高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    電通


    1高低差速報
    10月1日午後、幸美さんにまつりさんからLINEでメッセージが届いた。

    <会社辞めたい>

    この時は、なんとか励ました幸美さん。まつりさんは、ツイッターでも厳しい状況に悲鳴をあげていた。

    <神様、会社行きたくないです>
    <一生残業してそう>

    幸美さんにはLINEで<死にそう>とまで訴えた。

    10月18日、まつりさんは電通の福利厚生でチケットをもらいディズニーランドに幸美さんを招待した。アトラクションで並んでいた時だった。

    「ナチスドイツで寝させない拷問があった。寝ないって拷問だよね」

    まつりさんはこうつぶやいたという。

    ツイッターでも<眠りたい以外の感情を失った>と綴っていた。

    同じような時期に、まつりさんは私に電話をくれた。

    「2日間徹夜とか、電通はおかしすぎます。今からでも週刊朝日に入れますか?」

    こう尋ねてきた。まだ入社して半年。すぐに深刻な話はしなくなったので、「頑張るんやぞ、けどぼちぼちとな、まつり」と言って電話を切った。

    今思えば、SOSだった。悔やまれてならない。

    仕事をしても、ダメ出し、やり直し、残業ばかりで休日も出勤。深夜に帰宅し、2時間程度しか毎日眠る時間はない。飲み会への出席も「義務」とされたようだ。

    「上司から『女子力が足りない』と言われ、ひどく傷ついたそうです」(幸美さん)

    パワハラ、セクハラ、いじめ……。まつりさんはうつ病を発症し、追い込まれていく。幸美さんは、毎日電話やLINEで励ました。

    ※週刊朝日  2017年2月10日号より抜粋

    全文よむ
    https://dot.asahi.com/wa/2017020100109.html




     
    dentsu_famimaga
     
    関連記事



    1高低差速報
    厚労省、電通社員7千人分の勤務記録押収し調査

    読売新聞 1/19(木) 15:08配信

     大手広告会社・電通が労働基準法違反容疑で書類送検された事件で、厚生労働省がほぼ全社員に
     あたる約7000人分の勤務記録を押収し、捜査していることが関係者への取材でわかった。

     期間は2015年11月~昨年10月の1年間で、労基法違反の捜査としては異例の規模。

     同省は昨年11月、電通の4本支社を強制捜査。押収資料を精査した結果、1年分を超える勤務記録などが残されていた。
     同省は電通の長時間労働の実態解明に向け、約7000人の勤務状況を調べる。

     電通を巡っては、15年12月、新入社員の高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺。
     同省は昨年12月、全体の捜査に先行し、高橋さんに対する労基法違反容疑で法人としての電通と、高橋さんの当時の
     上司を東京地検に書類送検した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00050112-yom-soci





    100221_2

    関連記事



    1高低差速報
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170106/k10010830741000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    社員に違法な長時間労働をさせた疑いで書類送検された大手広告会社の
    電通について、塩崎厚生労働大臣は「社長1人の引責辞任ですむ話ではない」
    と述べ、引き続き捜査を進めていく考えを示しました。

    電通は、過労のため自殺した新入社員だった高橋まつりさん(当時24)など、
    社員に違法な長時間労働をさせていたとして、先月、労働基準法違反の疑いで
    書類送検され、石井直社長が辞任することを明らかにしました。

    これについて塩崎厚生労働大臣は、6日の閣議のあとの記者会見で、
    「捜査は継続していて、社長1人の引責辞任ですむ話ではないと考えている」
    と述べました。
    そのうえで「強制捜査は東京本社だけではなく、3支社に対しても行われて
    いるので、社会的な注目度と、重大性を踏まえて粛々と捜査を続けていく」と述べ、
    引き続き捜査を進めていく考えを示しました。
    また、「法律が守られていない状況があるということを考えると行政側の
    パワーアップも必要ではなかろうか」と述べ、厚生労働省に法曹資格を持った
    職員を増やす方向で、今後、法務省とも検討を進める考えを示しました。





     sub-buzz-27288-1474823232-1
    関連記事

    このページのトップヘ