高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    電気


    1: 高低差速報
    no title

    世界的に電気自動車の開発が加速するなか、アメリカの電気自動車メーカーのテスラは、初めて電気トラックを公開し、乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっています。

    テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。

    このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度の荷物を運ぶことができ、1回の充電で走行できる距離は、およそ800キロだということです。

    このスポーツカーは、この日、公開した電気トラックのトレーラーの中から現れ、イーロン・マスクCEOは「ガソリン車を正面から駆逐するために生産する」と述べました。
    引用記事:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011227061000.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    https://www.youtube.com/watch?v=tfMgR08wmZg

    世界的に見ると自動車はEVになるのは確実。フランスやイギリスは2040年までに内燃機関の生産を禁止する。
    EVの生産台数は2位がアメリカ、1位が中国で4割以上を占める。
    日本ではトヨタが大スポンサーだからトヨタが出してないものをマスコミは宣伝しないのでEVについて知られていない。
    自動車を廃車するサービスと一体で進まなければならないが、日本では業界の人達が非常に抵抗していて進まない。
    このまま続くと20年前の日本のIT産業みたいになる恐れが強い。


    car_denki


    関連記事


    1: 高低差速報
    電気自動車(EV)への期待が高まっている。人気を牽引するのは米テスラだ。イーロン・マスク社長は「水素はバカだ」と公言し、未来のクルマといわれた燃料電池車(FCV)を攻撃する。しかしモータージャーナリストの清水和夫氏は「攻撃するのはテスラにとって一番厄介な敵だから」という。清水氏と元朝日新聞編集委員の安井孝之氏の「EV対談」。第3回をお届けします(全5回)。

    【安井】最近の電気自動車(EV)への傾斜は欧州での排気ガス問題が一つのきっかけでしたが、もう一つの要素として、イーロン・マスクのテスラの動きが自動車業界に刺激を与えていますね。

    【清水】テスラは恐竜を絶滅させた隕石のような存在です。それほど衝撃を与えています。

    テスラにとって一番厄介な敵は水素
    【安井】ZEV規制がテスラの業績を下支えしているわけですね。

    【清水】この規制でホンダやトヨタは年間数十億円のお金をテスラに払っているわけです。それがテスラの大きな収益源になっている。このことが実は、イーロン・マスクが「水素はバカだ」と言い、燃料電池車(FCV、フューエルセル車)を「フール・セル」と揶揄している理由だと僕は思っています。

    【安井】なぜですか。

    【清水】テスラにとって一番厄介な敵は水素だからです。

    ZEV規制は「水素」に移る可能性がある
    【清水】カリフォルニアの2018年モデルイヤー以降のZEV規制で、例えばEV1台販売した際に得られるクレジットが1だとしたら、FCは2.5ぐらいのクレジットもらえるようになるんです。カリフォルニア州の考え方として、EVはもう普及期に入ってきたから、クレジットを減らすよと言い始めた。次の高みを狙い、FCVにインセンティブを乗せるよということなのです。2018年からFCV、つまり水素のほうにカリフォルニア州は力を入れようとしている。

    【安井】イーロン・マスクにとっては、今のうちにFCVを潰しておかないとクレジットがこれまでのように売れなくなるということですね。だから水素を敵にしているという見立てですか。

    【清水】そうだと思います。イーロン・マスクほどの頭脳があればわかるはずです。あらゆるロビーイングで水素を潰すのが、今のイーロンの仕事だと見ています。

    http://president.jp/articles/-/23114




    GettyImages-490597796


    関連記事


    1: 高低差速報
    ・ドイツで再エネ転換に掛かった費用は2015年までに約20兆円に達している

    ・なかでも再エネ買い取りの負担が大きく、太陽光や風力が発電すればするほど、国民の負担は増えていく (買い取り価格が一定な上、再エネは強制買い取りのため)

    ・賦課金(再エネ買い取りの国民負担)の額は2009年の約4倍に膨れ上がり、結果電気代はフランスの2倍にまで上がっている


    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52422




    b643c22a4ba00c9e23fb703c4ece8ebc

    関連記事

    このページのトップヘ