高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    結婚


    1: 高低差速報
    結婚後の妻から夫への“小遣い制”についてホリ
    エモンがTwitterで以下のようにコメント。
    “ぶっちゃけ小遣い制とかどんだけMなんだよ笑”

    自身も一度結婚を経験した上で、そもそも
    結婚自体に否定的なホリエモンらしい発言といえるが、その真意はどこにあるのか、過去の
    Twitterの発言を遡ってみる。

    ホリエモンは自身の結婚生活時を振り返り
    ながら「俺のほうが財布の管理能力が高いの
    に任せる意味なくね?」とコメント。そもそも家計の管理を妻に任せっきりにする思考その
    ものが信じられないという様子だ。

    また、世間では家庭をもつと、ある程度収入
    があっても子供の教育費や、住宅、車のローンなどで少額の小遣い制で生活している夫が
    たくさんいるというのだ。これに対しても
    ホリエモンは「子供のために自分は犠牲になるわけ?」「何が楽しくて生きてるのだ?」と理解できない様子。

    自身は「上限なく使えるのが理想」だと
    コメントしているが、ホリエモンは常々お金は目的ではなく、やりたいことを実現するための手段だと主張している。
    引用記事:http://weblog.horiemon.com/100blog/35281/
    maxresdefault




    関連記事


    1: 高低差速報
    ■職場で女性に“家庭的だな”と感じるポイントTOP10
    (3位まで回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

    1位 手作り弁当を持参している 296pt
    2位 デスクがキレイに整頓されている 103pt
    3位 水筒を持参している 101pt
    4位 言葉遣いが丁寧 93pt
    5位 化粧が濃くない 78pt
    6位 箸の使い方や食べ方がキレイ 54pt
    7位 露出の多い服装や派手な服装は好まない 41pt
    8位 飲み会で大皿料理が出てきたら進んで取り分けてくれる 40pt
    9位 ブランドものが好きではない(or控えめに持っている程度) 35pt
    10位 字がキレイ 32pt

    ほかを大きく引き離して「手作り弁当を持参」が1位に。やはり料理ができると家庭をイメージしやすいのだろうか。また、2位の「デスクがキレイに整頓されている」、
    3位の「水筒を持参している」など、何かとマメな人が好まれるようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13814271/



    関連記事


    1: 高低差速報
    35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

     明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

    wedding_syukufuku




    関連記事




    1: 高低差速報
    一般的には年収が減ったからといわれてるけど底辺の娯楽はセッ○ス
    俺的にはゲームの発達と酒飲めない若者が増えたからだと感じてる



    wedding_syukufuku

    関連記事


    このページのトップヘ