高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    趣味


    1: 高低差速報
    「ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探さなくなる」英国人対象の新調査結果

    新しい調査によれば、人は年を取るにつれて新しい音楽を探さなくなり、昔の曲やジャンルを何度も繰り返し聴く「音楽的無気力」とも言える現象が起き、ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探すことを止めてしまう、とのこと。ストリーミング・サービスのDeezerが1000人の英国人を対象に行った調査結果を発表しています。

    新しい音楽を探さなくなる理由については、新しい音楽の量に圧倒されている(19%)、仕事が忙しい(16%)、幼い子供の世話(11%)など様々な要因を挙げています。回答者の半分近く(47%)は新しい音楽を探すためにもっと時間を費やしたいとも回答していますので、少なくても半分近くは音楽への興味を失ったためではないようです。

    調査では新しい音楽を発見する探求心がピークを迎える年齢は24歳であるとも説明しており、この年齢の75%の回答者が週に10曲以上の新しい曲を聴いたと答え、また64%が毎月5人の新しいアーティストを探していると答えています。

    また調査によれば、60%の人は普段聴いている同じ曲を何度も聴いているだけであり、また25%は自分が好きなジャンル以外の新しい音楽を試してみることはないと答えています。

    引用記事:http://www.businessinsider.com/why-we-stop-discovering-new-music-around-age-30-2018-6



    Music


    1: 高低差速報
    ■過去25年の若者の趣味の変遷を見ると、より金のかからないもの、
    アウトドア系からインドア系へと趣味が移行していることがわかる

    戦後から高度経済成長期にかけて、日本社会は大きな変化を遂げたが、
    その後の90年代以降の四半世紀の変化も実はかなり大きい。

    人口減少の局面に入り、少子高齢化が進行している。
    未婚率の上昇に伴い、単身で暮らす人が多くなっている。
    仕事面では雇用の非正規化が進み、労働者の給与も下がり、
    自由に使えるお金(可処分所得)が少なくなっている。
    ITの普及に伴い、人々の生活様式も大きく変わった。

    このような変化が、人々の意識や行動に影響を与えないはずがない。
    社会の動向を敏感に反映する若者は特にそうだろう。
    博報堂生活総研が、その変化を可視化できる資料を公表している。
    『生活定点1992-2016』という統計調査で、
    同じ設問(定点)の回答結果を1992~2016年の四半世紀にかけてたどることができる。

    表1
    no title

    表2
    no title


    引用記事:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10274.php

    関連記事






    1: 高低差速報
    1 読書
    2 映画鑑賞
    3 ギャンブル(パチ○コ含む)
    4 風○
    5 野球観戦
    6 ドライブ
    7 2ch
    8 何かしらかのコレクション
    9 旅行(特に史跡や歴史的建造物など)




    20150913172713

    関連記事

    このページのトップヘ