高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    起業


    1: 高低差速報
    今も元日の午前中以外は365日フル稼働で働くという永守氏。そこまで自身を追い込むストイックさはいつ培われたのか。
    京都の貧しい農家の6人兄姉弟の末っ子に生まれた永守氏が経営者を志すきっかけに出会ったのは、少年時代だったという。



    若い経営者たちに言いたいのは、人は人を裏切ることがあるけど、努力は絶対にその人を裏切らないということです。
    私はいろんな方とお会いしてきましたが、結局、努力した人が最後まで勝ち残っています。
    一度成功したからといって六本木に飲みに行ったり、遊んだりしていたら、それはダメな経営者。それ以上の成功は望めません。

    成功している人たちというのは、信じがたい努力をしています。
    元プロ野球選手の長嶋茂雄さんや王貞治さんのことを天才と言いますが、彼らは毎晩飲みにも行かず、ひたすら部屋で練習していたと聞いたことがあります。
    決して天才ではなく、努力の人なんです。
    今の時代は一生懸命働けと言うと、すぐに「ブラック企業だ」とか言われるので表現は難しいですが、やっぱり頑張った分だけしか結果は出ませんよ。

    起業するときは、資金もないし、人材もない。そんな中で大きな会社と競争していかないとい

    けません。

    でもひとつだけ、平等なものがあるんですよ。それは時間です。一日24時間というのはみんなに平等に与えられています。
    時間をうまく使って、他人の倍働けば必ずライバルには勝てるんです。母はそれを教えてくれたんですね。

    会社の私の部屋から母のお墓が見えるんですが、今日は身体がしんどいから早めに帰ろうとすると、後ろから「お前はもう帰るのか。人の倍働くって決めただろ」
    と、母の声が聞こえてくるんです。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49622
    cover



    1: 高低差速報
    ■消費者から信頼されている30企業

    30位(2017年順位 32位) Pirelli(イタリア)  72.2
    29位(35位) パナソニック(日本) 72.6
    28位(36位) HP(米国) 72.9
    27位(34位) トヨタ(日本) 73.1
    24位(70位) Samsung (韓国) 73.3
    24位(22位) 3M(米国) 73.3
    24位(40位) Netflix(米国) 73.3
    23位(18位) Amazon(米国) 73.5
    22位(28位) Giorgio Armani(イタリア) 73.5
    21位(26位) VISA(米国) 73.6

    20位(30位) ブリヂストン(日本) 73.7
    19位(21位) Philips(オランダ) 73.8
    16位(17位) Ferrero(イタリア) 74.0
    16位(9位) Rolls-Royce(ドイツ) 74.0
    16位(29位) Good Year(米国) 74.0
    15位(8位) Intel(米国) 74.3
    14位(14位) Levi Strauss(米国) 74.4
    13位(16位) 任天堂(日本) 74.5
    12位(15位) NIKE(米国)75.0
    11位(13位) Michelin(フランス) 75.7

    10位(11位) Microsoft(米国) 75.8
    9位(12位) BMW Group (ドイツ) 76.1
    8位(6位) Bosch (ドイツ) 76.4
    7位(10位) Adidas(米国) 76.6
    6位(7位) ソニー(日本) 77.3
    4位(3位) Walt Disney Company(米国) 77.4
    4位(4位) キヤノンCanon(日本) 77.4
    3位(5位) Google(米国) 77.7
    2位(2位) LEGO(米国) 77.9
    1位(1位) Rolex(スイス) 79.3

    引用記事:https://gunosy.com/articles/a4NXj

    rolex_img



    関連記事


    1: 高低差速報
    アメリカ製造業軍
    アップル、ジョンソン&ジョンソン、P&G
    GE、ファイザー、コカ・コーラ、フィリップモリス
    インテル、ダウデュポン、ペプシコ
    アムジェン、3M、メドトロニック
    アブビー、メルク、クアルコム
    ボーイング、クラフトハインツ
    シスコシステムズ、ギリアドサイエンシズ
    ブリストルマイヤーズスクイブ、セルジーン
    ユナイテッドテクノロジーズ、ハネウェル
    イーライリリー、ナイキ

    f6ff9_103_d318ea3d65f546b10cfe2e0d036402b4



    関連記事


    1: 高低差速報
    ■早期「閉店」に追い込まれる共通項

     開業して数年で廃業に追い込まれる理由を2つ挙げてみたい。

     (1)「自分の城」の理想形にこだわりすぎる

     (2)「収支計画」や「採算管理」が甘い

     引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171224-00200982-toyo-bus_all
    tatemono_cafe




    関連記事


    1: 高低差速報

    ジョブズのやっていることは、実はパクリだったりする。パクリの後のアレンジにおいてとてつもない天才性を発揮しますが、どんな人の話を聞いても、本を読んでも、発想そのものはジョブズの中から出てきてはいません。

    ジョブズを神格化するのはよいとしても、彼を偉大なクリエーターとして捉えるのは、文脈からして間違っています。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53863?page=3



    Gc9PA2dda6

    関連記事



    1: 高低差速報
    http://news.livedoor.com/topics/detail/13454423/

    ■ 旅に出る
    最も多かったアドバイスの1つです。
    「20代とは1人旅ができるほどには大人になっているが、他者から学ぶことがまだまだある未熟な年齢です」とシリコンバレーに住む若きコンピューターエンジニアのShikhar Agarwalさんは言います。
    「家族を養う義務もなく、気楽でいられる時期でもあります。この時間を使って、さまざまな人と出会い考え方や文化を学んでください。バックパック1つで旅に出て、見知らぬ土地で生き抜く方法を学ぶのです」

    ■ お金は結果であって目的ではない


    ■ 体のケアを始める
    油断していると、体に深刻なダメージを与えたり、悪い習慣を根付かせてしまいます。
    「20代後半になるまで、健康のことなどまったく無視して、パーティー三昧でした」と、クリエイティブ・ディレクターのChristian Ciprianiさんは告白しています。
    「この習慣を変えるのは本当に大変でした。何年もの間、オーバースピードで走り続けてきたので、簡単には方向を変えられませんでした。
    オートバイというより、船の方向を変えるようなものでした」 
    ■ テクノロジーとうまく付き合う
    20代の若者たちが、スマートフォンを24時間手放さないことはよく知られています。
    テクノロジーに精通するのは素晴らしいことですが、ほかのことをする時間を作るためにも、スマートフォンを使う時間に上限を設けてください。
    「どこでもそうです。バスの中、会議中、レストラン、友人と会っている時、いつでも下を向いてスマホをいじっている。
    Facebookの『いいね!』が気になるかもしれないけど、少しは外の空気を吸ったほうがいい」とAgarwalさんは訴えています。


    ■ 自分や他人の間違いを受け入れる


    ■ 有害な人たちから距離を置く
    エネルギーを吸い取られるような、問題のある人たちと付き合う必要はありません。
    「あなたそのものに価値を認めてくれる人々と、あなたの一部だけを求める人々を見分けることを学んでください」とGantさんはアドバイスしています。
    「粘着質で有害な人たちを避けてください」とRoger Austenさんも言っています。
    「そうした人たちはあなたから時間を奪っていきます」

    ■ 自己理解を深める

    ■ スローダウンする

    ■ 歯を大切に 



    Hope150823-02

    関連記事

    このページのトップヘ