高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    経済学者


    1: 高低差速報
    日馬富士と貴乃花と相撲の世界について、経済学者が率直に思うこと

    大相撲も、年6場所で1場所あたり15日間。毎日、とは言わないが、年中行われている。
    これをすべて「ガチ○コ」でやったら怪我人が続出し、大相撲もビジネスとして成り立たないのは容易に推量できる。
    筆者は、もちろん「注射」が本当に存在するのかどうか、その実態を知らないが、
    ビジネスとして大相撲を捉えるなら、そうした仕組みがないと継続するのは難しいとも思う。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53698 


    sumo_torikumi

    関連記事



    1高低差速報
    http://diamond.jp/articles/-/122678?page=3


    ――ご自身も美術のコレクターなのでしょうか。

     美術は水彩画を少しだけ、コレクターというほどではありませんが、亡くなられた佐原和行さんの作品を数点もっています。
    私が大臣のときも、佐原さんの絵を何枚か大臣室にかけていました。経済財政担当大臣のときも、金融担当大臣のときも
    郵政民営化担当大臣のときも、総務大臣のときも、ずっと掛けていましたよ。
     一瞬ベイカント(空っぽ)にしてくれるんですね。物凄いプレッシャーや考えないといけないこととかで頭がぐるぐるしているときに、
    ふっとベイカントになれる。実はバケーション(休暇)ってベイカントから来ているんですね。心と体を空っぽにする。それによって原点を見つめ直すみたいなところがあるわけです。

    日本の1人当たり所得は今や世界20位台
    思っているほど経済的に豊かじゃない

    ――経済学者でアートに造詣の深い方は珍しい気もします。

     私は実はもともと、ミュージシャンになりたかったんですよ(笑)。大学の時にマンドリンクラブで指揮者をやっていて、
    自分で編曲したり、プロの打楽器奏者に打楽器を習ったりしていました。音楽で飯が食っていけたらいいなと心から思いましたが、
    やっぱり自分の才能じゃ音楽では食っていけないと。そう思って、同じカタカナ商売だけどやむを得ずエコノミストになりました。
    プロでやっている人はすごいと思いますよ。すごく生活が不安定な中でも、美を追求しているわけですから。
     私はよく冗談半分、本気半分で言うんですが、経済学者なんて大したことはないと。なぜなら、経済学者はいなくても経済はありますよね。
    でもアートは違う。アーティストがいないとアートはないのです。アーティストというのは無から感動を創り出す、
    偉大な仕事だと思います。だからこそアーティストには敬意を払わないといけないと、学生たちには凄く言ってきました。

    ──欧米に比べて日本人は生活にアートが根付いていないとの見方もあります。それはなぜなのでしょうか。

     ひょっとしたら、実は日本人が貧しいからかもしれません。GDPの1人当たり所得は為替レートにもよりますが、今や世界で20位台ぐらい。
    先進国30ヵ国の中で下位グループです。それだけではないですが、思っているほど経済的に豊かじゃない、というのは一つの理由でしょう



    01_spx400
     
    関連記事


    1高低差速報
    https://www.robertwalters.co.jp/salarysurvey/special-discussion-2.html


    最後に、移民の受け入れについて。最も重要なダイバーシティ課題です。多くの人が「移民」という単語にアレルギーに似た抵抗感を示します。
    ヨーロッパでは、セキュリティー(安全)などの面で深刻な問題に直面しています。
    安倍首相は、そうした問題点と労働人口不足の双方を深く理解していますので、(「移民」ではなく)「ゲストワーカー」誘致の方針を示しています。
    経済特区という考えもあります。東京はそのひとつですが、東京、神奈川、大阪の3都府県では、家政婦、ヘルスケア、
    ヘルパーなど介護サービス分野に限って外国人労働者を積極的に受け入れることを検討しています。ステップバイステップではありますが、
    ダイバーシティ課題は積極的に協議され、解決に向かって進歩しています。
    およそ10年後には日本の人口が毎年100万人ペースで減少します。私は和歌山県に生まれましたが、和歌山県民がおよそ100万人です
    。毎年、都道府県が1つずつ無くなると考えるとわかりやすいかもしれません。そういった状況ですから、
    移民受け入れについての議論を避けて通ることはできないのです。


    DSC_7453





    関連記事
     


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://synodos.jp/society/18169

    貧困バッシングの高まり
    渡辺 今回ご自身の実践を振り返りもお書き頂いていますが、そのうえでいまの貧困問題の状況をどのように見られているのでしょうか。
    稲葉 「はじめに」でも書きましたが、2006年が、国内の貧困が再発見されるきっかけになった年だと
    思っています。きっかけは、竹中平蔵(当時)大臣が新聞のインタビューで、
    「社会的に解決しないといけない大問題としての貧困はこの国にはない」と言った
    ことに憤りを感じた湯浅誠が、
    「反貧困」をスローガンにした社会運動を構想したのが最初です。
    当初は貧困問題の可視化を当面の目標として運動を始めて、それが年越し派遣村の成功とか社会的に大きなインパクトを与えたということもあり、貧困問題自体は可視化されました。さすがに10年経って、いまでは日本国内に貧困問題はないって言う人はいなくなったかなと(笑)。
    (続きはサイトで)




     DSC_6084
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://www.sankei.com/column/news/161020/clm1610200008-n3.html

    (中略)

    さらに、これが金融分野に適用されれば、いわゆるフィンテックとなる。銀行という社会的インフラがなければ安心して
    預金・決済ができなかったが、新たな技術とビッグデータの組み合わせでより便利かつ安価にできる基盤が生まれつつある。
    アメリカの特徴は、金融機関よりも企業価値の大きいIT関連企業が存在し、それらが銀行を超えてフィンテックを推進していることだ。
    日本の場合、金融機関の企業価値は圧倒的に大きい。いわば既存金融機関の自己否定ともいえるフィンテックを、果たしてどこまで進められるのか。
    いずれにせよ日本では、こうした新しいビジネスを既存の類似分野に閉じ込め、タクシー業や旅館業の枠組みで取り扱おうとしている。
    しかし本来これらは、全く別の「ソーシャル・ネットワーキング業」なのである。

     第4次産業革命といわれる現象に対応する力は、日本経済にある程度備わっていると思われる。ロボットやAIなど、
    一部に強い技術を持った企業が存在している。しかし、ビッグデータをどのように利活用するか、
    基本枠組みの制度設計はほとんど進んでいない。そもそも、そうした問題を議論するはずのIT戦略本部の全体会合は、
    持ち回り開催を除けば1年以上開催されていないのだ。さらにプライバシーを守るための仕組みや保険制度の導入、
    事後チェックの徹底など相当の工夫がいる。またサイバー・セキュリティー対策も強化しなければならない。その上で大幅な規制改革が必要だ。

     ≪「ゼロベース特区」の議論を≫
     しかし既得権益者の抵抗などのため、進捗(しんちょく)は不十分なものだった。とりわけ産業革命といわれるような
    新しい現象に対応するには、細かな規制改革を積み上げる努力に加えて、全てをゼロベースでやってみるという姿勢が必要だ




    PIC-20160421143825

     
    関連記事



    このページのトップヘ