高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    腕時計


    1: 高低差速報
     雪化粧した山々に囲まれた工場で、白衣を着た技術者たちがピンセットを使って金属製の精密部品で腕時計を組み立てている。

     顕微鏡で精度がチェックされ、箱詰めされた腕時計は、高級ショッピング街である米ビバリーヒルズのロデオドライブかロンドンの
    ナイツブリッジにあるブティックに出荷され、数千ドルで販売される。

     参入3年で世界一

     ここは日本であり、スイスではない。

     割安なクオーツ時計でスイスの腕時計業界をほぼ席巻してから約40年を経て、日本のメーカーであるセイコーウオッチと
    シチズン時計は、スイスメーカーのお家芸である高級腕時計に照準を合わせつつある。ビバリーヒルズやロンドンのブティックでは、
    高級腕時計「グランドセイコー」の8日巻きのモデルが約5万8000ドル(約616万円)で販売されている。

     セイコーウオッチの高橋修司社長はインタビューで、普及価格帯は販売個数があまり伸びないと予想されるため、
    当然、中高価格帯にシフトしていくことになると語った。


    引用記事:https://www.sankeibiz.jp/business/news/180402/bsc1804020500006-n1.htm

    関連記事



    1: 高低差速報
    携帯電話が普及し始めて約20年。時間も表示されるため、時計の代わりにもなる。腕時計をする人は減少したのだろうか。大阪の街頭で30人に聞くと、「しない」と回答したのは12人(40%)にのぼり、「スマートフォンで十分」「しなくても不便はない」などの声が聞かれた。一方、腕時計を「する」のは14人(47%)で、「相手に気遣わせずにさりげなく時間を見られる」「スマホを出すのが面倒」「ファッション性がある」などと答えた。腕時計の国内出荷は近年、数量より金額の伸びが大きく、市場が高級志向に向かっている。業界関係者は「腕時計に関心のある人と、そうでない人に二分されている」と指摘する。
    引用記事:http://www.sankei.com/west/news/171025/wst1710250004-n1.html
    01_01



    関連記事


    1: 高低差速報

    生命保険と金融のプロだけが会員になれるというMDRT(Million Dollar Round Table)。なかでもプルデンシャル生命は、その会員数が20年連続日本一という記録をもっている。同社でライフプランナーとして活躍する松本なおみさんも、MDRT会員の資格を持つひとり。法人営業担当のほうが会員になれやすいといわれるが、彼女の顧客は9割が個人。まさにトップセールス中のトップセールスなのだ。

    Q 愛用の腕時計は?
    A フランク ミュラー

    松本さんが“いくこママ”と呼び、心から慕っているお客さまの一人から「持っていてほしい」と託されたもの。「ご主人の遺品を形見分けしてくださって。生前、ご主人のことをとても尊敬していたので、この時計を見るたびに力をいただけるような気がするんです」

    Q この1年で何に一番お金を使った?
    A ビジネスクラスでハワイへひとり旅

    幼なじみの結婚式への参列を口実に、思い切ってビジネスクラスでハワイへ。せっかくのひとり旅なので、高級リゾート「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」に宿泊したという。「長いフライトは憂鬱なものですが、ビジネスクラスにするだけで、心豊かな時間になります」
    http://president.jp/articles/-/23503



    bg_collection

    関連記事


    1: 高低差速報
    7日、ライトノベル作家の井上堅二氏が、広告代理店に勤務する人物の「対人スキル」に驚いたというツイートが反響を集めている。

    投稿では井上氏が、広告代理店に勤務する人物と飲み会で一緒になった際のエピソードを綴っている。

    その人物が、腕時計を右手につけていたことに気づいた井上氏は「左利きですか?」と尋ねたそう。しかし、その人物は左利きではないと答えたそうで、
    井上氏はなぜ右手に腕時計をつけているのかを質問したという。

    井上堅二@ぐらんぶる⑧ 発売中 @Kenji_Inoue_
    先日の飲み会で広告代理店勤務の方がいまして。
    その方が腕時計を右手につけていたので、
    「左利きですか?」
    と聞いてみたところ、
    「いいえ、違います」
    では、なぜ右手に腕時計をつけているかと聞くと、
    「こうやって話しかけて貰えるからですよ」
    と、にっこり。
    これが…対人スキル…!!


    すると、その人物は「こうやって話しかけて貰えるからですよ」と笑顔で答えたそう。井上氏は「これが…対人スキル…!!」と驚いたようだ。

    この投稿は、8日20時の時点で1万3000件以上のリツイートと、2万件以上のいいねを集めなど、ネット上で話題になっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13586807/



    1ee2b8ea83e8bb4c577b9fa95442c586_7332


    関連記事



    このページのトップヘ