高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    韓国


    1: 高低差速報
    ■韓流コスメ、原宿席巻

     東京・原宿の竹下通りのど真ん中に今、ピンクの真新しい店が向かい合っている。
    昨年12月オープンの「エチュードハウス」と、今年5月に開いた「スタイルナンダ」。
    共に韓国の化粧品、ファッションブランドだ。日本の「カワイイ」の聖地の風景を変え、平日夕方も学校帰りの少女たちであふれる。


    ■衣食住の輸出入2200億円

     飲食品で絶好調なのがビールだ。6月、ソウル市内の観光客も行き交う繁華街。
    アサヒビールが開いた夏期限定バーは「スーパードライ」を味わう人だかりができた。


    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO18548110W7A700C1H11A00/



    d7f40470

    関連記事


    1: 高低差速報
    サムスン、最高益5兆円へ 今期、創業家不在でも
    半導体再びけん引 有機EL、スマホ向け軸に
    http://www.nikkei.com/article/DGKKASDC07H1T_X00C17A7EA6000/

    韓国サムスン電子の復調が著しい。2017年12月期通期は営業利益が日本円換算で5兆円も視野に入るほど本業が好調だ。
    創業家が不在の中、製造業として異例の好業績は果敢な投資姿勢というだけでは説明できない経営判断が導いている。

    aserte



    関連記事



    1: 高低差速報
    韓国国会の丁世均(チョンセギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、
    2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、
    不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。

    それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。

    その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。

    また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。
    「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。
    もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。





    image95

    関連記事



    このページのトップヘ