    その背景には、中国は積極的な成長段階であり、また転職が一般的なことから、企業が高い給料で優秀な人材を引き止めていることがある。

    給与水準が逆転したことで、中国企業にとって日本は人材発掘の格好のターゲットになっている。
    日本の大手電子機器メーカーから上海の半導体企業に転職した日本、「海外に転職すれば年収が2000万~3000万円になるケースは少なくない。もとの年収の3倍に増える場合もある」と話した。

    http://www.recordchina.co.jp/b189265-s0-c20.html


    170812-1-001


    関連記事

    このページのトップヘ