高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    野球


    1: 高低差速報
    引用記事:https://www.asahi.com/articles/ASKDT63HMKDTPTQP007.html

    全国高校野球選手権大会が第100回を迎える2018年が明けた。
    大リーグでプレーするダルビッシュ有(ゆう)投手(31)が、高校野球への思いを語った。
    球児へ贈るメッセージは、「頑張らない!」。大リーグを代表する右腕が、その言葉に込めた真意とは。

    頑張り過ぎなくていいんです、日本の球児は。何百球の投げ込みとか、何千本の素振りとか、そんなのを頑張っちゃダメなんです。

    母校の東北高では、いわゆる強豪校の練習をみんながしていたけど、僕はしなかった。
    納得がいかない練習は絶対にしたくないと強く思っていたので、ウサギ跳びとかそういう類いの練習は一切しなかった。
    主将になるまで、ほぼ全体練習にも参加しませんでした。

    小さい頃から日本人じゃないような考え方を持っていて、そういうのが当たり前というみんなの常識が、僕の中では常識ではなかった。
    日本ハム入団1年目のキャンプで、2軍監督と面談した時も、「君は何が一番大事なんだ」と聞かれ、「納得がいかない練習だけはしたくない」と答えたくらいです。
    20170901_darvish-560x373



    関連記事


    1: 高低差速報
    「メジャーに来て最初に思ったのは、周りがでかい奴だらけだということ。

    それに対抗しようと、最初は筋肉をつけた。しかし、たった3kg増えただけで、体が全く自由に使えなくなった。

    人間の体は、様々なセンサーを出してくれている。過度な筋肉をつけることは、そのセンサーを○してしまうことに繋がり、それは結果的に怪我につながる。

    結局人間は、生まれ持った”関節”とか”腱”なんかは鍛えられないから、筋肉が大きくなるとそれを支える部位で故障が起きてしまう。

    ライオンやトラはトレーニングなんかしないでしょ(笑)」


    2016080800253_1

    関連記事


    1: 高低差速報
    ソフトバンクの孫正義オーナー(60)が24日、福岡市で開かれた「オフィシャル
    スポンサー感謝の集い」にVTR出演し、一部で“金満野球”とも批判される球団経
    営について「金満うんぬんと言う人もいますが、それは言わせておけばいい」と我関
    せずで従来通り突き進む考えを示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000304-sph-base
    img_4672c55462707ac7cd3553cbbc81aa6243177



    関連記事


    1: 高低差速報
     2012年の米移籍から6年が経った今、ダルビッシュはアメリカで生活することに非常に心地よさを感じているという。
    どの球団と契約を結ぶことになっても、自宅はダラス近郊に構えたままで、オフは日本に帰国せずにダラスでトレーニングを続ける。
    「今ではアメリカで生まれ育った感じすらする」と通訳を介して話したという右腕。
    生活の拠点を完全にアメリカに移した理由の1つは、3人の息子たちにも広大なテキサスの土地で伸び伸び育ってほしいという父親としての願いもあるようだ。

     注目の移籍先はどこになるのか。そして、再び野球に対する情熱を燃え上がらせてくれた苦い経験を糧に、どんな投手に成長するのか。
    2018年のダルビッシュから目が離せなさそうだ。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00093625-fullcount-base



    DarvishYu20170723

    関連記事




    1: 高低差速報
    イチローが来季もマーリンズ残留を希望していることを地元メディアに明かした。
    29日付の地元紙サン・センチネル電子版によると、イチローは「戻らない理由はない。間違いなく私がいたい場所」と通訳を介してコメントしたという。
    また、かねて50歳までの現役続行を希望しているが、今回は「最低でも50歳まで」プレーを続けたいと明かしたという。

     来季契約は球団が選択権を持ち、年俸は200万ドル(約2億2000万円)。
    球団はワールドシリーズ終了から4日後までにオプション行使を決めなければならない。



    GettyImages-523657370

    関連記事

    このページのトップヘ