高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    音楽


    1: 高低差速報
    イングウェイ・マルムスティーンから若者へアドバイス「他人の言うことを気にするな」

    先月、米インディアナ州で開かれた楽器見本市<GearFest>にゲスト出演したイングウェイ・マルムスティーンが、ミュージシャンになることを目指す若者へアドバイスを送った。

    Q&Aセッションで、彼に続きたいと考えているミュージシャン志望の若者へのアドバイスを求められたマルムスティーンはこう答えた。「いろんなことが言える。でも、まずは何より情熱がなくてはならない。そして、情熱があるなら、俺の最大のヒーロー、ニコロ・パガニーニ(19世紀を代表するヴァイオリニスト/作曲家の1人)の言葉を引用しよう。彼は、“他の人を確信させるためには、自分が確信していなくてはならない”と言っていた。つまり、こういうことだ。他人がやれと言ったからってやろうとするな。他の人が気に入るだろうからって何かをやるな。自分のやりたいことをやれ。そして、他の人たちが言うことを気にするな」


    no title


    引用記事;https://www.barks.jp/news/?id=1000157925


    1: 高低差速報
    マストドン、ミュージシャンが直面している金銭的事情について語る

    マストドンのギタリストであるビル・ケリハーは音楽業界の現状について警鐘を鳴らしている。

    ポッドキャスト「レット・ゼア・ビー・トーク」に出演したビル・ケリハーは音楽業界の現状について語り、スポティファイやアップル・ミュージックのようなストリーミング・サービスはアーティストへの支払い方を改めるべきだと語っている。

    「この現状が続けば、アーティストはいなくなってしまうだろうね」と彼は語っている。「僕らは外へ出かけることもできないぐらいだからね。みんながラジオで聴く曲の裏ではたくさんの人たちが関わっているんだ。自分のジャンルだったり、僕らの現状を知っている人のためだけに言っているんだけどさ」

    彼は次のように続けている。「アルバムを作る時のことについて言えば……レコード会社が費用を建て替えているわけでね。仕組みはこうだ:会社が前払いで払ってくれて、『ここに60万ドルあるけど、これで57万5,000ドルかかるアルバムを作るんだ』って言われるんだ。お金はそれ用のものなんだよ。俺たちはレコード会社に借りを作った上で、会社が俺たちの音楽を所有するんだ」

    「俺が1000年生きたとして、その間でスポティファイを毎日再生したところで、数千ドルしか稼げないだろうね。分からないけどさ。微々たるものなんだよ。お金を稼ぐ唯一の方法は、ただコンスタントに外へ出てツアーに出続けることだけなんだ」

    「たくさんの人から、『どうしてTシャツが50ドルもするんですか?』って訊かれるんだけどさ、ここで教えてあげるよ。会場側が利益の20%だったり25%から30%を持っていくから、俺たちに残るのは30ドルなんだ。それからその30ドルが、マネージメントや弁護士、税金だったりの諸々に分配されるっていうね。ツアーバスだって、1ヶ月借りるのに6万ドルもかかるんだぜ。馬鹿げてるよ……ツアー中はお金を差し出しているようなものなんだよ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Photo: Jimmy Hubbard / PRESS
    no title

    引用記事:https://nme-jp.com/news/57843/

    関連記事


    1: 高低差速報
    【オリコン上半期】AKB48が史上初の快挙 通算2回目のシングル&アルバム2冠
    人気アイドルグループ・AKB48が上半期シングル/アルバム両ランキングで1位となり、2冠を獲得した。
    引用記事:https://www.oricon.co.jp/news/2114232/full/

