高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    職業


    1: 高低差速報
     医師でタレントの西川史子(47)が5日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。東京医科大医学部医学科の一般入学試験で女子受験生の得点を一律減点していたとされる問題で、「当たり前です」と発言した。

     西川は「当たり前です、これは。(東京医大に)限らないです、全部がそうです」とキッパリ。「だって、(成績の)上から取っていったら、女性ばっかりになっちゃうんです。女の子のほうが優秀なんで。眼科医と皮膚科医だらけになっちゃう」と続けた。

     さらに「重たい人の股関節脱臼を背負えるかって言ったら、女性は無理なんです」と具体例を挙げて説明し、「(女性は)外科医は少ないです。外科になってくれる男手が必要なんです。おなかが大きくて手術はできないんです。だからやっぱり、女性と男性の比率はちゃんと考えてないといけないんです。男性ができることと、女性ができることって違う」と主張した。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000078-spnannex-ent
    _girls002_imgs_3_c_3cc413cf





    1: 高低差速報
    no title

    たとえばバーテンダーの仕事。これがコンピューターに代わられる確率は77%―。そんな大胆予測を披露した論文が全世界で話題だ。論文の執筆者が本誌に語った、凄まじすぎる「雇用の未来」。

    「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

    たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

    関連記事





    1高低差速報
    ニート
    フリーター、非正規、派遣社員、新聞配達員、中小企業
    介護、外食、小売、自動車ディーラー、営業職、ホールスタッフ、調理スタッフ
    工場、土方、警備員、ビル清掃、大工
    ライン工、配管工、塗装工、板金工、溶接工、機械工、電気工、とび
    トラック運ちゃん、タクシー運ちゃん、配達運ちゃん
    看護師、理容師、美容師、ホームヘルパー、アパレル
    イラストレーター、グラフィックデザイナー、WEBデザイナー
    歯科衛生士、保育士、栄養士
    プログラマー、下流SE



    c4aef2d1e5f8acf35e709909b3b98f0a
     
    関連記事


    1高低差速報
    https://www.businessinsider.jp/post-827

    「今の機械学習ベースの人工知能(AI)には、そもそもあまり語られていない『不都合な真実』があるんです」。
    そう話すのはヤフーのチーフストラテジーオフィサー(CSO)安宅和人氏。今、AIが語られる時に必ず出る文脈が
    「AIはどこまで人間の仕事を奪うのか」という点だが、安宅氏は 「AI vs 人間のように語ること自体、そもそも間違い。
    業務の何かが自動化されることは大量に起こるが、大半の人間の仕事がまるごと消えることは起きない。むしろ新しい仕事が色々増える可能性が高い」と話す。

    そもそも「不都合な真実」とは何か。
    安宅氏は日本ではAIに関する認識が大きく「ずれている」と指摘する。万能のように思われているAIだが、
    そもそもAIは計算環境と機械学習(深層学習を含む)、自然言語処理などの情報科学、訓練データを組み合わせて人間が実現を目指す
    ゴール(「イデア」と安宅氏は表現する)に過ぎない。
    実際、「できない」ことはたくさんあり、むしろ、人間に比べてできることは限られている。
    ただ、できることが極端によくできる、そのことが万能に近いと誤解されているのだと。
    「多くの仕事は大局的には問題解決です。まずは、どうなりたいか、という姿や目標、志を決める。現状を見立て、解決すべき点(問題)を整理する。
    問題を切り分け、それぞれ分析し、全体を俯瞰し、結論を出す。その上で、『こうやればいいよね』と関係する人たちに伝える。AIには意思がないので、
    人間が『こういう軸で判断をしてね』と目的を与えないと動けない。また、そういう『ガイドラインに沿って数値目標を単に設定する』とかではなく、
    『そもそもどうすべきだ』『この事業はどんな形にしていきたい』などという複合的かつ定性的で心に響くビジョンや最終型のイメージを描くことはAIには望むべくもありません」
    「今、述べた問題解決の多くの段階でAIは『人間のように知覚する』ことが必要です。しかし、知覚は人間の身体(からだ)がなければできないことが随分多い。
    色や肌触り、味といった質感を得るには我々の身体を通した入力が必須です。我々と同じような知覚センサーを同じような密度で持つ、
    同じような固さや同じような動きをする身体で得ないと同じような入力にはならないからです。
    更に『知覚』は脳の中にしかありません。


    (続きはサイトで)



    AI
     
    関連記事

    このページのトップヘ