高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    自己啓発


    1高低差速報
    「鏡は先に笑わない。こちら側が先に笑う」
    「本を読むと思考が加速すると思う」
    「信じている事の反対を信じれば固定観念は消える」

    こういうクッサイ事ばっかり言うようになってまじできもい




     79994_photo1
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ◆何もかもがうまくいかないとき、思い出したい10の考え方

    「物事がうまくいかない、ということはあり得ないんだ」と言われたらどう思いますか?
    いやいや、うまくいかないことだってあるよ、と言い返したくなりますよね。
    「Elite Daily」で記事を書いているPaul Hudson氏は、私たち自身が物事に“コントロール”されてしまうと、うまくいかないと感じてしまうのだといいます。
    彼が語る教訓について、もう少し詳しく見てみましょう。

    01.自分でコントロールできないことはたくさん存在する

    長い人生の中で、自分のコントロールが及ばないことはたくさん存在します。
    残念ながら、すべてがコントロールできる状態になることなんて、絶対にありえないのです。
    つまり、その状態に慣れることがとっても大切。
    コントロールできないことは、心配したって仕方がありません。
    それに慣れるというのは難しく感じるかもしれませんが、「コントロールできないものは、できない」と、認めたほうが気持ちがスッと楽になります。

    02.時間を短縮するのは、簡単ではない

    物事が期待通りの結果になるためには、時間がかかるもの。
    私たちは、物事の結果が期待よりも良くないときに「うまくいかなかった」と考えがちですが、それはそもそも期待の度合いが高すぎたのかもしれません。
    時間をかけないと期待通りの形にならない物事に対して、すぐに結果を求めるのは無理というもの。

    03.たくさんの失敗を経験していないなら、そっちのほうが問題

    失敗を経験していないとしたら、そのほうが大問題なのです。
    なぜなら、失敗せずに成功することなんてないから。
    結果を正確に予測することは、困難です。
    成功するために挑戦していたら、必ず失敗することもあるはず。
    失敗を経験していないということは、挑戦していないということ。
    計画を立てて、それを試してみて、失敗も経験して、次に繋げていきましょう。

    04.自分にとっては「期待以下」でも、他人にとっては「期待以上」かもしれない

    物事がうまくいけばいくほど、私たちの期待もどんどん高まってしまうもの。
    だから、「つねに期待よりうまくいく」ということは、あり得ないでしょう。
    あなたが「思ったよりうまくいかなかった」と思っているときだって、周囲の人からは期待以上のものに見えているかもしれませんよ。

    05.良いところに目を向ければ悪いところは気にならなくなる

    人は、自分がポジティブな気持ちのときにはポジティブなところに目が向きやすく、ネガティブなときにはネガティブなことが気になりやすくなるそうです。
    何もかもうまくいかない、と感じたときは、このことを思い出して、意識的に悪いところから目をそらすようにしてみると良いでしょう。

    06.何があったって「あなた自身」は無くならない

    どんなに、いま関わっていることがうまくいかなくても、また周囲の人が離れていってしまっても、「あなた自身」がなくなるわけではありません。
    あなたの今までの経験や思想、蓄えてきた知識を奪うことは誰もできないのです。
    何もかもなくなってしまったと思うようなときでも、まだ「あなた自身」は残っています。
    ゼロからスタートしなきゃいけないときも、あとは這い上がっていくだけなのです。

    07.死なない程度の苦労はあなたを強くしてくれるはず

    たとえ苦労ばかりでも、そこから学ぶべきことがあれば、あなたは強くなることができるはず。
    いったい何が足りなかったのか、どうしたら良かったのかを学ぶことができれば、それに費やした努力や時間も、無駄にはなりません。

    TABI LABO2 016/11/05
    http://tabi-labo.com/276323/when-everything-seems-to-be-wrong

