高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    賃貸


    1: 高低差速報
    今は賃貸物件に住んでいるけど、将来は住宅を買うべきか迷っている…そういう方は多いのではないでしょうか。「マンションに住んでいる人」でも賃貸派と購入派ではライフプランが大きく変わってきます。マンションは賃貸と購入では「どちらを選択した方がよいのか」について考えます。

    賃貸派のメリット1:状況変化に柔軟に対応できること
    はじめに賃貸派の視点から考えてみます。1つ目のメリットは「引っ越しが容易にできること」です。転勤や子どもの進学、Uターンなどにともなう転居があってもスムーズに対応できます。さらに、「会社の近くに住みたい」「子どもが独立したので狭い部屋でもよくなった」など、環境の変化があっても柔軟に対応できることもメリットです。

    賃貸派のメリット2:固定資産税やメンテナンス費の負担が少ない
    出費という点でも考えてみましょう。賃貸派と購入派でどちらの出費が少ないかはケースバイケースです。家賃(賃貸派)と毎月のローン返済(購入派)を比較したとき、ローン返済の方が軽い負担ということも考えられます。

    一方で、税金とメンテナンス費の負担の軽さでは、賃貸派に軍配が上がるでしょう。マンションを購入すると不動産取得税や固定資産税などがかかります。加えて、年数が経過すると、設備交換や修繕も必要です。賃貸であれば、税金やメンテナンス費用が少なくてすむでしょう。ただ、共益費という形で共用部分のメンテナンス費用をかかる場合はあります。

    引用記事:https://zuuonline.com/archives/185340
    building_apart2


    関連記事



    1高低差速報
    ドイツから見えた日本の家の異常さ
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021800009/021900002/

     「どう考えても異常な状況だよ。どうして日本人は誰もおかしいと思わないの!?」

    「家なのだから住み続けるうちに価値が下がるのは当然だ」と、この慣例を受け入れている日本人は多い。
    だが、待ってほしい。「住宅は資産」と言うが、メンテナンス状況が正当に評価されず、
    価値が維持されないような商品を本当に「資産」と呼べるのだろうか。それは単なる「消費財」に過ぎないのではないか――。

     海外の多くの国では日本とまったく状況が異なっている。冒頭、2人のドイツ人が示した驚きはそうした
    彼我のギャップから派生しているのだ。

    (続きはサイトで)





    locotms_2_img01

     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)が、24日放送のTOKYO MXテレビ「5時に夢中!」(月~金曜、後5時)に出演。中尾ミエにかみついた。

     賃貸オーナーと大家の不動産トラブルが増えている話題で、歌手の中尾ミエ(69)が4世帯の賃貸物件を所有し、人に貸していることを披露。
    「知らない人は入れない、駐車場代、更新料は無しにしたこともある」と自分なりのポリシーを語ると、「優しいオーナーさんですね」とMCのふかわりょう(41)。

     しかし、堀江は「全く興味がない、なんでみんな小金が貯まると不動産投資やろうとする。バカなんじゃいかと思う」とバッサリ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000082-sph-ent



    関連記事



    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww

    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1466775411



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    住まいに関して誰もが一度は悩むのが「買うべきか、借りるべきか」という問題。これに関して、「ドイツ人から見ると、日本の住宅制度は異常」という記事が、
    ネットで話題になっている。

    2月22日、日経ビジネスオンラインに「Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う? ドイツから見えた日本の家の異常さ」という記事が掲載された。
    「家=資産」という考え方が浸透しているドイツでは、戦前に建てられた住宅が、新築より高値で取り引きされているケースもあり、
    木造住宅の建物の価値が20年でゼロになる日本について、記事では

    「どう考えても異常な状況だよ。どうして日本人は誰もおかしいと思わないの!?」

    というドイツ人のコメントを記載している。

    2013年の日本の総住宅数は6063万戸で、総世帯数の5245万を大きく上回っているが、それでも毎年90万戸の住宅が新たに作られており、
    ようやく新築住宅を手に入れても、数十年後にその価値はなくなってしまう。前述の記事は、

    「新築で家を買うということは極言すれば、大金を払ってわざわざ『借金』を背負っているようなもの」

    と、結ばれている。

    この記事は、“賃貸派”を勇気づけたようだ。ツイッターには、

    「同感。正直、家を建てる行為がリスクにしか感じないです」
    「その前に一戸建ていらないし。掃除大変だし。すぐ飽きるし。いろんなとこ住みたいし。無理して買うようなもんでもないよね」
    「わかる!新築一軒家を建てるなんてリスクにしか考えられない。価値が下がるもののローンを払うために生きるなんて自ら金の奴隷になるようなもの!」

    と、記事の趣旨に賛同する声が寄せられ、実業家の堀江貴文氏も、

    「住宅は資産にはならないよ。ぶっちゃけ。価値あるのは土地だけ」

    と、これに同調した。

    「だけどお家は欲しい。。。」
    「ドイツ地震ないやん。 同じように考えたらあかんやろw」

    など、「それでも新規購入の利点はある」という人も中にはいるものの、筋道を立てて日本の住宅事情の特異性を指摘した記事は、
    買う・借りる論争を終結させかねないインパクトがあったようだ。

    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20160225-00047800-r25




    【速報】 ベッキー同情派だった西川史子、立場一転「間違ってました」


    【驚愕】最新のPCにwindows2000をインストールした結果www

    手帳みたいなスマホケース使ってる奴www

    【画像】さかなくん、超えちゃいけないラインを超える

    明治大法学部でカンニングばれた学生が駅まで逃走wwwwwwwww

    【画像】NHKの偏向報道がヤバイwwwwwwwwww

    世界中の偉人達の名言集

    マック「くそ…客離れ…ポテトにチョコかけたろ!

    女は素直な方が可愛いよなwwwwwwwww

    【悲報】ゆとり社員さん、勤務中にコーラ飲む

    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456342882/



    このページのトップヘ