高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    関東


    1: 高低差速報
    NHK連続テレビ小説『わろてんか』の1シーンが、ネット上に波紋を広げたことがあった。
    2018年3月まで放送されていた『わろてんか』、すでに「めちゃ懐かしい......」と感慨にふける人もいるかもしれない。

    この作品で17年11月21日、「冷やしあめ」で集客するシーンが登場した。
    「冷やしあめ」は麦芽水あめを湯で溶き、生姜の搾り汁やおろし生姜を加えた飲料で、関西ではよく飲まれている。
    夏は暑気払いとして、冷やして飲むのが一般的だ。
    『わろてんか』の舞台は大阪なので、きわめて自然な夏の風物詩が描かれたわけだ。

    ところが、「冷やしあめって、何?」というツイートが○到し、一時トレンド入りする騒ぎとなった。
    全国的には「冷やしあめ」を知らない人がいかに多かったか、が証明されたわけだ。

    そこでJタウン研究所は半年以上にわたって、「『冷やしあめ』、飲んだことある?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総投票数851票、2017年11月21日~18年6月5日)。
    はたして、その結果は――。

    ■「飲んだことない人」が過半数越え?

    全投票をあわせた数値は、「飲んだことある」が383票(45.0%)だ。
    「名前は知ってる」は246票(28.9%)、「まったく知らない」が222票(26.1%)。
    下の円グラフをご参照いただきたい。
    結局、飲んだことない人が過半数を占めたわけである。

    『冷やしあめ』飲んだことある?」調査結果(Jタウンネット調べ)*投票がなかった県は、白地のままとした。
    no title

    引用記事:http://j-town.net/tokyo/research/results/261180.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    ある地域の食事内容が「ヤバい!」――こんなツイートが投稿され、話題になっている。

    ではここで、実際どんな食事なのか、見てみよう。

    no title


    これは関西では一般的とされる、ご飯と、お好み焼きなどの「粉もん」や、焼きそばなどの「麺類」を一緒に食べるという、
    ボリューム満点な「炭水化物だらけ」の食事を撮影したものだ。関西では普通でも、これを関東の人が見ると「どれがおかず?」
    と疑問や違和感を感じてしまう場合が多いようだ。

    http://j-town.net/tokyo/news/localnews/246336.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    日本マクドナルドは8月21日、「マックなのか? マクドなのか? おいしさ対決!」キャンペーンの結果を発表した。
    同キャンペーンは、マクドナルドの愛称をかけて、東京を中心とした「マック軍」と、大阪を中心とした「マクド軍」に分かれ、それぞれの個性を発揮した商品を販売。
    ツイッター上で「マック軍」「マクド軍」および各商品名が入った「ツイート」「リツイート」数を測定し、その数が多い方が勝利するというもの。

    4日~20日の間に測定を行った結果、「マクド軍」の方が勝利となった。その勝利を祝して、8月22日より「優勝セール! クーポン」を配布。
    クーポンによって、「大阪ビーフカツバーガー」は単品で税込90円、バリューセットで税込140円、「大阪ビーフカツマフィン」は単品で税込50円の割引となる。

    クーポンは、同社公式アプリと公式Twitterより配信する。配信開始時間は、「大阪ビーフカツマフィン」が5時、「大阪ビーフカツバーガー」が10時30分。商品が売り切れになった場合はその段階で終了する。

    また同社は、「マクド」を愛称とする地域が関西圏中心の少数派とのことで、その「マクド軍」が勝利したことを称えて、ホームページの一部を「マクド」仕様に変更すると発表。
    8月22日11時より展開されるという。
    http://news.mynavi.jp/news/2017/08/21/176/
    md_0821-1




    関連記事


    1高低差速報
    https://r25.jp/off/00055446/?vos=nr25mn0000001

    「年収1000万円の人は埼玉に来るべし」と説くブログ記事が話題になっている。
    話題の発端となったのは、はてな匿名ダイアリーに投稿された「年収1000万の人は埼玉に来ると
    幸せになれるよ」というブログ記事だ。投稿主は、1000万円という年収について、

    「何もしないには十分すぎる収入だけど、何もかもするには足りない」
    「何をして何をしないか、よく吟味する必要がある」
    と述べたうえで、食費、光熱費、保険、通信費などで削れる支出はわずかだと指摘。
    「じゃあなにを減らすか? 住居費でしょ!」という理由で埼玉県を推している。

    投稿主が埼玉を推す理由は、「都心が近い」「ショッピングモールがある」「中学受験は少数派」「車がいらない」
    「貯蓄ができる」の5つだ。例えば「都心が近い」については、
    「川口、浦和、大宮など南部の主要都市から東京、新宿、池袋、渋谷など都心主要駅まではおおむね25分~45分で行ける」
    「アクセスの良さは千葉にはない。神奈川だと東京並に地価が高い」
    と説いており、中学受験については、
    「東京はもちろん神奈川、千葉などとも違って中学受験はまだまだ少数派」
    とった具合。都心並みの環境を享受しながら、コストを抑えられるということのようだ。




    335408


    関連記事



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    朝日新聞デジタル 11/23(水) 15:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000036-asahi-soci
     日本列島上空を真冬並みの寒気が南下している影響で、24日未明から昼にかけて、関東地方の
    平野部でも雪が降る可能性が高まっている。気温も関東各地で真冬並みになる見込みだ。

     気象庁によると、寒気が列島を次第に南下していることに加え、南の海上を前線をともなった
    低気圧が通過する影響で、関東では24日未明から山沿いを中心に平野部でも雪が降る見込み。
    11月に都心で降雪が観測されれば1962年以来54年ぶり、
    積雪が観測されれば記録の残る61年以降では初めてという。

     24日朝までの積雪は、多いところで、関東北部の山沿いで5センチ、平野部で2センチ、
    甲信地方で10センチなどと予想され、東京都心でも3センチ程度積もる可能性があるという。

     23日夜からは気温も急激に下がり、24日の最高気温は東京都心で平年より11・7度低い3度と予想。
    横浜市で2度、さいたま市で3度、千葉市で4度など、いずれも平年より10度前後低くなると予想されている。

     寒気の影響で北海道や東北ではすでに雪が降っており、23日午前9時現在の降雪は、
    北海道稚内市で3センチ、旭川市で20センチ、青森市で5センチ。





    MG_8822





    関連記事

     

    このページのトップヘ