高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    読書




    1高低差速報
    なんやこいつら…ソースはNHK


    1高低差速報
    新潮社は20日、今月24日に発売される村上春樹さん(68)の長編小説「騎士団長殺し」(全2冊)の発行部数を、第1部「顕(あらわ)れるイデア編」は70万部、
    第2部「遷(うつ)ろうメタファー編」は60万部に増やすと発表した。当初、共に50万部としていたが、書店や読者の反響が大きく、発売前に増刷する「事前重版」を決めた。

    村上作品の「発売前」部数としては、第1部の70万部は「1Q84 BOOK3」(2010年)と並ぶ最多という。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12698781/
    kouteisasokuhou



    関連記事


    1高低差速報


    http://www.news-postseven.com/archives/20170218_493500.html?PAGE=1#container
    ビートたけし「ネット・スマホ信者の弱点」を指摘

    インターネット、スマートフォンの普及は、日々の生活を大きく変容させた。SNSやメールはコミュニケーションツールとして重要な位置を占めているし、ネットニュースやウィキペディアが情報入手のメインという人も多いだろう。
    しかしビートたけし氏は、著書『テレビじゃ言えない』(小学館新書)の中で、過度なネットへの依存は諸刃の剣だと指摘する。

     * * *
     オイラも、実はスマホを使わないワケじゃない。カメラ代わりに写真を撮ったり、思いついたネタやアイディアをメモしたりすることもある。
    だけど、アレに一日中かじりついてるってのは正気じゃない。本当に大事にしなきゃいけない自分の時間を奪われてるってことに気がつかなきゃいけない。

    「女子高生が1日7時間スマホをやってる」なんて調査もあった。その代わり、本や雑誌を読まなくなったし、テレビも見なくなったと言われてる。

    「ネットがあれば何でもできる」と思ってる世代は、「世の中にはネットに書かれていないもっと深い世界がある」ということに思いが至らない。
    それが弱点なんだよ。そのことに気づいていればいいんだけど、そうじゃない気がするね。

    ※ビートたけし/著『テレビじゃ言えない』(小学館新書)より




     kouteisasokuhou
    関連記事



    1高低差速報

    そこで20~30代の社会人男女200人(男女100人ずつ)に、「大人になった今、読んでみたいと思う夏目漱石の作品」について聞いてみました。

    〈大人になった今、読みたいと思う夏目漱石の作品ランキング〉
    (全15項目から3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptで集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

    1位 吾輩は猫である 394pt
    2位 坊っちゃん 320 pt
    3位 こゝろ(こころ) 150 pt
    4位 三四郎 85 pt
    5位 それから 51 pt
    6位 門 41 pt
    7位 草枕 30 pt
    8位 文鳥 11 pt
    8位 道草 11 pt
    10位 夢十夜 9 pt

    番外
    11位 虞美人草 8 pt

    やはり「猫」は強いですねえ。無鉄砲な新人教師の若さ(青さ)もまぶしい『坊っちゃん』、主人公が受け取った重たすぎる内容の手紙が印象的な『こゝろ』を抑えて、『吾輩は猫である』が1位となりました。

    なお、1位を選択した作品については選んだ理由も聞いています。

    【1位 吾輩は猫である】
    「あまりにも有名ではあるけれど、それ故に忘れがちな存在だから」(29歳・男性)
    「題名は有名なのでよく聞くが、読んだ事がないため」(36歳・女性)
    「昔は意味が分からなかったけど、今ならわかるかもしれないから」(31歳・女性)
    「猫ブームだし、今なら頑張って読めそう。子供の時は断念したから」(30歳・女性)
    「代表作をあらためて読みたいと思ったから」(33歳・男性)

    【2位 坊っちゃん】
    「キャラが濃い登場人物が多くて、楽しいと思います」(34歳・女性)
    「ドラマ化されたのが面白かったから」(22歳・女性)
    「親父が読んでみるといいって言ってたから」(34歳・男性)
    「これしかしらない」(22歳・男性)

    【3位 こゝろ(こころ)】
    「中学生か高校生の時に読んだときはわからなかったが、今読むと、何か違ったことがわかりそうだから」(26歳・男性)
    「夏目漱石については、全く存じ上げませんので、タイトルで決めました。『こころ』大人になって、この言葉は、まさに心に響きます」(38歳・女性)
    「長編だから読破したい」(39歳・女性)


    R25 2/7(火) 7:07配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00000002-rnijugo-ent




    206-001

    関連記事

    このページのトップヘ