2ちゃんねるのコメント


1:
http://www.toushin-1.jp/newskaisetsu/moneylifehack/okane-shiawase/


資本主義社会では、お金があれば何でも買うことができます。これは常識ですよね。
一方で、大切なものはお金では買えない、というのもある意味、常識です。
果たして「幸せ」というもっとも大切なものは、お金で買えるのでしょうか。

もうかなり前になりますが、堀江(モン)さんが「金で買えないものはない」と発言して物議を醸しました。映画「ハゲタカ」では、
「不幸は2つしかない。金のない不幸と金のある不幸だ」とも言っています。さて、果たして幸せはお金で買えるのでしょうか。

お金とは一体、何か
そもそも、お金とは何でしょう。お金(貨幣)とは一般的に、①決済手段、②価値尺度、③価値貯蔵手段という三つの機能を持つもの、と定義されています。
つまり、お金は①それでモノやサービスが買えて、②値段によって価値を計れて、③使うタイミングは選べる(貯められる)、という性質を持ちます。
逆に言うと、この機能があればお金は紙幣である必要はなく、何でも良いんです。いやむしろ、金とか銀の方が紙幣よりもお金に近いと言えます。
ちょっと前まで、金本位制といって、貨幣は金と交換できたからこそ価値があったんですよね。今の管理通貨制の方が、よほど不思議な気がします。
金は希少ですし、きれいですし、加工すると色々と使えるので価値があります。錆びたり腐ったりもしないので保存も利きます。
一方紙幣は、錆びたり腐ったりこそしませんが、そのもの自体には何の価値もありません。ティッシュペーパーの方が使用価値はあります。
なのに1万円で1万円分モノが買えるのが、私には不思議でなりません。
なぜ紙幣でモノやサービスが買えるのかというと、みんな政府を信じているからなんですね。昔は政府の金庫にある金を信じていましたが、
今はその裏付けがありません。国民がみんな政府そのものを信じているから、紙幣はお金でいられるんです。もはや絶対に返せないくらい負債を抱えた政府ですが・・・。
まあそんなわけで、何が言いたいかというと、お金となるものは金とか貝殻とかバーチャルな電子マネーとか何でも良いし、
従って紙幣そのものは何でもないわけですよ。政府の信頼を介して、お互いに信頼をやり取りしているだけです。
1万円札に価値があるというのは一つの「決めごと」に過ぎません。

お金で幸せは買える
ですから、お金で買えないものがあるのかないのかという議論は、ちょっとずれているというか、意味のない議論なんですね。
だって、お金自体は何でもなくて、①決済手段、②価値尺度、③価値貯蔵手段でしかないわけですから。「価値尺度で計れないものはあるか」ということと同義です。
そうすると、愛であろうが良心であろうが、どんなに価値の高いものでも、理論的にはそれに見合うお金があれば買えるということになるわけです。
価値が高すぎて買えない、というのはおかしいですよね。価値が無限大なのかというと、そんなこともないでしょう。
とこう言うと、「じゃあ、自分の命も売れるんだな」なんて小学生みたいな突っ込みが入りそうですが、理論的には、そうです。
私の場合は1億円や2億円ではダメですが、どこかで折り合う金額があるはずです。あくまで理論的には、ですよ。本当に売るかどうかは別問題です
(まあ、買いたい人もいないでしょうけど)。
ということで、結論として「理論的には」お金で幸せは買えます。


1277373_636405189737056_1792075879_o



関連記事
 





ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

マクドナルドのヤバい映像

“ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1462620656/