高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    議論



    1高低差速報
    書店の倒産が前年の1.5倍に。街角の本屋さんはもういらないのか?

    「本が売れない」と言われて久しい昨今ですが、事実、小規模書店を中心に倒産が相次いでいます。
    町の本屋が次々と姿を消していくこの現状に、歯止めをかけることはできないのでしょうか。
    http://www.mag2.com/p/news/245305



    363695635_5621ff0da4_z_m
     
    関連記事


    1高低差速報
    堀江貴文(Takafumi Horie) @takapon_jp
    は?クソみたいな人間沢山いるだろ。みんな元は子供
    RT @***: 子供は未来の宝と考えます。どのような形でも負債?とはなり得ません。子供たちにお金を使うことは、投資でもありません。
    子供たちを負債と考えてしまう考え方に逮捕された理由を見た気がしますし






    1412065788293






    関連記事
     




    1高低差速報
    冷蔵庫もテレビもモデルチェンジしてるけど大した変化なし
    テクノロジーは頭打ちで企業の競争原理が働かなくても一定の品質を保てるノウハウがある
    技術的な伸びシロがない状態で競争すると、価格を安くしたり、過剰なサービスでしか争えなくなるわけや
    それが今のヤマトの問題や過労シに繋がってるんちゃうか?



    CAPITALISM-SCREENSHOT
     
    関連記事


    1高低差速報
    中核事業として位置付けていた海外原子力と半導体フラッシュメモリーの2事業を切り離す東芝は、今後社会インフラを軸とした「新生東芝」として再建を進める。

    エレベーターや空調など「社会インフラ」、火力・水力・国内原子力など「エネルギー」、車載向け半導体など「電子デバイス」、情報システムの「ICTソリューション」という4分野で、16年度に5.5兆円だった連結売上高は、17年度に3.8兆円にまで縮小する見通しだ。

    ただ、半導体メモリーを売却して債務超過を穴埋めしても、資本不足には変わりない。このため「今後も聖域なき資産売却を検討していく」(綱川社長)方針。

    大きな売り物はもうない・・・売却資産候補リスト



    上表で示したようにすでにスマートメーター子会社ランディス・ギアの売却準備に入った。また、上場子会社の売却も進む見通しだ。保有上場株の中では、フラッシュメモリーの部品調達元の群聯電子(ファイソン・エレクトロニクス)は、保有を継続する意義に乏しく、有力な売却候補になりそうだ。だが、これら売却が一巡すれば、残りはほとんどが数十億円規模の資産で、めぼしい候補はなくなる。

    自己資本の積み上げには、社会インフラを中心とした事業構造で着実に利益を計上することが必須。だが、WH切り離しを前に急ごしらえで作り上げた新生東芝の計画が再び頓挫すれば、一段の資産売却を銀行から迫られることになり、非上場子会社の東芝エレベータ、東芝キャリア、東芝ライテック、東芝ソリューションといった中核資産も売却対象になり得る。海外原子力と、半導体の切り離しに続き、「解体」が加速する東芝には、長い隘路が待ち受ける。

    http://diamond.jp/articles/-/123360?page=2
    関連記事

    このページのトップヘ