高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    非正規


    1: 高低差速報
    帝国データバンクは24日、人手不足に関する企業の動向調査結果を発表した。「正社員が不足している」と回答した企業は、2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の45.4%となり、06年5月の調査開始以来の最高を更新した。人材難はIT関連業種などで深刻化しており、企業活動を制約する可能性もある。

     業種別では、ソフト開発など「情報サービス」が9.7ポイント増の69.7%と最も高く、「家電・情報機器小売」や「放送」、「運輸・倉庫」も60%台だった。

     帝国データは「商品・サービスの新規開発に影響が出ており、人手不足を原因とした倒産も増加している」と指摘。今後の経済成長に向け、「働き方改革を進め、性別や年齢にかかわらず働きやすい環境を整えることが重要だ」と分析している。

     調査は今年7月18~31日に全国2万3767社を対象に実施した。回答率は42.5%。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000074-jij-bus_all



    job_it_dokata


    関連記事


    1高低差速報
    ■正社員追い出しビジネス
    「解雇しやすい社員づくり」への動きは、このほかにも相次いでいる。
    第二次安倍政権下では国家戦略特区が導入されたが、ここでも特区内で解雇規制を緩和する案が提案された。
    これが世論の批判で不調に終わると、雇用を守った企業に支給される雇用調整助成金を減らし、他の企業への移動を促す労働移動支援助成金を増やすという転換が始まる。

    2013年3月の第4回産業競争力会議において、メンバーである大手人材ビジネス「パソナグループ」会長の竹中平蔵・慶應義塾大学教授(当時)は、
    「雇用調整助成金を大幅に縮小して、労働移動に助成金を出すことは大変重要。
    是非大規模にやって欲しい」とし、当時、1000対5だった雇用調整助成金と労働移動支援助成金の比率を「一気に逆転するようなイメージでやっていただけると信じている」と発言した。

    翌2014年には、545億円対301億円と二つの助成金の額は肩を並べ、2015年には193億円対349億円と逆転した。
    転職支援を手掛ける人材ビジネス業界への利益誘導ではないかとの批判が上がった。
    その見方を裏付けるように、翌2016年2月22日、朝日新聞は、大手人材会社が王子ホールディングスの子会社に、
    政府の助成金をもとにした「戦力入れ替え」を指南し、「転職支援」を請け負っていたことを明らかにしている。

    これに先立つ2014年には、都内で開かれた労働問題の集会で、人材ビジネスの誘いに乗って大手電機メーカーの退職勧奨を受け入れた社員が、
    転職先が決まらず、元の会社に低待遇の派遣社員としてあっせんされたという例も報告された。
    正社員の追い出しビジネスが、政府の補助金で促進される事態が起きた、ということだ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13062422/


    1高低差速報
    人手不足を感じる企業は増えており、求人難による企業倒産も増加傾向にある。
    人材確保は、大きな経営課題になっているようだ。

    帝国データバンクは全国の企業2万3,796社を対象に人手不足に対する企業の動向調査を実施し、その結果を2月21日に発表した。
    調査期間は1月18日から31日で、有効回答企業数は1万195社(回答率42.8%)。

    現在の正社員の過不足状況を聞いたところ、43.9%の企業が「不足している」と回答し、
    半年前の2016年7月調査時から6.0ポイント増加したほか、過去10年で最高に達した。
    「適正」は46.1%で同3.1ポイント減少、「過剰」は10.0%で同2.9ポイント減少した。

    「不足している」と回答した企業の業種は「放送」の73.3%が最も多く、
    「情報サービス」「メンテナンス・警備・検査」「人材派遣・紹介」「建設」などで6割を超えた。

    人材不足の企業が増加傾向にあり、大企業、中小企業ともに人材確保が経営課題となっているようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12752714/ 



    IB00092_main-610






    関連記事


     


    1高低差速報
    帝国データバンクが2月21日発表した企業の人手不足に関する調査結果によると、「正社員が不足している」と答えた企業は43.9%に上った。前回調査(2016年7月)から6.0ポイント増え、過去10年間で最も高かった。

     正社員が不足しているという企業を業種別にみると、「放送」が最も多く、73.3%。「情報サービス」(65.6%)、「メンテナンス・警備・検査」(62.9%)、「人材派遣・紹介」(60.8%)、「建設」(60.1%)も多かった。

     また、正社員不足の企業が最も多い業種と最も少ない業種の割合の差は、前回調査から14.2ポイント減の46.0ポイントへと縮小しており、より人手不足が拡大している様子がうかがえる。

    全文はソースで
    http://www.excite.co.jp/News/
    economy_clm/20170221/Itmedia_business_20170221088.html



    kouteisasokuhou
     
    関連記事


    1高低差速報
    非正規雇用の増加が相まって、かつて"職場のアルバイトのまとめ役"くらいの意味しかなかったバイトリーダーに、
    正社員並みの仕事をさせる職場も増えている。

    また近年、就職活動ではバイトリーダーを務めたということが自己PRの定番になっている。
    そうしたこともあり、バイトリーダーの中にはその待遇とはとても釣り合いそうもないプロ意識や職場への熱い思いで空回りしてしまう人もいるようだ。

    本来、アルバイトが円滑に働けるようにするという役割を担うバイトリーダーたちに、
    バイト先で実際に振り回されてしまった経験者たちのエピソードをご紹介しよう。(文:伊藤綾)

    「バイトリーダーさんって社会人経験ありましたっけ……?」
    「社会のルールや社会人としての礼儀に関してやたら口うるさいんですよ。"社会人としてありえない"というのが口癖でした」

    とは、1年前から某大手カフェチェーンで働くAさん。20代後半のバイトリーダーは就活に躓き、学生時代からのバイトを今日まで続けている。
    バイトリーダーは店長よりも経歴が長いそうで、そんなキャリアと矜持がアダとなってしまっているようだ。

    「バイトリーダーさんに対しての言葉遣いはもちろんですが、学生同士のコミュニケーションにまで口を出さないでほしいです。
    歳が離れていても少しフランクな感じでうまくやれているなら、それでもいいんじゃないかと思うんですけどね」

    そのためリーダーがいる時は休憩中でも会話が自然と減ってしまったという。

    「そもそもバイトリーダーさんって社会人経験ありましたっけ……?と何度も出かかりました。
    もちろん、バイト先も社会的な場ではありますけど、所詮は"アルバイト"だと思います……」

    とバイトリーダーへの評価は手厳しい。
    「人に教えるの苦手だから」と丸投げし、社員に成果アピール
    「自分ではトレーニングしないくせに、『新人君どんな感じ??』と何度も状況をいちいち聞いてくるんですよ」

    Bさんは現在フリーター歴4年目。全国で300店舗以上を構える居酒屋チェーン店で働いている。
    入れ替わりの激しい学生バイトが多いため、バイトリーダーはフリーターが勤めているという。

    しかし、そんなBさんは「おれ、人に教えるの苦手だから」と、教育係りの仕事を丸投げしてくるバイトリーダーに、辟易としているようだ。
    何よりも許せないのは、そんな教育係としての成果を横取りされることだという。

    https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-5514/ 




    company_black_baito






    関連記事

     


    このページのトップヘ