高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    議論




    1: 高低差速報
    2016年12月期決算で、最終利益が3年ぶりの黒字になった日本マクドナルドホールディングス。
    一時はそのブランドイメージを失墜させていた同社だが、ここにきて業績は盛り返している印象だ。

    今年1月22日付当サイト記事「マック、なぜ一度離れた客が再び店舗に戻ってきた?
    意外な外的要因による悪いイメージ払拭戦略」でも、マック復調の要因について分析したが、今回は経営管理の視点から、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏に解説してもらった。

    ●いきなり“プラス”ではなく、まずは“ゼロ”を目指す

    「マクドナルドの業績回復をみていると、経営管理における『PDCAサイクル』の大切さを改めて感じます。
    『PDCAサイクル』とは、経営用語で『Plan』(計画)、『Do』(実行)、『Check』(評価)、『Act』(改善)の一連の活動を示す言葉です。
    マックのビジネスリカバリーの背景には、このサイクルを含めた地道な改善姿勢があったと考えられます」


    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/13214141/

    関連記事


    1: 高低差速報
     日銀は16日に開いた金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持を決めた。
    輸出に加えて個人消費も回復に勢いが出始めたが、物価は目標に据える2%にまだ遠く、緩和策を維持して物価目標の達成を目指す。

     国内景気の判断は「緩やかな拡大に転じつつある」とした前回の判断を据え置いた。個人消費については「底堅さを増している」と表現を強めた。…

    日銀、大規模緩和を維持 物価目標なお遠く
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF16H07_W7A610C1MM0000/



    nichigin1

    関連記事




    1高低差速報
    書店の倒産が前年の1.5倍に。街角の本屋さんはもういらないのか?

    「本が売れない」と言われて久しい昨今ですが、事実、小規模書店を中心に倒産が相次いでいます。
    町の本屋が次々と姿を消していくこの現状に、歯止めをかけることはできないのでしょうか。
    http://www.mag2.com/p/news/245305



    363695635_5621ff0da4_z_m
     
    関連記事

    このページのトップヘ