高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    雑談


    1: 高低差速報
    7月8日、チームメイトのユニフォームやバットなどを盗んだとして、元読売巨人の柿沢貴裕容疑者が窃盗の疑いで逮捕された。柿沢容疑者は盗んだ道具を売却し、約100万円を手にしたという。

    このニュースを受け、7月9日の『バラいろダンディ』(MX系)では、タレントの武井壮さんが自身のスポーツ観や日本スポーツ界の未来などを語った。(文:石川祐介)

    「スポーツ界はアスリートになるまでの間に、人としてどうやって生きるのかを教えるべき」

    番組中、武井さんは逮捕された元選手に対して、

    「スポーツをずっと頑張ってやってきて……、憧れの場所じゃないですか?ジャイアンツに入るってことは。それをこんな100万円ぐらいのお金を手に入れるために、全部失うわけじゃないですか」

    とコメント。多くの野球少年・少女が憧れる"読売巨人軍"に入団したにもかかわらず、たった100万円のために、選手としての可能性だけでなく、人としての信用を失ってしまったことの馬鹿馬鹿しさを口にし、呆れ顔を見せる。

    さらに、今回の事件を、スポーツ界全体が危機感を持たなければいけない問題と指摘する。

    「もっとスポーツ界はアスリートになるまでの間に、人としてどうやって生きるのかを教えるべきだと思うんですよ。お金の稼ぎ方もそうだし」

    スポーツの技術や勝ち方を教えるだけではなく、生きていくために大切な人間性や生活観もキチンと教える必要があると語気を強める。

    「スポーツマン=ちゃんとした人」という幻想を捨てるべき
    また、武井さんは日本のスポーツ界に対しても警鐘を鳴らす。

    「スポーツだけやってりゃまともな人になれるっていう幻想を、そろそろ日本のスポーツ界は捨てないと僕はダメだと思います。スポーツは夢あるけど、夢ない部分もちゃんと話していかないとダメ」

    最近だと日大アメフト部の問題が記憶に新しいが、今年1月には、カヌーの有力選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させた事件が話題になった。スポーツに真剣に取り組んだ結果、問題を起こしてしまう選手は少なくない。

    また、米メディアによると、NBAプレイヤーの60%が引退から5年以内に自己破産しているという。スポーツで活躍したからといって、健全な生活を送れるわけではない。スポーツをただやらせるのではなく、スポーツから何を学習できるのかをキチンとデザインしないと、どの種目でも同じような問題は生じてしまうかもしれない。
    武井壮「スポーツだけやっていればまともな人になる、という幻想を捨てないとダメ」 巨人選手の窃盗騒動でコメント

    引用記事:http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14995509/

    関連記事



    1: 高低差速報
    ■うつ状態の入り口は「休日」の過ごし方で見抜ける

    発達障害の二次障害の中でも最も多い「うつ」は、基本として「早期発見・早期治療」がベストな病気です。しかし、「早期」に自分が
    うつに近い状態にあるということに気づくのは、とても難しいことです。
    そこで、休日の過ごし方というものに少し注意を払ってみることを僕はおすすめしています。気づけば休日にやるべきことが何ひとつできなくなった、
    これがうつの手前、「うつ状態」の入り口だと僕は確信しています。

    引用記事:https://toyokeizai.net/articles/-/228981
    utsu_woman



    関連記事



    1: 高低差速報
    ブラジルの至宝ネイマールが、沈黙を破った。ロシア・ワールドカップ準々決勝、ベルギー戦でのショッキングな敗戦を受け、自身のインスタグラムでその胸中を明かしたのだ。
     
     今大会での覇権奪還を目論んだセレソンは、前半のうちに2点のリードを奪われる苦しい展開。後半に反撃に打って出たが1点を返すのが精一杯で、ネイマールもどこか精彩を欠いたままだった。選手本人は、例えようのない失望感に苛まれているようだ。
     
    「僕のキャリアのなかで、これほど途轍もない悲しみ、信じられない痛みを感じたことはない。僕たちはもっと大きなことをやってのける力があった。歴史を作れるほどのコンディションにもあった。でも、それは今回ではなかったんだ」

     
     ファンにとってドキリとするような言葉を綴ったのはこの直後だ。
     
    「正直言って、いまはサッカーをプレーすることさえ難しいと感じている。その力が湧いてこないんだ。でも、神はまた僕を奮い立たせてくれると信じているよ。このショッキングな敗北から立ち直るためにも、神への感謝を忘れてはいけないんだ」
     
     そしてチームとファンへの謝意も忘れなかった。
     
    「こんな結末になってしまったけど、ともに戦った仲間には感謝しかない。このチームの一員でワールドカップを戦えて本当に幸せだったし、心の底から誇りに思う。頭のなかにも心のなかにもずっと残るチームだ。そしてそんな僕たちをサポートし、メッセージを贈り続けてくれたすべての人びとに感謝したい」
     
     パリ・サンジェルマンでのキャリアを続けるのか、それともレアル・マドリーへの電撃移籍は実現するのかなど、スーパースターの動向には大きな関心が寄せられている。いずれにせよ、万全のコンディションでハイパフォーマンスを連発するネイマールの姿を、世界中のファンが待ち焦がれているはずだ

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180708-00043619-sdigestw-socc



    Neymar-Hairstyles-2014-Brazil-National-Team



    関連記事


    1: 高低差速報

    タレントのマツコ・デラックス(45)が4日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(水曜後11・20)に出演。視聴者から投稿されたテーマ「外国人の店員に横柄な態度をとる客」について持論を語った。

    マツコはコンビニエンスストアなどで見かけることが多くなった外国人の店員について「一昔前の田舎から出てきたおぼこい人を見ているような感覚。真面目に仕事している」と印象を語り、
    有吉弘行(44)も「外国でコンビニのバイトできるかと思ったら、俺はできないもん。すごい」と同調した。

    外国人店員に横柄な態度をとる客については「こういう人って外国人に対してだけじゃなくない?」とし、
    「いろんな苦手のジャンルがある中で一番苦手かもしれない。店員さんとかタクシーの運転手さんとか、ぞんざいな扱いする人。仕事関係とか友人でそういうのが垣間見えることがあるじゃない。それがダメ。その瞬間に閉ざされちゃう」と嫌悪感を口にした。

    対策については「ヤンキーが虚勢張っているのとは違う。しょうがない。こういう人は治らない」と諦め気味。
    有吉も「格好いいと思っているやつがいる。『言ってやったぜ』みたいな」とうなずいていた。

    ネットでは、放送終了後からマツコらの意見に「マツコさん、有吉さんよくぞ言ってくれた」「完全に同意」「とても共感できる」などと共感のコメントが相次いでいた。

    引用記事:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/
    news/2018/07/06/kiji/20180706s00041000103000c.html
     

    img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168




    関連記事



    このページのトップヘ