高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    趣味




    1高低差速報
    ■5位「ランニング」
    ■同率5位「ダンス」
    ■4位「ドライブ」
    ■3位「アウトドア」
    ■2位「料理」
    「私自身がおいしいもの好きで、自分が相手にお料理を作るより、相手に作ってほしいタイプだから」(29歳・フリーランス)
    「料理ができすぎても困るんですけど、多少できる方がいいと思います! 一緒に作ったりするのも楽しいし、作ってもらいたいです」(28歳・アルバイト)
    「私にも教えてほしい。私も料理するけど、一緒に料理作ってコミュニケーションとりたい」(27歳・会社員)

    ■1位「スポーツ」
    「スポーツをやっていると、自然と身体つきであったり、積極的な姿勢が見られるから」(21歳・学生)
    「やっぱり、永遠の憧れ! 小さい頃に足が早かった男子がモテるのと同じ感じです(笑)」(22歳・会社員)
    「がんばって、戦闘モードの顔はほんとかっこいい!」(25歳・会社員)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13021550/




    a0001_009757_m


    1高低差速報
    ワイ「底辺は時間を金で買うってことを知らんからかわいそう
    しかもその手間暇かけて作った料理はワイが食ってる外食の料理よりまずいっていう」

    底辺「」


    main09
     
    関連記事




    1高低差速報
    同研究データによると、2000年以降、大学教育を受けていない若い男性の失業率は大幅に悪化しています。失業している男性の多くは未婚で、親や家族と同居しているようです。
    仕事も責任もないため余暇の時間が多く、そのうち75%をゲームに費やしています。
    同レポートでは、この集団の男性の仕事時間が減ると、その3分の1が娯楽用テクノロジーの使用時間に充てられることが示唆されています。
    つまり、大学教育を受けていない男性の若者の多くは、地下室にこもって1日中ビデオゲームをしているのです。なぜ、そうなってしまうのでしょうか?
    同レポートでは、最初のポイントとして、時とともにゲームが洗練されていることを挙げています。ゲーム業界は時価数十億ドルにも上る一大産業です。
    生産されるゲームは美しくて没頭してしまうものばかりで、コンプリートに100時間かかるものもあります。没入型のバーチャルの世界は、かつてよりも迷いやすくなっています。
    でも、最近のビデオゲームのすごさはそれだけではありません。同レポートの筆頭著者であるエリック・ハースト氏は、『Econ Focus』のインタビューにこう答えています。

    http://www.lifehacker.jp/2017/04/170418_video_game1.html



    560e1cf27f9a0f99047d5168876ddcc3_t
     
    関連記事

    このページのトップヘ