高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    芥川賞


    1: 高低差速報
    19日、第157回芥川賞・直木賞の受賞作が発表された。19日夜に行われた選考会で、どの作品が受賞となったのか。
    東京のホテルに集まった多くの報道陣が固唾(かたず)をのんで見守る中、芥川賞には、沼田真佑さん(38)の「影裏(えいり)」が、そして、直木賞には、佐藤正午さん(61)の「月の満ち欠け」が選ばれた。

    ともに初ノミネートでの快挙だが、芥川賞の選考については、一筋縄ではいかなかったもよう。
    高樹 のぶ子選考委員は「大変な対立、ほとんどケンカ状態で。かなり長く選考委員をやっていますが、本当に疲れ切って...」と話した。

    選考委員の間でも、もめにもめたという、芥川賞の受賞作「影裏」。
    仕事で岩手県に移り住んだ男性が、同僚と親しくなるものの、東日本大震災をきっかけに、同僚の意外な人間性を知っていく短編小説。

    沼田さんは、岩手・盛岡市に住む現役塾講師。
    この作品が、作家としてのデビュー作だという。
    沼田さんは「光栄です。まだ1作しか書いていないので、頑張ります」と話した。

    そして、今の心境を質問されると、「ジーパン1本しか持ってないのに、ベストジーニスト賞みたいな」と、ユーモアを交えて答える一幕も。
    沼田さんの生徒は、「しゃべり方が結構独特で、なかなかにセンスを感じるというか、言葉回しがおもしろくて、授業もよかったです」、「授業の間に本の話をしてくださったりとか、本の話をすると、すごく盛り上がるので」などと話した。
    沼田さんの同僚は「ついに夢がかなったというところで、本当に講師一同、本当にうれしく思っております」と話した。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00364748.html



    4097c400


    関連記事

    このページのトップヘ