高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    自動運転


    1: 高低差速報
    no title

    自動車業界で長きにわたり幹部を務めてきたボブ・ラッツ氏は、自家用車の歴史が終わる日は近いと語った。
    大規模な自動運転車による交通網が、現在の自動車に取って代わるだろう。
    自動車の歴史は、今後20年で幕を閉じる可能性がある。

    「数百年にわたり、人間の主な移動手段は馬だった。そしてここ120年間は自動車だった」とラッツ氏は言う。「そして今、自動車の時代は終わりに近付いている。移動手段は標準化されたモジュールに置き換えられるだろう。最終的には、運転手が指示をする必要のない、完全に自動化されたモジュールになるだろう」

    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-106911

    関連記事


    1: 高低差速報
     【パロアルト(米カリフォルニア州)】米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後生産する全ての車両に、将来の完全自動運転機能に対応したハードウエアを搭載すると発表し、自動車業界に衝撃を与えた。

     衝撃を受けたのは、テスラの開発担当者も同じだった。

     事情に詳しい関係者によると、テスラの運転支援機能「オートパイロット」の開発チームは、人の介入なしで自動車を安全かつ確実にコントロールできると考える製品をまだ開発できていない。
    ...
    http://jp.wsj.com/articles/SB10159573888762483534004583359661640402352
    tesla-scales-up-cropped-550x309




    関連記事


    1: 高低差速報
    将来を不安視する質問が出された。世界最強の自動車メーカーとして
    盤石の地位を築いてきたトヨタであってもその状況はかなり心配だということだろう。
    「東洋経済」によれば、総会最後の豊田章男社長の締めの言葉は、
    「株主からの応援にも近い質問にこみあげるものがあったのか、涙ぐみながらの挨拶となった」そうである。

     これは、いかにトヨタが苦境に立たされているかを物語る。トヨタは、従来、
    将来のエコカーは水素を使う燃料電池車だと断定して、その開発に集中して来た。しかし、現実には、
    電気自動車シフトが世界の流れとなり、昨年秋に、やむなく、EV開発に舵を切った。
    その時も、世界トップメーカー、トヨタの意地なのか、EVも含めて何でもできる体制を整えるというような、負け惜しみの発表をしている。



    https://dot.asahi.com/dot/2017070900023.html?page=6

    img_825434d67c2428a2ad08d8704e03c817585153





    関連記事


    1: 高低差速報
     ホンダの八郷はちごう隆弘社長は読売新聞などの取材に応じ、人が運転に関与しない、ほぼ完全な自動運転の車について
    「2025年頃をめどに技術的な確立を目指す」と述べ、開発を加速する方針を明らかにした。

     開発時期の目標を具体化したのは、日本メーカーでは初めて。八郷氏は「ターゲットを定めないと、研究開発でやるべきことが
    不明確になる」と狙いを語った。

     自動運転を巡り、アクセルやブレーキ、ハンドルの複数の操作を自動化する技術が実用化されている。
    完全な自動運転には高度な人工知能(AI)などの開発も必要で、ホンダは米IT大手グーグルとの共同研究など他社との連携も始めた。

     完全な自動運転の実用化には、事故発生時の責任の所在を明確にする法整備なども必要で、八郷氏は「インフラ(社会基盤)や
    法律の整備など我々にできないところもある」と指摘した。

     読売新聞
     http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170608-OYT1T50112.html



    honda-2



    関連記事


    1高低差速報
    【AFP=時事】米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ(Tesla)が3日、時価総額でフォード・モーター(Ford Motor)を抜き、同国自動車メーカー2位に浮上した。


     大手メーカーの多くが3月売上高の前年比大幅減を報告する中、テスラは先週末の発表で、今年第1四半期(1~3月)の出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台に上ったと報告した。
    これを受け、テスラ株は3日の株式市場で急騰。一方の大手自動車メーカー各社は、先月の売り上げが期待を下回ったことから急落した。

     テスラ株は7.3%増の298ドル52セントで同日の取引を終了。同社の時価総額は486億3000万ドル(約5兆4000億円)に達した。
    ゼネラル・モーターズ(GM)の株価は一時4.4%減まで急落したが、時価総額は509億ドル(約5兆6000億円)以上で米自動車メーカー1位を維持。
    一方、フォードの株価は一時3%減まで下落し、時価総額は454億7000万ドル(約5兆円)となっている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000002-jij_afp-bus_all



    00
     
    関連記事


    1高低差速報
    テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが「完全自動運転機能の登場はいつになるのだろう?」という質問ツイートに対して、「3カ月以内かもしれない。6カ月以内は確実」と答えました。早ければ2017年前半に完全自動運転カーが登場することになりそうです。

    Tesla to transition from ‘Enhanced Autopilot’ to ‘Fully Self-Driving’ as soon as ‘3 to 6 months’, says Elon Musk | Electrek
    https://electrek.co/2017/01/24/tesla-enhanced-autopilot-to-fully-self-driving-says-elon-musk/




    ef00c6fd80e936839413fd91423ba270

    関連記事


    このページのトップヘ