高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    食べ物


    1: 高低差速報
    頼み方が「おい、生ビール」なら1000円……居酒屋の壁に貼られた貼り紙がTwitterで「素晴らしい」と注目を集めています。

    貼り紙は東京・神田の「大衆和牛酒場 コンロ家」というお店に貼られていたもの。「おい、生ビール」の他にも、
    「生一つ持ってきて」なら500円、「すいません、生一つください」なら380円(定価)と頼み方に応じて変わるビールの値段が書かれています。
    その下にはさらに「お客様は神様ではありません。また、当店のスタッフはお客様の奴隷ではありません」とも書かれています。

    Twitterユーザーの銀嶺さんが「これ好き」と投稿すると、「最高の店主」「店員を大事にしてる」「行ってみたい」と大きな反響が寄せられ、
    飲食関係者からは「うちでもやりたい」「このお店の気持ちが分かる」という声が上がりました。一部には「こういう店には行きたくない」
    といった否定的な意見や、こういった貼り紙をしなければならない現状を嘆く人も見られました。

    この貼り紙について、コンロ家を運営する頼富商會に聞いてみました。コンロ家は現在4店舗あり、貼り紙は飯田橋店、両国店、
    神田店の3店舗に貼られています。代々木店で貼るかは検討中とのことでした。

    発案したのは副社長の蒲池章一郎さん。以前にネットで話題になった「注文マナーによって値段が変わるフランスのカフェ」を、
    冗談を交えてオマージュしたものと語ってくれました。

    貼り紙を見たお客さんの反応について聞いてみると、「面白いね」とコメントしたり、写真を撮ったりする人が見られ、
    今のところ明らかに気分を害した、クレームが入ったなどの報告はないそうです。

    また実際に「おい、生ビール」で1000円を請求することはあったのかも聞きました。「夢を壊すようで恐縮ですが、請求した実績はありませんし、
    スタッフにも請求するような教育は行っておりません」と蒲池さん。

    「実際に『おい、生ビール』と言われたところで、特に生ビールの価格、質は何も変わりません。当社スタッフがいつもよりほんの少しだけ
    嫌な思いをするだけです。あくまでも当社のコンセプトの一つである『売れることより、面白いこと』を表現したジョークツールの一つです。
    今回話題となっております貼り紙などを『面白いね』と言ってくれるような方を、当社は大切にしていきたいと考えております」(蒲池さん)

    貼り紙はジョークでしたが、やはり「おい、生ビール」よりも「生一つください」で、お客さんも店員さんもお互いに気分良く過ごせるとよいですね。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000081-it_nlab-bus_all 

    話題の貼り紙
    no title



    関連記事


    1: 高低差速報
    国産うなぎがまったく売れず 「土用の丑の日」を前に「異常事態」




    20日の「土用の丑の日」を前に、国産ウナギがまったく売れていないという
    輸入ウナギが急増して国産の需要が低下していると、
    大森淡水の副社長は話す
    注文数が伸びなければ値段を落として売らざるをえず、経営が圧迫されるそう

    「丑の日」の本番を前に、鰻需要がさらに過熱すると思いきや、国内有数の産地では、今年“異常事態”が起きていた。

    宮崎県の鰻養殖業者「全然売れなくて出荷待ちの鰻がたくさんあります」
    7月は1年で最も鰻が売れる時期だというが、今年は買い手がつかずに余っているという。

    大森淡水・大森龍太郎副社長「輸入鰻が急増していて国産鰻の需要が食われているという形」

    国産よりも値段の安い外国産の鰻に押され、出荷量は例年の半分ほど。このまま注文数が伸びなければ値段を落として販売せざるをえず、経営が圧迫されるという。

    16日、さいたま市内のスーパーでは、鹿児島産の鰻が1690円(税抜き)、中国産のものは999円(同)で売られていた。
    ロヂャース浦和店・津久井誠さん「大きさも国産鰻に比べて中国産は非常に大きいので、中国産を選ばれる方も多い」
    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/15020222/
    food_unadon




    関連記事




    1: 高低差速報
    味の素株式会社が20代~60代の男女1万人を対象に「みそ汁に関する調査」行い、その結果を伝えたい。

    ■みそ汁が大好きな都道府県ランキング
    まず、「みそ汁が大好きな都道府県ランキング」だ。1位は「北海道」、2位は「東京都」、3位は「長野県」となった。

    ■よく使う具材は?
    みそ汁によく使う具材は、1位はダントツで「豆腐」(83.6%)、2位が「わかめ」(75.6%)、3位に「油揚げ」(69.7%)がランクイン。
    みんなもこの辺は普通にみそ汁に入れて飲むだろう。

    ■意外に合うみそ汁の具材ランキング
    続いて「意外に合うみそ汁の具材ランキング」となるが、トマトが1位で最多となった。2位は「「かぼちゃ」、3位は「さつまいも」、
    4位以下は「納豆」「レタス」「じゃがいも」「なす」「卵」「玉ねぎ」「キャベツ」となっている。

    ■意外にみそ汁に合うメニューランキング
    また具材ではなくみそ汁と一緒に食べてみて意外とおいしかったメニューについても調査。1位は2位に倍以上の差をつけ、
    ダントツで「カレー」となった。2位は「トースト」、3位は「パン」、4位以下は「スパゲッティ」「炒飯」「白米」「焼きそば」「お好み焼き」
    「ハンバーグ」「オムライス」となった。

    味の素の「ほんだし」のウェブサイトにはみそ汁に関するコラムや調理の時短の裏技、みそ汁に合う旬の野菜情報などの情報が
    掲載されている。
    引用記事:http://gogotsu.com/archives/40059



    food_omisoshiru



    関連記事



    1: 高低差速報
    引用記事:東洋経済 ONLINE 2018年05月06日
    https://toyokeizai.net/articles/-/219421

    【略】

     ところが、相手も商売です。当然、自分のところが儲からないような価格設定にはしていないはずです。
    例えば最もシンプルでわかりやすいのは「ドリンクバー」です。通常、ファミリーレストランなどでは
    ドリンクバーはだいたい200~300円ぐらいの価格ですが、原価はせいぜい5円~15円程度だと言われています。

     これで元を取ろうと思ったら20杯も30杯も飲まなければならないわけで、これはどう考えても無理です。
    ランチブッフェの場合は、これに加えていくら大食いの人がたくさん食べても絶対に元は取れない構造に
    なっているのです。

     そもそも飲食店のコスト構造は、固定費と変動費から成り立っています。店を開けたことで、
    お客さんが1人もこなくてもかかるのが固定費(家賃や光熱費等)、来た人数分に比例してかかるのが変動費
    (食材費等)です。したがってお客が1人も来なければ固定費分がまるまる赤字です。お客が1人来れば
    (1人当たりの料金-変動費)だけ赤字が減ります。したがってたくさん来れば来るほど、儲けは多くなります。


    buffet_baikingu

    関連記事

    このページのトップヘ