高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    1高低差速報
    私は現在、焼肉店の料理長をしていますが、お客様に、「出荷の直前までちゃんと歩けて運動できている牛ですから
    美味しいですよ」とリコメンドすると、え? 歩けるのが素晴らしいの? ほかの牛はどんな? という質問が返ってきます。
    サシのたくさん入った霜降り肉の牛には、太って歩けなかったり、糖尿病のような症状で目が見えなくなっていたりする
    牛がいるのです。無理に太らせているから病気になりやすく、予防のために薬もやたら打つことになります。

     牛舎の中にギュウギュウ詰めなんてシャレにもならないことで、よくネットで写真が回ってきますが、フォアグラになるガチョウ小屋と変わりません。

     どんな牛でもこういう無理をさせれば霜降りになるのかというと、実はそうではないのです。

     もともと、日本の黒毛和牛は赤身に脂が入りやすかった。そこに肉牛農家の方々が工夫に工夫を重ねて、サシの割合を
    増やしていった。そういう経緯があります。

    https://joshi-spa.jp/690202



    select500-02
     
    関連記事




    1高低差速報


    ステーキの本場であるニューヨークに進出を果たした「いきなり!ステーキ」。
    2月23日(現地時間)のオープンからひと月以上が経過した現在の状況はどうなっているのだろうか。

    「日に400人程度のお客様が見えます。最初は中国系の方が多かったですが、現在はもっと客層が広がって
    さまざまな人種の米国人がいらしていますね」(ペッパーフードサービス取締役営業企画本部長・川野秀樹氏)

    川野氏によると、ニューヨークでは、新店舗がオープンした際にはまず富裕な中国系の客層が注目し、
    人気が出ればその他の客層に広がっていく傾向があるとのことだ。

    日本とまったく同じ「立ち食い」スタイル
    カウンターは日本より10センチ高くし、1人分のスペースもゆったりしている(写真提供:ペッパーフードサービス)

    ニューヨーク店は、日本とまったく同じような立ち食いスタイルで、ロゴや一瀬邦夫社長の看板も同じ。
    メニューはリブロースとワイルド、サーロインの3種類で、グラムでの量り売りという方法もそのままニューヨークに持って行った
    。いきステのファンがニューヨーク店に足を運んでも、客とスタッフの国籍が違うだけで、日本にいるのと変わりがないぐらいだ。
    ただし、「カウンターは日本より10センチ高くし、食事スペース(幅)もストレスがない程度にゆったりさせています」(川野氏)という。

    そして、同チェーンの最大の“売り”であるスタンディング形式など、
    いきステのスタイルがニューヨークで受け入れられるかということは、開店ギリギリまで判断がつかなかった。

    3年を要した準備期間には、「立ち食いなど100人中100人がしない」「レアステーキを食べない」
    「テーブルチャージできないとダメ」など、“ニューヨーク通”や弁護士からさまざまな助言があったという。

    特に立ち食いスタイルは、オープン前の記者発表でマスコミから最も指摘を受けた点でもあった。
    川野氏によると、一瀬邦夫社長は「日本人も、もともとは立ち食いをしませんでした」で押し通していたという。


    【続きはサイトで】
    http://toyokeizai.net/articles/-/166852
    関連記事


    このページのトップヘ