高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    1: 高低差速報

    ファミリーレストランや商業ビルなどのトイレには、手を入れると風が出て乾燥させるしくみの温風ドライヤーが普及しています。また、
    強い風で一気に手に残った水分を吹き飛ばす「ジェット式ドライヤー」も、多くの場所で見られるようになりました。

    ジェット式ドライヤーは、ペーパータオルに比べて27倍も多く、空気中にウイルスを飛散させたという実証データがあります。

    また、アメリカの応用微生物学会の研究で、ジェット式ドライヤーから同じ距離に設置したプレートに付着したウイルスの数を、
    比較検証した実験があります。その結果、ジェット式ドライヤーは、一般的な温風ドライヤーの60倍、
    ペーパータオルの実に1300倍も多くウイルスが付着していたのです。

    つまり、ジェット式ドライヤーがあるトイレは、風邪ウイルスがトイレの空間中にまんべんなくばら撒かれている可能性があると言えます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180311-00162378-diamond-bus_all
    20180311-00162378-diamond-000-1-view



    関連記事



    1: 高低差速報
    こうした公衆衛生に対して高い意識が保たれている国だからこそ育まれた代表的な食べものがある。「寿司」だ。
     素手で握った生魚を客に提供するには、それ相当の衛生的環境が求められるが、日本の寿司職人は、徹底した人材教育と衛生管理によって、
    見事にその伝統と環境を守り抜いてきた。今や日本の寿司は、生ものを口にする文化がなかった国でも食されるほどポピュラーな食べ物として
    知られるようになり、日本を代表する文化の1つとしても、その地位を不動のものとしている。
     しかしニューヨークでは、そんな世界に愛されてやまない日本の寿司が、数年前からある論争に巻き込まれている。その論争とは、
    「寿司を素手で握るのは、衛生的か否か」というもの。病院や旅館などで集団食中毒が頻発していた当時の日本でも、海の向こうで
    勃発したこの日本の食文化論争は、一時逆輸入される形で話題になった。
     事の発端は、ニューヨーク市の衛生局による、ある取り決めだった。当局が、市内のレストランにおける衛生基準の1つとして「調理時にゴム、
    またはプラスチック製の使い捨て手袋の着用」を義務付けるようになったのだが、この“調理”に、本来素手で扱われるはずの寿司も該当するとされたことで、
    現地の寿司職人らも、この手袋の着用を余儀なくされたのだ。
     一部の寿司店はこの基準に反発し、署名運動にまで発展したのだが、最終的に、当局の改善命令に従わなかったとして、
    現地の人気寿司店が廃業に追い込まれる事態になったのである。
    https://hbol.jp/152327




    f5fd4f83e9f01d8a6f9701355e87c475-550x413


    関連記事


    1高低差速報
    巷にはいろいろな健康法があふれている。かつては「飲尿療法」が世間をにぎわせたが、今回は何と「鼻くそ健康法」が出現した――。

    ■鼻くそを食べるのは「自然の予防注射」

    私たちが最も知りたいことは、「なぜ鼻くそを食べると健康になるのか」だ。

    カナダのサスカチュワン大学生物学研究者のナッパー博士は「鼻くそを食べると人の免疫機能は強化される」という仮説を立て、数年前から研究を進めている。

    ナッパー博士は、「進化の観点からすると、私たちは非常に汚い環境のもとで進化しました。そして人々が持っている身の回りを清潔に保ちたいという欲望は、本来は私たちにとって有益ではないのかもしれません」と語る。そして鼻くそを食べるのは「自然の予防注射」といえるのだとテレビのインタビューで語った。

    驚くべきことに、ナッパ―博士と同じ説を唱える研究者は少なくないのだ。

    ハーバード大学、そしてマサチューセッツ工科大学の研究者たちを含む多くの学者は、鼻くそは良いバクテリアの塊なので、「子どもが鼻くそを食べるのを両親は汚いと言ってやめさせるべきでない」と言う。そして、鼻くそを体内に取り込むことで呼吸器感染症、胃潰瘍およびHIVに対しても防御できる可能性があるとも指摘するのだ。

    またアメリカ微生物学会(American Society for Microbiology)の機関誌に掲載された論文によると、鼻くそを食べることで歯に虫歯菌が付着するのを防ぐことができるともいう。研究者たちは鼻くその利点を使って、合成練り歯磨きとチューインガムの開発に取り組んでいるという。

    またオーストリアの肺専門医であるフレドリック・ビシンガー博士は、鼻をほじる人々は体調が良く、より健康で幸せな生活を送っているという調査結果を発表した。

    (以下省略)

    http://tocana.jp/2017/05/post_13187_entry.html

    「鼻くそを食べると健康になる」という説を唱えるスコット・ナッパ―教授

    関連記事


    このページのトップヘ