高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    起業


    1: 高低差速報

    こりゃ、再来年には牛丼おごってもらう方になってそう




    ディー・エル・イー (DLE)<3686>は、本日(8月14日)、2017年6月期の連結決算を発表し、売上高44億2700万円、営業損益8億9500万円の赤字、経常損益9億1600万円の赤字、最終損益18億0100万円の赤字だった。

    同社では、中国大型案件の交渉中止や国内案件全般について供給体制が十分に整わなかったことによる一部受注の見送り、
    納品時期の次期への変更などにより売上が減少するとともに、近年の映像制作業界の人材逼迫により、当初想定していたプロデュース及び制作体制を十分に構築することができず、
    リソースの分散を招き、当初計画と比較して新規IPの育成、既存IPの成長が進まなかった結果、獲得する収益を固定費(人件費、出資金償却等)が上回り、
    営業赤字と経常赤字を計上することとなった、としている。
    また、事業構造改善費用、減損損失及び関係会社株式評価損等の特別損失を計上した。

    2018年6月期は、売上高59億9900万円(前期比35.5%増)、営業損益1億7000万円の赤字(前期は8億9500万円の赤字)、
    経常損益1億8300万円の赤字(同9億1600万円の赤字)、最終損益1億9700万円の赤字(同18億0100万円の赤字)を見込む。

    http://gamebiz.jp/?p=191169




    1

    関連記事



    1: 高低差速報
    http://news.livedoor.com/topics/detail/13454423/

    ■ 旅に出る
    最も多かったアドバイスの1つです。
    「20代とは1人旅ができるほどには大人になっているが、他者から学ぶことがまだまだある未熟な年齢です」とシリコンバレーに住む若きコンピューターエンジニアのShikhar Agarwalさんは言います。
    「家族を養う義務もなく、気楽でいられる時期でもあります。この時間を使って、さまざまな人と出会い考え方や文化を学んでください。バックパック1つで旅に出て、見知らぬ土地で生き抜く方法を学ぶのです」

    ■ お金は結果であって目的ではない


    ■ 体のケアを始める
    油断していると、体に深刻なダメージを与えたり、悪い習慣を根付かせてしまいます。
    「20代後半になるまで、健康のことなどまったく無視して、パーティー三昧でした」と、クリエイティブ・ディレクターのChristian Ciprianiさんは告白しています。
    「この習慣を変えるのは本当に大変でした。何年もの間、オーバースピードで走り続けてきたので、簡単には方向を変えられませんでした。
    オートバイというより、船の方向を変えるようなものでした」 
    ■ テクノロジーとうまく付き合う
    20代の若者たちが、スマートフォンを24時間手放さないことはよく知られています。
    テクノロジーに精通するのは素晴らしいことですが、ほかのことをする時間を作るためにも、スマートフォンを使う時間に上限を設けてください。
    「どこでもそうです。バスの中、会議中、レストラン、友人と会っている時、いつでも下を向いてスマホをいじっている。
    Facebookの『いいね!』が気になるかもしれないけど、少しは外の空気を吸ったほうがいい」とAgarwalさんは訴えています。


    ■ 自分や他人の間違いを受け入れる


    ■ 有害な人たちから距離を置く
    エネルギーを吸い取られるような、問題のある人たちと付き合う必要はありません。
    「あなたそのものに価値を認めてくれる人々と、あなたの一部だけを求める人々を見分けることを学んでください」とGantさんはアドバイスしています。
    「粘着質で有害な人たちを避けてください」とRoger Austenさんも言っています。
    「そうした人たちはあなたから時間を奪っていきます」

    ■ 自己理解を深める

    ■ スローダウンする

    ■ 歯を大切に 



    Hope150823-02

    関連記事




    1: 高低差速報
    経済成長を刺激する革新的企業が大量に生まれなければ、日本は増え続ける高齢者を養っていけない。だが、まさに少子高齢化が、起業の障害になっている。具体的には、係長や課長といった管理職を経験したことのある28~43歳の若者が減っているのである。低成長のせいで企業も管理職となるチャンスを若者に十分提供できておらず、起業家予備軍が減少してきている。

    1990年代の生産年齢(15~64歳)人口は、65歳以上の高齢者1人に対して5人だった。それが、今や2人まで減少している。その数は、20年後には1.4人へと減少する見通しだ。つまり、現役世代1人当たりのGDP(国内総生産)が増えないかぎり、高齢者を支えるのに十分な所得や税収を生み出すのは難しい。

    どの先進国にも当てはまることだが、生産性を伸ばすカギは、生産性の高い新事業を育むことだ。

    米国では、過去20年間で35万社を超す会社が新たに生まれ、設立当初は10人程度だったとみられる平均従業員数は70人に増加した。2000万人の雇用を創り出した計算だ。日本ではすさまじく大量の中小企業が生まれているが、そのほとんどが成長することなく中小企業にとどまっている。

    米スタンフォード大学のエドワード・ラジア教授らによれば、年齢の中央値が37歳より低い国は、同中央値が41歳以上の国と比べ、すべての年齢層において起業する人の割合が高い。高度成長期にあった頃、日本の中央値は24歳だった。今では46歳である。

    1976年には、大企業係長の32%が35歳以下だったが、その割合は1994年までに16%へ低下。1976年に36%だった40歳以上の係長は、1994年までに60%へ増加した。

    高齢化は、日本の起業を大きく変えた。1979年には、24%の会社が30歳以下によって設立されていたが、その割合は2012年までに12%へと半減。60歳以上によって設立された企業の割合は1979年には7%にすぎなかったが、2012年までに37%へ上昇している。

    高齢者が設立した会社が成長企業であることは、ほとんどない。むしろ、少ない年金では生きていけないと、小さなサービス業を始めているのである。これでは、日本の成長率は上がらない。
    http://toyokeizai.net/articles/-/179774
    1396351661PvziGqFqelk7NXVJ_post




    関連記事


    このページのトップヘ