高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    開発


    1: 高低差速報
    量子コンピューター、「天才」募集 最大500万円提供

     世界的な量子コンピューターの開発競争が進むなか、経済産業省は2018年
    度から、国内での量子コンピューターの専門人材の発掘・支援を強化する。
    専用のソフトウエアなどを開発できる人材を年齢などを問わず広く募集。
    その人材のアイデアを実現するために、必要な研究開発費や専門人材などを
    提供する。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25267970Q7A231C1NN1000/
    maxresdefault




    関連記事


    1: 高低差速報

    Google Brainの研究者らが「自らの力で新たな人工知能を作り上げるAI」であるAutoMLの
    開発に成功したと発表したのが今年2017年5月のこと。そしてこの度、AutoMLが作り上げた
    「子AI」はこれまで人類が作り上げたAIよりも優れた性能を持っていたのです。

    Googleの研究者らは「強化学習(reinforcement learning)」と呼ばれる手法を用いて
    機械学習モデルのデザインを自動化。AutoMLは子AIが特定のタスクへの対応力を発展させるための
    ニューラルネットワークの制御装置の役割を担います。
    今回のNASNetと名付けられた子AIはコンピュータ視覚システムで、リアルタイムの映像から人間、
    車両、信号、ハンドバッグ、バックパックなどを自動で認識します。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13984245/


    Google_Brain-e1438011875525


    関連記事


    1: 高低差速報
    商用化へ加速、量子コンピューター
    「9000兆倍の破壊力」

    「巡回セールスマン問題」など数々の難問を一瞬で解き、
    性能はスーパーコンピューターの9000兆倍に──。
    夢の計算機「量子コンピューター」の研究が世界で急加速している。
    米IBMと米グーグルなどの米国勢は試作機を公開。

    引用記事:https://r.nikkei.com/article/DGXMZO18158440X20C17A6000000

    関連記事


    1: 高低差速報
    ヒトの脳を模し、人工知能の学習能力を形成する基盤となるニューラルネットワーク。その欠点を補い、自己学習能力をさらに高める「カプセルネットワーク」をグーグルの研究員が発表した。コンピューターの画像認識能力であるコンピューターヴィジョンを進化させ、自律走行車への活用も期待される新たな概念とは。

    【中略】

    カプセルネットワークの目的は、いまある機械学習システムの弱点を克服することにある。すなわち、本来なら発揮できるはずの効果を制限してしまう点を改善しようというものだ。

    引用記事:https://wired.jp/2017/11/28/google-capsule-networks/
    Google-Logo-New




    関連記事


    1: 高低差速報
    女さん「この分厚いスマフォケース可愛いからつけたろw!」

    技術者「あああああああああああああああああああ」ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!



    cfa29934cf7987705f534c88f7daf9c04108efbe

    関連記事


    1: 高低差速報
    チャットボットのボブとアリスが突然英語での会話をやめて、2体だけに通じる独自言語で話し始めたため、フェイスブックが機能を停止した。

    プログラマーは独自の交流方法の開発を禁止した上で、ボットを新たに立ち上げた。英ニュースメディア「Metro」が報じた。

    フェイスブックは、彼らが独自言語で話した対話の内容を解読できた。

    ボブが「私は出来る。わたしはわたしは他のすべて」と述べるとアリスは「ボールは私にとって私にとって…ゼロを持ってる」と答えた。

    フェイスブックは、チャットボットは作業中に直面した問題を解決しようと試みたのではと仮定している。

    チャットボットは最初、機械学習アルゴリズムに接続されていた。ボットには、会話スキルを高めるためにメッセージを送り合うよう命令されていた。ボットは独自言語を開発するだけでなく、話し合い改善のための戦略も策定した。

    フェイスブックは、新たな言語の発明は計画外であったため、ボットには修正パッチが当てられたと述べた。

    https://jp.sputniknews.com/world/201708013947295/



    img_85e5093819384705b71bf3adaa483ad372233

    関連記事

    このページのトップヘ