    ※>>2以降へ続きます。
    2高低差速報
    >>1の続きです。

    08.失敗が怖いのはそれだけ頑張ってきたから

    大切なものがたくさんある人ほど、それを失うのはとても怖いものです。
    何かがうまくいかないときも同じこと。
    大して関わっていないような仕事だったら、失敗しても他人事のように感じるかもしれませんが、自分がたくさんの時間や労力をかけて取り組んできたことが失敗したら、ショックは大きいですよね。
    失敗してショックを受けるというのは、あなたがそれだけ努力してきた証拠です。
    今度はそれを成功につなげられるよう、また新たな努力を始めましょう。

    09.なぜか苦戦が続くのは、あなたのレベルが高くなってきたから

    ゲームって、最初の頃は楽々進むのに、レベルが上がると急に難しくなって、レベル上げをしながら何度も同じところに挑戦しないといけないときがありますよね。
    それは人生でも同じこと。最近なかなかうまくいかないことが多い、と感じたら、それはあなたのレベルが上がっているせいかもしれません。

    10.今うまくいかないことは人生で重要なことではないかもしれない

    「あれもこれもうまくいかない」と感じていたとしても、そのうまくいかないことは、あなたの人生にさほど影響がないときだってあります。
    あなたにとって本当に大切で、代わりがいなくて、忘れられないほど、絶対的なものってなんでしょうか?
    うまくいっていないことは、あなたの人生にとって本当に重大な影響があることですか?
    まずは「本当にそれをうまくいかせたいのかどうか」を、考えてみるといいかもしれません。

    (▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)




    shutterstock_152815880




    関連記事

     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ● 要約者レビュー

    自分の人生は、自分のためのものである。当たり前だと思うかもしれないが、しがらみの多い社会の中で、自分のために時間を過ごせていない人もいるのではないだろうか。
    「こんなことを言ったら、周りからどう思われるだろう」、「浮くのが嫌だから、みんなの意見に合わせよう」。
    こうして人に合わせているうちに、人生の限りある時間が過ぎていくことは、実にもったいない、と堀江氏は語る。

    自分がやりたいと思ったことに、躊躇なく挑戦できる人は、どれだけいるだろうか。
    もちろん、慎重に事を進めなければいけない局面もあるが、石橋を叩きすぎて結局最後まで渡れなかったというのでは、何も成し遂げることはできない。
    「言い訳をするな」「バランスをとるな」「プライドと自意識を捨てよ」という堀江氏のアドバイスは、一見極端だが、何
    かを始めたいのにその一歩を踏み出せない人の背中を、力強く押してくれるにちがいない。

    どんなに華々しい成果を上げている人でも、与えられている時間は誰もが等しく1日24時間である。本書を読めば「時間がなくてできない」という理由づけには再考の余地があると気づくはずだ。
    この本には、堀江氏の「人生や時間」に対する基本姿勢はもちろん、睡
    眠時間を削る以外の方法で、堀江氏がどのように時間を有効に使っているかがわかりやすく語られており、時間の使い方を考え直すきっかけをくれる。

    本当にやりたいと思っていることがあるのなら、今すぐ目標に向かって邁進しよう。そんなパワーがじわじわと湧いてくる一冊だ。 (竹内 彩子)


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160919-00102230-diamond-soci
    ダイヤモンド・オンライン 9月19日(月)6時0分配信



    関連記事








    こち亀両津氏の総借金額wwwwwwwww


    大学生3人が1泊1万円の個人宿に宿泊した結果wwwww

    【驚愕】女9割の会社に入った結果wwwwwwww

    【※放送事故※】中居くん、ナカイの窓でコスプレイヤー“えなこ”にガチドン引きww

    私「母のドッペルゲンガーみたわ…」 兄「なにそれ超見たい」 → 母「なにそれ超見たい」

    海外「これが先進国との差だ」 小池都知事が有能すぎるとシンガポールで話題に

    喧嘩相手を瞬殺した男の映像が「やっぱ柔道つえええええ!」と話題になる。

    韓国人「韓国の小学生の35%”朝鮮戦争は韓国が起こした”と回答」

    【画像あり】女性新入社員、就活で個性終了・・・

    【問題】 『答えはいくつ?』子供の算数の問題で大論争

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