高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    過去


    1: 高低差速報
    SF小説や映画でよく題材として扱われる「タイムスリップ」。自由自在に時間を移動できたら、過去の失敗を帳消しにしたり、気になる未来を覗いてみたりすることができるはず。

    しかし、もし強制的にタイムスリップさせられ、元の時代戻れないとしたら、100年前と100年後のどちらを選ぶだろうか?

    ■未来に行きたい人が6割
    しらべぇ編集部は全国の20〜60代男女を対象に、究極の選択として、戻れないタイムスリップをするなら100年前と後のどちらに行くか、調査を実施した。

    調査の結果、「100年後」と答えた人が62.2%と多数派。もう知っている過去に行くよりも、まだ何が起こるか予想することも難しい未来へ行く人が多いようだ。

    男女・年代別では、全ての年代で男性よりも女性が「100年後」と答えた割合が多い。女性は未来への好奇心が強いようである。

    さらに、女性でも若い世代ほどその傾向が強く、20代女性で69.2%、30代女性で68.8%と3分の2を上回っている。

    引用記事:https://sirabee.com/2018/05/22/20161611402/
    time-slip-olmito



    関連記事






    1高低差速報
    堀江貴文氏が過去の自分を見つめなおす行為に持論「今に一生懸命じゃない」

    「5時に夢中!」(TOKYO MX)で堀江貴文氏が、過去を振り返らないことについての持論を展開する一幕があった。

    堀江氏は「古いこと、昔のこととか全然、考えないですね」と答えた
    ふかわが「過去のモノを引きずりながら、人間て生きるじゃないですか?」と話を戻すと
    堀江氏は「それは引きずらないほうが良いんですよ。今を一生懸命生きてない証拠ですよ」「僕は今がいっぱいいっぱいで、過去のこととか振り返ってる場合じゃないんですよ」と力説した

    堀江氏は「過去のことを考えてる暇があるってことは、現在に全力投球してないってことだと思います」と持論を展開。
    http://news.livedoor.com/article/detail/11684356/





    関連記事

    このページのトップヘ