高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    雑談


    1: 高低差速報
    しらべぇ編集部は全国20代~60代のSNSユーザー638名に「そろそろやめたいと思っているSNSはなにか」を調査。

    結果をランキング形式で紹介する。

    ■第5位:GREE(3.4%)
    GREEが5位に。かつては日記やコミュニティなどが隆盛を誇っていた同サービスだが、最近は携帯ゲーム中心。

    ■第4位:LINE(5.0%)
    4位はLINE 。主に通話やメッセージ交換に使用するユーザーが多いが、「既読無視」など面倒な部分も多く、「やめたい」と思う人が存在するようだ。
    また、親しくない人に「タイムライン」を見られることを、嫌がる声もある。もちろん、特定の人に見せない設定は存在しているのだが。

    ■第3位:Twitter(9.4%)
    アメリカ大統領や日本の総理大臣も使用するTwitterが3位に。政府や企業も使用し、さまざまな情報を発信。多くの人が使ったり、
    チェックしたりしているツールのひとつ。
    その一方で、不愉快なつぶやきを見るケースや、自分の不用意な発言が炎上してしまうことも少なくない。両刃の剣となるだけに、
    「嫌な思い」をした人はやめたくなってしまうのかも。

    ■第2位:mixi(14.3%)
    2位に入ったのは日本におけるSNSの草分け的存在のmixi。かつてはネットユーザーのほぼ全てが使用しているといわれるほどの
    人気を誇っていたが、「足あと」機能の廃止などで、一時多くのユーザーを失った。

    ■第1位:Facebook(19.0%)
    1位は全世界のネットユーザーが広く利用するFacebook。日本でも多くの人が利用し、企業も公式ページを開設している。
    さまざまな人と繋がることができる一方で、「リア充アピールがうざい」「義理で『いいね』するのが鬱陶しい」などの声もあり、
    「疲れ」を感じる人も多い。
    そんな人々が、「そろそろやめたい」と感じているのかも。

    引用記事:https://sirabee.com/2018/03/17/20161542225/
    svg



    関連記事



    1: 高低差速報
    ■自分も年を食ってしまったなあと実感すること

    マジ卍の用法が分からない

    息子の担任が平成生まれ

    「完結前に作者タヒなないで」が「完結前に作者と俺タヒなないで」になった。

    LINEを宗教上の理由で使えない。

    自分自身は昔と変わってないつもりでいるけど、親を見ると相対的に感じる…
    0aa2cf83




    関連記事


    1: 高低差速報
    500万人分の個人情報が中国業者に 年金情報入力を再委託

    日本年金機構からデータ入力の業務を委託された東京の会社が、契約に違反しておよそ500万人分の個人情報を中国の業者に渡し、入力業務を任せていたことが厚生労働省などへの取材でわかりました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180319/k10011371391000.html
    nenkin_techou_orange



    関連記事



    1: 高低差速報
    最も価値ある国際ブランドを選ぶ「ブランド・ファイナンス・グローバル500」が発表され、日本からはトヨタとNTTグループの2ブランドがトップ20入りした。しかしトヨタは2017年から4つ、NTTグループは5つ順位を下げた。

    Googleに代わって首位に輝いたのはAmazonだ。Appleは2位を維持し、Googleは3位に後退した。

    トップ30の3分の1を中国ブランドが占めているが、中国移動通信以外は飛躍的に順位やブランド価値を上げている。米国からは12ブランド、ドイツからは4ブランド、韓国とオランダは各1ブランドが選ばれた。

    ランキングは英コンサルティング企業ブランド・ファイナンスが、「競争力(資力・パフォーマンスを含む持続的な成長の可能性)」「売上高」「ロイヤリティー率」に基づき、世界500ブランドを評価したもの。

    30位(昨年48位) 中国平安保険(中国)
    29位(29位) バンク・オブ・アメリカ(米国)
    28位(40位) フォルクスワーゲン(ドイツ)
    27位(30位) ザ・ホーム・デポ(米国)
    26位(33位) 中国農業銀行(中国)
    25位(29位) 華為技術(中国)
    24位(24位) チェース(米国)
    23位(17位) シェル(オランダ)
    22位(18位) T-モバイル (ドイツ)
    21位(47位) 騰訊(中国)

    20位(15位) NTTグループ(日本)
    19位(初登場) 国家電網(中国)
    18位(28位) 中国銀行(中国)
    17位(16位) BMW(ドイツ)
    16位(12位) トヨタ(日本)
    15位(20位) メルセデスベンツ(ドイツ)
    14位(13位) ウェルズ・ファーゴ(米国)
    13位(11位) 中国移動通信(中国)
    12位(22位) 阿里巴巴集団(中国)
    11位(14位) 中国建設銀行(中国)

    10位(10位) 中国工商銀行(中国)
    9位(8位) ウォルマート(米国)
    8位(7位) ベライゾン・コミュニケーションズ(米国)
    7位(5位) Microsoft(米国)
    6位(4位) AT&T(米国)
    5位(9位) Facebook(米国)
    4位(6位) サムスン(韓国)
    3位(1位) Google(米国)
    2位(2位) Apple(米国)
    1位(3位) Amazon(米国)
    引用記事:https://zuuonline.com/archives/183785

    関連記事


    1: 高低差速報
    世帯年収が低いほど炭水化物を多く食べていることも明らかになった。炭水化物がエネルギーに占める割合は、
    世帯年収が600万円以上だと男性58.6%/女性56.8%、200~600万円未満では男性59.5%/女性58.3%、
    200万円未満では男性61.1%/女性59.7%だった。野菜の摂取量を反映する「尿中カリウム排泄量」も収入が低いほど低くなっている。

    研究チームの担当者は、

    「収入が少ないと比較的安価でお腹がいっぱいになるものを食べる傾向にあり、炭水化物に偏るのではないか」

    と指摘していた。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14398760/
    no title

    関連記事

    このページのトップヘ