高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    芸術


    1: 高低差速報

    ノーベル文学賞の発表が選考組織のスキャンダルで見送られたことを受けて、スウェーデンの
    文化人などがことし1年限定で創設した新たな文学賞で最終選考の4人に残っていた
    村上春樹さんが、執筆活動に専念したいとして辞退を申し出ていたことがわかりました。

    この文学賞は、ノーベル文学賞のことしの発表が選考組織のスキャンダルで見送られたことを
    受けて、スウェーデンの文化人や作家などが中心となってことし1年限定で創設したもので、
    先月、村上春樹さんを含む4人を最終候補に選んだと発表していました。

    賞の選考組織「ニュー・アカデミー」のウェブサイトによりますと、村上さんは、最終候補に
    選ばれたことに感謝の思いを示しながらも、執筆活動に専念したいとして辞退する意向を
    伝えてきたということです。

    ニュー・アカデミーは、ノーベル賞の各賞の発表が終わったあとの来月12日に受賞者を発表し、
    ノーベル賞の式典の前日の12月9日にストックホルムで授賞式を行う予定だということです。
    引用記事;https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180916/k10011632251000.html
    image-e1457759405773



    関連記事


    1: 高低差速報
    マストドン、ミュージシャンが直面している金銭的事情について語る

    マストドンのギタリストであるビル・ケリハーは音楽業界の現状について警鐘を鳴らしている。

    ポッドキャスト「レット・ゼア・ビー・トーク」に出演したビル・ケリハーは音楽業界の現状について語り、スポティファイやアップル・ミュージックのようなストリーミング・サービスはアーティストへの支払い方を改めるべきだと語っている。

    「この現状が続けば、アーティストはいなくなってしまうだろうね」と彼は語っている。「僕らは外へ出かけることもできないぐらいだからね。みんながラジオで聴く曲の裏ではたくさんの人たちが関わっているんだ。自分のジャンルだったり、僕らの現状を知っている人のためだけに言っているんだけどさ」

    彼は次のように続けている。「アルバムを作る時のことについて言えば……レコード会社が費用を建て替えているわけでね。仕組みはこうだ:会社が前払いで払ってくれて、『ここに60万ドルあるけど、これで57万5,000ドルかかるアルバムを作るんだ』って言われるんだ。お金はそれ用のものなんだよ。俺たちはレコード会社に借りを作った上で、会社が俺たちの音楽を所有するんだ」

    「俺が1000年生きたとして、その間でスポティファイを毎日再生したところで、数千ドルしか稼げないだろうね。分からないけどさ。微々たるものなんだよ。お金を稼ぐ唯一の方法は、ただコンスタントに外へ出てツアーに出続けることだけなんだ」

    「たくさんの人から、『どうしてTシャツが50ドルもするんですか?』って訊かれるんだけどさ、ここで教えてあげるよ。会場側が利益の20%だったり25%から30%を持っていくから、俺たちに残るのは30ドルなんだ。それからその30ドルが、マネージメントや弁護士、税金だったりの諸々に分配されるっていうね。ツアーバスだって、1ヶ月借りるのに6万ドルもかかるんだぜ。馬鹿げてるよ……ツアー中はお金を差し出しているようなものなんだよ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: Jimmy Hubbard / PRESS
    no title

    引用記事:https://nme-jp.com/news/57843/

    関連記事


    1: 高低差速報

    興行収入がエクソシストを超え、ホラー映画史上No.1のヒットとなった映画「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」。
    ホラー映画でありながら、瑞々しい少年たちの青春を描いた、2017年を代表する映画でした。

    原作者は言わずと知れた巨匠・スティーヴン・キング。
    今まで実に40本以上が映画化されているという、映画化常連のホラー・ミステリー作家です。

    とにかくキング原作の映画は、とにかく名作が多い!今回は3,534名の方を対象に、アンケートを実施しました。
    果たして、キング原作の映画で一番人気は何なのか…?「スティーヴン・キング原作映画ランキング」、スタートです!


    「スティーヴン・キング原作映画ランキング」TOP10

    1位 スタンド・バイ・ミー
    2位 グリーンマイル
    3位 ショーシャンクの空に
    4位 シャイニング
    5位 ミザリー
    6位 キャリー(1976)
    7位 IT イット “それ”が見えたら、終わり。(2017)
    8位 ゴールデンボーイ
    9位 ミスト
    10位 アトランティスのこころ

    引用記事:http://rankingoo.net/articles/movie/20171213/3


    64676993-860c-4de6-8654-4c303b180c5b


    関連記事






    1: 高低差速報
    毎年多数公開されている邦画。これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、
    「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。
    そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。そこで今回は、
    一番泣いた邦画について探ってみました。

    1位世界の中心で、愛をさけぶ 主演:大沢たかお、柴咲コウ 2004年公開 135票
    2位いま、会いにゆきます 主演:竹内結子、中村獅童 2004年公開 132票
    3位余命1ヶ月の花嫁 主演:榮倉奈々、瑛太 2009年公開 123票
    4位ALWAYS 三丁目の夕日 主演:吉岡秀隆 2005年公開 122票
    5位永遠の0 主演:岡田准一(V6) 2013年公開 120票

    6位海猿 主演:伊藤英明 2004年公開 118票
    7位八日目の蝉 主演:井上真央、永作博美 2011年公開 110票
    8位タイヨウのうた 主演:YUI(FLOWER FLOWER) 2006年公開 101票
    9位おくりびと 出演:本木雅弘、広末涼子、他 2008年公開 98票
    9位硫黄島からの手紙 主演:渡辺謙 2006年公開 98票

    引用記事:https://ranking.goo.ne.jp/column/4726/
    ae20c41974b14d74




    関連記事

    このページのトップヘ