高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    経済


    1: 高低差速報
    なぜ日本の生産性と賃金は停滞しているのだろうか?これに対して多くの経済学者が論争を繰り広げているが、大きく2つの要因に分けて考えることができる。第一は、円高による日本企業の大々的な生産設備の海外移転を挙げられる。前述した自動車工場の例から分かるように、製造業の割合が高い国であるほど生産性の向上速度が速い。飲食店や美容室の生産性を向上させるのは限界があるが、製造会社は革新的な技術の採用、あるいは新鮮な協力のアイデアを受け入れるだけでも生産性を向上させる機会をつかまえることができるためだ。したがって、国内総生産で製造業の割合が高い国であるほど、生産性の向上速度が速い傾向がある。 (以下略)
    http://japanese.joins.com/article/092/231092.html
    http://japanese.joins.com/article/093/231093.html
    488x-1



    関連記事


    1: 高低差速報
    「ベーシックインカム(basic income、最低所得保障、以下BI)」に関する議論が、世界中でにわかに熱を帯びている。

    BIとは「勤労するかどうかにかかわらず、国がすべての個人に無条件で一定の所得を支給する」というものだ。
    2016年6月にはスイスでBI導入の是非を問う国民投票が行われた。提案の内容は「大人には月2500スイスフラン(約28万円)、子どもには625スイスフラン(約7万円)を支給する」。
    結果は反対多数で否決されたものの、国内外から大きな注目を浴び、投票者の4分の1弱に当たる23.1%が賛成票を投じた。


    http://toyokeizai.net/articles/-/171230




    00_m

    関連記事

    1: 高低差速報
    ■韓流コスメ、原宿席巻

     東京・原宿の竹下通りのど真ん中に今、ピンクの真新しい店が向かい合っている。
    昨年12月オープンの「エチュードハウス」と、今年5月に開いた「スタイルナンダ」。
    共に韓国の化粧品、ファッションブランドだ。日本の「カワイイ」の聖地の風景を変え、平日夕方も学校帰りの少女たちであふれる。


    ■衣食住の輸出入2200億円

     飲食品で絶好調なのがビールだ。6月、ソウル市内の観光客も行き交う繁華街。
    アサヒビールが開いた夏期限定バーは「スーパードライ」を味わう人だかりができた。


    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO18548110W7A700C1H11A00/



    d7f40470

    関連記事


    1: 高低差速報
    平均所得とジニ係数(収入不平等指数)の推移
    no title


    エンゲル係数の推移
    no title


    報道の自由度ランキング
    no title


    貯蓄ゼロ世帯の推移
    no title


    中年フリーターの人数の推移
    no title


    1ヶ月で使うお金の推移
    no title


    国民1人あたりGDP推移
    no title


    「イノベーション能力ランキング」の推移
    no title

    関連記事




    1: 高低差速報
    財源はどうするんですかねえ…
    つーか国立行けばいいんじゃないですかねえ…
    そもそも奨学金借りたらどうなんですかねえ…
    それでも無理なら高校卒業して数年働いてから大学行けばいいんじゃないですかねえ…




    20160418-00056757-roupeiro-000-6-view


    関連記事

    このページのトップヘ