高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    結婚


    1: 高低差速報
    2人に1人が外してる? 結婚指輪はすでに既婚者判別に使えなくなっている説

    幸せ溢れる結婚式。互いに永遠の愛を誓い「指輪の交換」をする姿は、結婚式最大の見せ場ともいえる。

    一方で、好みの異性に出会った時、その左手薬指に輝く指輪を判断基準に、既婚者・未婚者を判断し一喜一憂する人も少なくないだろう。

    しらべぇ編集部では、全国の20~60代の既婚者、男女893名に「結婚指輪を普段つけているか」調査を実施した。

    引用記事:https://sirabee.com/2018/09/12/20161787447/
    ring_couple_wedding



    関連記事


    1: 高低差速報
    西村ひろゆきさん
    「年収500万じゃ東京でアパート借りて新車買って保険入って奥さん専業主婦で子供育てて新築の為に貯金してって生活は無理ですよ。
    年収500万じゃ共働きで良いよって人探すしかないよねぇ」

    「女の人で年収400万とか稼いでる人ってほとんどいないんじゃないかなぁ。
    300万とかでしょ?世帯年収800万ならさっき言った生活は出来るかもしれないけど子供の面倒見るの大変だよねぇ」

    「子供って世話しないとタヒんじゃうし愛情を与えないとコミュ障に育つし愛情与えて教育費とか掛けてもグレてヤンキーとかニートになる事もあるじゃないですか。
    本当にただのリスクだと僕なんかは思っちゃいますけどね(笑)へっへっ(笑)」


    7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e

    関連記事


    1: 高低差速報
    【アンケート調査方法】
    調査名:結婚と婚活に関するアンケート
    調査対象:20代~60代までの男女
    サンプル数:196サンプル
    調査期間:2018年4月24日~4月26日
    調査方法:インターネット調査

    結婚相談所のサンマリエは5月2日、「結婚と婚活に関するアンケート2018」の結果を発表した。調査は今年4月にインターネットで実施し、20~60代の男女196人から回答を得た。

    何歳までに結婚したいかを聞くと「30歳」(男性:26%、女性:41%)、「35歳」(40%、29%)が多かった。8割近くが30代には結婚パートナーを得たいと考えていることが分かった。

    ■男性に年収700万円以上を求める女性は2割のみ

    結婚相手を選ぶ際、最も重視するものを聞くと、男女ともに1位は「性格」(男性:80%、女性:70%)が多い。次いで男性は「容姿」(14%)、女性は「経済力」(12%)と続く。

    結婚相手に望む年収を聞くと、男性は「こだわらない」(43%)が最も多かった。次いで「300万円」(32%)、「400万円」(14%)と続く。理由として、


    「金額にはこだわらないが、ある程度は稼いでほしい」
    「少なくても構わないので一緒にがんばりたい」

    と少なくとも、ある程度収入があることを想定して回答している人が多い。

    一方、女性は「400万円」(23%)が最多。以降、「500万円」(19%)、「600万円」(15%)と続く。昨年は「500万円」「600万円」が同率1位だったが、今年は100~200万円希望額が下がっている。
     
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=53726 


    wedding_syukufuku

    関連記事


    1: 高低差速報
    あなたは、結婚相手にどんなことを求めますか。
    以前は一般的にいわれていた『結婚相手に求める条件』も、時代と共に変化しているようです。

    さまざまなことをランキング化している『gooランキング』が、以前はよくいわれていたけれど『いまは正直いってどうでもいい、結婚相手の条件』をアンケート調査しました。
    対象となったのは、20代から30代の女性250人。
    すると、驚きのものから、納得いくものまで、さまざまな結果が出ました!

    ■『家』ではなく、『個人』を見る時代に?

    まずは、どうでもいい条件の10位から4位までの発表です。
    10位 実家の経済力
    9位 育った環境の一致
    同率7位 身長の高さ
    同率7位 家柄のよさ
    6位 年齢の若さ
    5位 運動神経のよさ
    4位 実家の所在地

    以前は気にされていた『家柄』も、いまは気にしない人が多いようです。
    また、『身長の高さ』がランクインしているのは、意外と思う人がいるかもしれません。
    気になるTOP3がこちら!

    ■3位 学歴の高さ

    高学歴の人はよい会社に就職し、高収入を得る…そんなことが当たり前の時代がありました。
    しかし、現代では「高学歴であっても、必ずしも安定した高収入を得られるというわけではない」という声を聞くこともしばしば。
    その影響が、結果にも表れたのかもしれません。

    ■2位 長男かどうか

    昔は「家を継ぐ」ということが重要視される傾向にありました。
    長男と結婚すると「家族と同居しなければならない」「嫁・姑問題に巻き込まれる可能性が高い」など、女性からするとプレッシャーを感じることもあったでしょう。
    現代は「長男だから家系を継がなければならない」という風潮は薄れつつあるため、長男かどうかを気にしないという人は多くなっているようです。

    ■1位 出身地がどこか

    結婚相談所では、プロフィールを登録する際に必ずといっていいほど出身地を聞かれるそうです。
    「年末年始にどちらの実家に帰省するか」などを気にする人が以前は多かったようですが、いまでは気にしないという人が増えたようです。

    時代に合わせて変化していく、相手に求める結婚の条件。
    どういったことを求めるにせよ、互いにとって幸せと思えるパートナーを見つけられたらいいですね。

    引用記事:https://grapee.jp/440202
    shinzenshiki_couple2



    関連記事


    1: 高低差速報
    昨年末に公表された、2017年の人口動態統計(年間推計)によると、国内で生まれた日本人の赤ちゃんは94万1千人で、統計の残る1899年以降、過去最少を更新したという(日本経済新聞 2017年12月22日など)。

    筆者はこれまで、「日本の少子化の要因は、結婚した夫婦が子どもを多く産まなくなっていることにあるのではなく、結婚しない人の割合が増加したことにある」と強調してきた。

    なぜ若い男女が、結婚という選択をしなくなっているのか。

    少子化対策を熱心に言挙げする人々は、しばしば仕事と子育ての両立難や、若年男性の経済的困窮をとりあげて、「若者は結婚したくても、できない」というリアリティを強調してきた。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53966
    wedding_syukufuku



    関連記事



    1: 高低差速報
    結婚後の妻から夫への“小遣い制”についてホリ
    エモンがTwitterで以下のようにコメント。
    “ぶっちゃけ小遣い制とかどんだけMなんだよ笑”

    自身も一度結婚を経験した上で、そもそも
    結婚自体に否定的なホリエモンらしい発言といえるが、その真意はどこにあるのか、過去の
    Twitterの発言を遡ってみる。

    ホリエモンは自身の結婚生活時を振り返り
    ながら「俺のほうが財布の管理能力が高いの
    に任せる意味なくね?」とコメント。そもそも家計の管理を妻に任せっきりにする思考その
    ものが信じられないという様子だ。

    また、世間では家庭をもつと、ある程度収入
    があっても子供の教育費や、住宅、車のローンなどで少額の小遣い制で生活している夫が
    たくさんいるというのだ。これに対しても
    ホリエモンは「子供のために自分は犠牲になるわけ?」「何が楽しくて生きてるのだ?」と理解できない様子。

    自身は「上限なく使えるのが理想」だと
    コメントしているが、ホリエモンは常々お金は目的ではなく、やりたいことを実現するための手段だと主張している。
    引用記事:http://weblog.horiemon.com/100blog/35281/
    maxresdefault




    関連記事

    このページのトップヘ