高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    頭脳


    1: 高低差速報
    コンサルタントをやっていた頃、良いか悪いかは別として、採用に関して「地頭の良さ」を重視する風潮があった。

    地頭の良い人間は一定の訓練でそれなりのコンサルタントになる。

    だが、お世辞にも地頭の良いとはいえない人間は、いつまでたっても一人前になれなかったからだ。


    実際、私が20代半ばで所属していた部署では、中途採用にあたって「学歴」をさほど重視していなかった。

    重視していたのはとにかく「地頭」だ。


    引用記事:http://blog.tinect.jp/?p=48982


    関連記事



    1: 高低差速報
    学校教育では「本当にデキる」人間は育たない



    子どもの可能性は、型にはめない多様な学びの中で生まれると、『「天才」は学校で育たない』を書いた白梅学園大学の汐見稔幸学長は説く。

    学校で身に付けたものはそんなに多くない
    ──原点に立ち返り「学び」を論じていますね。

    自分が育ってきたプロセスを考えても、学校で育ててもらった実感がない。学生時代は僕にとって戦後のいい時代で、友人ができたことは
    大きな意味があったが、学校で身に付けたものはそんなに多くない。教育に世間が考えているほどの力があるのか、教育はそんなにいいものなのか、
    との疑問が、教育学を長年手掛けながら消えることはなかった。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/13912417/



    benkyou_classroom

    関連記事



    1高低差速報
    読書に関する調査の結果だと
    知能指数と映画や本の題材与えた上での論文、あとは出し方しらんがEQ的なもの勘案した結果なそうな
    500冊以上読んでる人間は逆にバカだったんだと




    e164b10e
    関連記事



    このページのトップヘ