高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    銀行


    1: 高低差速報
    仙台市郊外の住宅街。天井の高い店内にコーヒーを焙煎(ばいせん)した香りが漂う。「豆と加工と焙煎と入れ方で組み合わせは天文学的な数になります」。フラットホワイトコーヒーファクトリーの中沢美貴オーナー(50)が笑顔を見せた。

     元銀行員。黒いTシャツ、日に焼けた肌、刈りそろえたヒゲからかつての肩書は想像できない。

    引用記事https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35677830S8A920C1000000/
    job_ginkouin



    関連記事


    1: 高低差速報
    金融庁は13日までにスルガ銀行への緊急の立ち入り検査を始めた。
    女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる投資トラブルに絡んで銀行側の対応を調べる。

    大半の建設費用を融資したスルガ銀行で、審査を通りやすくするために書類の改ざんなど
    不正行為に役員が関与していた可能性もあるとみている。


    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29354520T10C18A4MM8000/

    tatemono_bank_money


    1: 高低差速報
    週休3日制に6割の人が賛成 メリットは「役所や銀行に行きやすそう」、デメリットは「給料が減りそう」

    「はたらこねっと」を運営するディップは3月22日、「はたらこねっとユーザーアンケート―週休3日制について―」の結果を発表した。
    調査対象は、同サイトに登録する1638人。

    先日は、2017年度の春分の日が水曜日だったため、週の真ん中に休みがある状態を経験した人たちから「週休3日制」を
    熱望する声が出ていた。調査でも、58%の人が週休3日制に賛成していた。

    勤務先で週休3日制が認められている人は1割程度と少数派
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=51947
    text_kyujitsu



    関連記事



    1: 高低差速報
    メガ銀、リストラの嵐「1.9万人では足りない」

    保存 共有 その他
     「リストラ?」。業界最大手、三菱UFJフィナンシャル・グループ社長の平野信行(66)と9月に面談した大手上場企業首脳は、3メガバンクで最も財務に余裕があるはずの「王者」の意外な一言に胸騒ぎがした。

     「9500人相当の労働量の削減を実現したい。銀行だけとると、国内スタッフの30%になる」。面談からほどない9月19日、東京駅前の丸ビル。平野は講演会の最後に、決して小さくない数字をさらりと持ち出した。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24253560U7A201C1EA1000/
    tatemono_bank_money



    関連記事


    1: 高低差速報
    ついに大手金融機関が大幅な人員削減に動き出す。みずほフィナンシャルグループ(FG)は11月13日、傘下のみずほ銀行の支店など国内拠点の2割に当たる約100店舗を削減、2026年度末までにグループの従業員を1万9000人減らす方針を打ち出した。また、三菱UFJフィナンシャル・グループも2023年度末までに9500人分の業務量を削減、三井住友フィナンシャルグループも2019年度末までに4000人分の業務量を削減する、としている。

     3メガバンクの言い方はいずれも慎重で、大手メディアも腫れ物に触るかのような扱いだ。三井住友は「業務量を削減」という表現をして、人を削減するわけではない、というニュアンスをにじませる。三菱UFJも同様に「業務量を削減」としているうえ、目標年度は東京オリンピック・パラリンピック後の2023年度末だ。

     メディアも、「リストラ」という言葉は封印し、「業務削減」「業務の効率化」といった単語を使っている。せいぜい「構造改革」ぐらいだ。「浮いた人員は都市部の支店を中心に投入し、収益力を取り戻す狙いだ」(日本経済新聞)と、あくまで人切りはしないというムードを作っている。
    引用記事:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/111600056/
    tatemono_bank_money




    関連記事


    1: 高低差速報
     マイナス金利や人口減で国内の銀行業が厳しい中、メガバンクが事業見直しを進めている。最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、三菱東京UFJ銀行の店舗の最大2割程度の削減を検討。みずほFGはIT化などで今後10年で1万9千人分の業務量を減らす。組織のスリム化で収益力を高める。

     三菱東京UFJ銀は約480店のうち1~2割の統廃合を検討する。今後具体案をまとめ、来年度から3年間で進める。また今後15年で店舗を中核店とその他の店に分ける。多くの店は「軽量化店舗」として人員を減らし、窓口業務を完全にデジタル化した無人店も増える見通しだ。ここ10年で来店者は4割減ってネットバンキングの利用が増えており、地域性を見極めながら店舗配置を見直す。IT化による業務見直しも進めて、国内従業員約3万人の3割にあたる9500人分の業務を削減する。

     みずほFGも店舗の統廃合や業務見直しを進める方針で、近く構造改革案として公表する。全国約800店の機能を見直し、20~30店の統廃合を検討。事業効率化で、今後10年で従業員6万人の3割にあたる1万9千人分の業務を減らす。希望退職の募集などはせず、退職数と採用数の調整で対応する。事務部門を効率化して営業部門に再配置する。みずほ銀行やみずほ信託銀行、みずほ証券の事務作業を別会社に移すことも検討する。三井住友銀行も効率化で、今後3年で4千人分の業務量を減らす。
    http://www.asahi.com/articles/ASKBX5JTFKBXULFA00G.html?iref=comtop_8_01


    140820_ufj_top


    関連記事

    このページのトップヘ