    01位 174.1万 AKB48 Teacher Teacher
    02位 127.7万 乃木坂46 シンクロニシティ
    03位 116.9万 AKB48 ジャーパージャ
    04位 101.0万 欅坂46 ガラスを割れ!
    05位 62.6万 King & Prince シンデレラガール
    06位 43.8万 嵐 Find The Answer
    07位 38.7万 SKE48 無意識の色
    08位 34.0万 TWICE Candy Pop
    09位 34.0万 TWICE Wake Me Up
    10位 33.8万 NMB48 ワロタピーポー
    11位 32.0万 Hey!Say!JUMP White Love
    12位 30.3万 米津玄師 Lemon
    13位 27.0万 Hey!Say!JUMP マエヲムケ
    14位 23.2万 NMB48 欲望者
    15位 22.0万 KinKi Kids Topaz Love/DESTINY
    16位 21.2万 HKT48 早送りカレンダー
    17位 18.7万 星野源 ドラえもん
    18位 18.6万 STU48 暗闇
    19位 16.3万 ジャニーズWEST プリンシバルの君へ/ドラゴンドッグ
    20位 15.3万 東方神起 Reboot
    21位 15.2万 三代目 J Soul Brothers J.S.B. HAPPINESS
    22位 15.2万 NEWS LPS
    23位 15.2万 KAT-TUN Ask Yourself
    24位 14.8万 Sexy Zone イノセントデイズ
    25位 14.4万 NGT48 春はどこから来るのか?
    26位 14.3万 BOYS AND MEN 進化理論
    27位 14.1万 乃木坂46 いつかできるから今日できる
    28位 13.4万 ST☆RISH ウルトラブラスト
    29位 11.1万 祭nine. HARE晴れカーニバル
    30位 10.8万 和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生 愛を頑張って



    disc_case


    関連記事


    1: 高低差速報
    「ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探さなくなる」英国人対象の新調査結果

    新しい調査によれば、人は年を取るにつれて新しい音楽を探さなくなり、昔の曲やジャンルを何度も繰り返し聴く「音楽的無気力」とも言える現象が起き、ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探すことを止めてしまう、とのこと。ストリーミング・サービスのDeezerが1000人の英国人を対象に行った調査結果を発表しています。

    新しい音楽を探さなくなる理由については、新しい音楽の量に圧倒されている(19%)、仕事が忙しい(16%)、幼い子供の世話(11%)など様々な要因を挙げています。回答者の半分近く(47%)は新しい音楽を探すためにもっと時間を費やしたいとも回答していますので、少なくても半分近くは音楽への興味を失ったためではないようです。

    調査では新しい音楽を発見する探求心がピークを迎える年齢は24歳であるとも説明しており、この年齢の75%の回答者が週に10曲以上の新しい曲を聴いたと答え、また64%が毎月5人の新しいアーティストを探していると答えています。

    また調査によれば、60%の人は普段聴いている同じ曲を何度も聴いているだけであり、また25%は自分が好きなジャンル以外の新しい音楽を試してみることはないと答えています。

    引用記事:http://www.businessinsider.com/why-we-stop-discovering-new-music-around-age-30-2018-6



    Music


    1: 高低差速報
    定額制音楽配信サービスで最も利用者が多いのは「Prime Music」(Amazon.co.jp)で、2位は「Apple Music」、3位は「LINE MUSIC」――
    IT調査会社のICT総研が4月13日、アンケート調査を発表した。Prime Musicは、月額400円という価格の安さが人気につながっているとICT総研は分析している。

    引用記事:https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_news_20180413089/


    fe7cef5c3b645b84d8e281e408578e03-1200-80



    関連記事


    1: 高低差速報
    ギブソン、倒産する可能性があることが報じられる
     有名ギター・メーカーのギブソンが倒産する可能性があると報じられている。
     レス・ポールやSGといった有名ギターを製造しているギブソンはジミー・ペイジやスラ
    ッシュ、カルロス・サンタナなど、数々のギタリストに愛されているメーカーとなってい
    る。ギブソンは100年以上前の1902年の創業となっている。
    参照記事:https://nme-jp.com/news/50466/
    gibson-cover



    関連記事


    1: 高低差速報
    嫁が音楽に興味を持たなくなった
    年に何回かマトモに会話出来るようになった時に「私普通じゃないよね」と嫁が言う事
    1番幸せだった事→90年代に書いた曲を皆が楽しんでいる姿を見る所
    1番辛い事→今日
    bunshun_5887_0

    このページのトップヘ