高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    老人


    1: 高低差速報
    5月30日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスと有吉弘行が最近の高齢者に苦言を呈した。

    番組中、日曜祝日が休みの病院が多いことへの不満を訴える投稿が紹介され、マツコは「ジジイ達がタヒなないから…ジジイ達が
    若者が土日営業しようと言うと怒る」と高齢者のエゴに問題があると語る。

    この発言に有吉は「ジジイのマナー悪すぎない?」と傲慢な高齢者が増えたと口にし、マツコも「最近、本当に思う。ジジイ達を見てると
    『こうはなるまい』って」と同意。有吉は続けて「年取ったら角取れて丸くなってさ…全然だね。紙やすりみたいなクソジジイばっかり」と毒を吐く。

    さらに、マツコは「あのジジイ達が経営してなかったら日本経済もうちょっと上手く回ってる」と好況にならない原因は高齢者にあるとバッサリ切り捨てる。
    有吉も「16才くらいの子の方がいいわ。意外と会社回るんじゃない」と高校生の方がキチンと経営をしてくれそうと話し、マツコも「回るよ。
    私利私欲しか考えていないジジイが回してんだもん」と声を揃えた。

    ネット上では、「最近のジジィババァは本当にマナー悪すぎる」「あいつらが日本を悪くしてる」「接客業してるがマナーマジで悪すぎる」など、
    最近の高齢者のマナーの悪さを指摘する意見が多く寄せられた。

    煙たがれない高齢者になるためには、ある程度、若者文化を許容し順応する必要があるのかもしれない。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000007-reallive-ent




    img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168

    関連記事





    1高低差速報
    @kamatatylaw
    某大手企業の元執行役員と話しをした。退職後やることがないので地元の少年野球チームの監督でもやろうと出かけて行ったら,
    既にポストも次期ポストも埋まってるし,前職の肩書も全く通用しないとのこと。
    退職後にコミュニティ活動をするためには40代後半に着手すべきと仰っていた
    https://twitter.com/kamatatylaw/status/645530246565904384



    0712inu_4747800
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://digital.asahi.com/articles/ASJCW667RJCWPTFC00Q.html

    全国でじわりと広がる給食の無償化。家計の負担軽減だけでなく、各地の自治体が頭を悩ませる
    未納問題の解消にも一役買っている。一方、無償化には多額の税金がかかることなどから、
    多くの自治体は二の足を踏んでいるのが実情だ。

     「わー、栗ご飯だ!」。10月下旬のお昼時。滋賀県長浜市立神照小学校の4年ろ組で
    子どもたちの歓声が上がった。サケフライと豚汁、ひじきの煮物。牛乳、アイス入り大福も並んだ。
     長浜市は9月から、27の小学校すべてで給食を無償にした。対象児童は6078人で、
    無償自治体では最も多い。1人あたり年4万4千円の給食費を公費でまかなう計算だ。
    新規事業のために市が積み立てた基金と一般財源をあてた。
     中学2年、小学5年と3年、2歳の子どもを育てる市内の主婦(39)は「制服や学用品などお金がたくさんかかるので助かる。
    よくぞ一歩踏み出してくれた。長く続けてほしい」と歓迎する。
     無償化の検討は、14年に2期目に入った藤井勇治市長の「鶴の一声」で始まった。
    藤井市長は「次の時代を担う子どもを育てるには、保護者への支援が必要。市民全体で子どもたちを支えていくために税
    金を活用した」と話す。
     無償にした自治体は、財源の確保に知恵を絞る。





     o0650046013347910981
    関連記事


    1高低差速報
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/28/priority-seat_n_13292214.html

    乗り換え案内「駅すぱあと」を運営する株式会社ヴァル研究所が実施した公共交通機関に関する意識調査の結果、
    電車などで高齢者・妊婦・障害者らに「席を譲るべき」と考える人が優先席・それ以外の席ともに3年前の調査と比較して減少したことがわかった。

    調査は、同社が2016年9月に実施したアンケート調査の1つ「ゆずりあい精神の意識調査」。
    同社のサービスの利用登録をした会員で、10代?70代の男女3413人を対象にネットを通じて行われた。
    ただし、2013年の調査では回答人数は959人となっており、調査対象数には大幅な変化があった。

    調査の結果、今回の調査で「あなたは優先席では席を譲るべきだと思いますか」の質問に、
    「はい(譲るべき)」と答えたのは全体で75.9%だった。「いいえ(譲るべきと思わない)」が8.6%、「どちらともいえない」が15.5%だった。

    2013年の前回調査では「譲るべき」が93%で、3年前と比較して「譲るべき」と答えた人が17.1ポイント減少していた。




     sirabee20161126yuusenseki
    関連記事

    このページのトップヘ