高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    貯金


    1: 高低差速報
    所得が増えるほど、人間の幸福度は上がる。また貯蓄が増えても、幸福度は上がる。それでは所得(フロー)と貯蓄(ストック)で比べた場合、幸福度に強く影響するのはどちらなのか。経済学者らが調べたところ、人間はフローよりストックに幸せを感じるらしい。つまり幸せになりたいのなら、貯金に励んだほうがいいらしいのだ――。

    本連載で「年収と幸福度の関係」について何回か触れました。その中で、「所得がある一定水準以上にあがると幸福度との相関が見られなくなる」と語ったアメリカの経済学者、リチャード・イースタリンの説を紹介しました。(参考記事:「人より金持ちでいたい人」は、富裕層はムリ)

    また、アメリカの心理学者・行動経済学者のダニエル・カーネマンが、著書『ファスト&スロー』で披露した「もうそれ以上は幸福感を味わえないという所得の閾値(いきち)は、物価の高い地域では、年間所得ベースで約7万5000ドルだった。この閾値を超えると、所得に伴う幸福感の増え方は、平均してゼロになる」という説も、以前の連載で紹介しました。(参考記事:年収10億 富裕層の結論「“ビンボー”が幸福を呼ぶ」)

    【中略】

    ●貯蓄と幸福度の関係(25歳以上の一般人が調査の対象)
    貯金額10万ドル(1055万円)以上 57%
    貯金額2万~10万ドル(210万~1055万円)42%
    貯金額2万ドル(210万円)以下 34%
    貯金額ゼロ 29%
    「貯蓄ゼロ」でも幸福だという人が3割近くもいるのは驚きですが、全体としては、貯蓄額が上がっていくにつれて、幸福だと答えた人の割合は上昇しています。つまり、貯蓄額10万ドル(1055万円)くらいまでは、貯蓄額の増加と幸福の増加とは相関関係があり、数字が停滞する飽和点のようなものはみられません。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/24829

    money_fueru


    1: 高低差速報

     日本語で、「貯金」「投資」について、持論を次のようにつぶやき、社会に問いかけた。

     「貯金の重要性は理解しているが、僕は貯金反対で実際に生活費に必要なお金以外は全て消費ではなく投資に使う。

     投資とはアスリートで例えるとフィジカルトレーニングみたいなもの。」


    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00078125-nksports-socc



    59697f12af33f

    関連記事


    1: 高低差速報
    1,000万円の大台。年収にしても貯金にしても1,000万円は多くの人が一つの目標としている数字ではないでしょうか。では、年収と貯蓄で1,000万円を達成するのはどれくらい難しいのでしょう? 今回は、それぞれどの程度の人が達成しているのかを見ていきたいと思います。

    年収1,000万円超は全国に約200万人
    2016年9月に国税庁より公開された「民間給与実態統計調査」によれば、1年を通じて勤務した給与所得者4,794万人のうち、年収が1,000万円超の人は全体の4.3%の約200万人です。

    「年収が1,000万円を超えるのが200万人もいるのか!?」と意外に思うかもしれません。

    ただ、該当する層が全体の約4%なので、たとえば高校時代の1クラスが50名だったとすると、その中の2人が年収1,000万円超をもらっているにすぎません。そう考えると年収1,000万円はそう簡単に達成できる水準ではないと言えるでしょう。

    世帯別貯蓄の全国平均値は1,820万円
    一方、貯金で1,000万円以上を実現する難易度はどれほど高いのでしょうか。

    総務省が2017年5月に発表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」では、2人以上世帯における2016年の1世帯当たり貯蓄現在高の平均は1,820万円とされています。

    「はて、みんなそんなにお金を持っているのか?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はこの数字をちゃんと理解するためにはいくつか注意点があります。

    まず「貯蓄」の定義には、預貯金の他に有価証券や生命保険、個人年金なども含まれています(社内預金や勤務先の共済組合などは含まず)。したがって、「貯金」と「貯蓄」が異なるということはあらかじめ認識しておきたいところです。

    統計上の注意点とは
    とはいえ、「株式投資等はほとんどしていないし、保険を加えても1,800万円はいかないぞ」という方も多いでしょう。

    そこで2つ目の注意点ですが、統計上、平均値と中央値とは分けて理解する必要があるのです。

    平均値とはデータの値の合計をデータの数で割った数字ですが、中央値というのは、データを順番に並べてちょうど真ん中にくる数値です。今回の貯蓄の「中央値」は貯蓄保有世帯で1,064万円、貯蓄「0」の世帯を含めると中央値は996万円となっています。

    こう言うと、「なに? 貯蓄の中央値でも1,000万円なのか!」と驚かれるかもしれません。

    ただ、最頻値と呼ばれる最もデータの数が多い層は「貯蓄100万円以下」です。「みんなそんなに持っていないでしょう?」というイメージは、おそらくこの最頻値からくるものでしょう。

    年収1,000万円 vs. 貯金1,000万円、どちらの達成が難しいのか
    こうしたデータからすると、年収1,000万円よりも「貯金」1,000万円の方が簡単なのでは?と思いがちですが、ここでも注意が必要です。

    貯蓄水準が高いのは高齢者です。現役のビジネスパーソンではなく、60歳から69歳、70歳以上の貯蓄水準が全体を大きく引き上げています。

    つまり、現役世代が資産をいきなり貯めるのは簡単ではないのです。現役世代としては、まずは年収1,000万円という目標にチャレンジするのが現実路線でしょうか。

    年収1,000万円と貯金1,000万円はどちらが幸せか
    ここまで見てきたように、現役世代にとってはまず年収1,000万円を達成しようと努力する中で資産形成をしていくのが第一歩ではないでしょうか。

    仕事で自分が評価され、市場価値が上がるプロセスを体験・体感することには大きな充実感があるものです。ただし、収入が増えるにつれ、所得税、住民税、社会保険料も増えていきます。

    年収1,000万円の満足度は、税金等の額とそれらを差し引いた手取り金額、そしてそれで実現できる生活水準など、様々な要素を考え合わせた上でのバランスに過ぎません。

    年収が上昇する中で生活水準を極端に上げてしまうと、年収1,000万円をもらっていたとしても、貯金に回したり運用に向けたりする資産が残らないという残念なケースもあります。年収が1,000万円あっても、ゆとりのある生活は必ずしも保証はされていないのです。

    以下ソース
    http://www.toushin-1.jp/articles/-/3502
    20151014-love


    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://woman.mynavi.jp/article/160517-11/

    結婚生活を送るにあたって、貯金はいくらあっても困りませんよね。結婚相手にもある程度貯金があればありがたいですが、
    やっぱり彼の貯金の額も重要でしょうか。そこで、既婚女性のみなさんにこんなアンケートを行いました。
    Q.旦那さんを結婚相手に選ぶ際に、彼の貯金は気にしましたか?

    気にした……39.85%
    気にしなかった……60.1%

    約4割の既婚女性が、「旦那さんを結婚相手に選ぶ際に、彼の貯金を気にした」と回答しました。それぞれの回答の理由を見ていきましょう。
    ■「彼の貯金を気にした」派の意見

    ●結婚は初期費用がかかるので
    ・「結婚式や結婚準備にお金がかかってくるから」(27歳/電機/その他)
    ・「結婚前に貯金の話はさすがにできないけど、結婚すると決まったらお金のことは明確にしました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

    ご祝儀である程度は回収できるとしても、結婚式の頭金など、まとまったお金は初期の段階で必要です。
    そのとき彼に貯金がないと、困ってしまうかもしれませんね。

    ●借金チェック!
    ・「貯金の額は少なくても、借金がないかだけは気にした」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
    ・「いくらの貯金があって、負債がいくらあるのかは気になりました。結婚するうえで、負債があると、一心同体になるので。
    貯金は全くありませんでした」(29歳/その他/その他)
    多少お金にルーズな男性がいれば、差し当たり借金がないかどうかはチェックしておきたいものです。
    もし結婚したあとに自己破産でもされたら大変ですよね……。

    ■「彼の貯金を気にしなかった」派の意見
    ●聞けなかった!

    ・「あまり踏み込んで聞いてはいけないような気がしたので」(32歳/その他/その他)
    ・「それは聞き出せなかったから。以前話の流れできちんと貯めているかって話が出たとき、
    具体的な金額を毎月貯めるようにしてるって言ってたからそれを信用」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
    自分の貯金のことを話題にされるとイヤがる男性は多いかもしれません。もし貯金額が多くても、
    貯金目当てで結婚を申し込まれたらたぶんイヤですよね。ということで、貯金額を聞きだせなかった人も。

    ●自分が持っていた
    ・「とりあえずの分は自分があったし、これから二人で貯めれば問題ないと思ったから」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
    ・「自分が1,000万円近く貯金をしていたので気にしなかった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
    男性には告白していなくても、実は彼を養えるだけの貯金がある人はいるようです。そういう女性は貯金で相
    手を選別する必要がないでしょうから、ほかの魅力を重視するのかもしれませんね。

    ■まとめ
    結婚する際、女性は男性をお金でしか判断しないと怒る男性もいますよね。
    ですが実際は、男性がしてきた貯金の額に対しては寛容な女性が多いようです。
    もし貯金がなくても、これから二人で貯めていけばいいのかもしれませんよね。


    kyosiki_01




    関連記事
     





    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww

    参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1463902023/



    このページのトップヘ