高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    食べ物


    1: 高低差速報
    エビ類としては最大級の大きさを誇るロブスター。別名オマールエビと呼ばれる西洋料理の高級食材だが、そんなロブスターには寿命がないといわれている。ロブスターの臓器は年齢を重ねても劣化しないため、食欲・生殖能力・新陳代謝が落ちることがなく、理論上は永遠に生きることもできるそう。
    つまり、外部的な要因(人間によって食べられたり、自然淘汰にあったり)がないかぎりは不タヒ身ということになる。もちろん本当に寿命がないというよりは寿命が極端に長いと考えた方がよいだろう。ロブスターの大きさからその年齢を計算すると、100歳を超える個体が、イギリスやカナダなどの各地で確認されている
    引用記事:http://wjn.jp/sp/article/detail/1424561/



    buy_maine_lobsters_online_LRG

    関連記事




    1: 高低差速報
    1(中)サンドロール
    2(三)大きなハム&たまご
    3(遊)コッペパン(ジャム&マーガリン)
    4(投)まるごとソーセージ
    5(捕)うずまきデニッシュ
    6(左)ナイススティック
    7(一)ピザパン
    8(右)イチゴスペシャル
    9(二)スイートブール

    img01




    関連記事




    1: 高低差速報
    実は「1日3食」食べる方が健康に悪い?
    間違っていた食事の常識

    ■実は「1日3食」が不健康のもと!

    「1日3食」が不健康をもたらすとは意外な気もしますが、
    このことについては、野生動物や古代人の食べ方、
    そして断食の理論がヒントになるのだそうです。

    まず考えてみるべきは、
    「1日3食きちんと食べる野生動物がいるか」
    ということ。当然ですが、そんなことはあり得ません。

    肉食動物は狩猟だけでもひと苦労。
    エネルギーを維持するためにかなりの時間を食事に費やす草食動物にも、
    律儀に食べる法則はないそうです。

    古代人も野生動物と同様で、
    狩猟ができたときにまとめて食べることも多かったでしょうし、
    農耕がはじまったあとの時代でも1日2食、
    しかも粗食が一般的だったといわれているといいます。

    にもかかわらず、飽食の現代人よりも健康的な肉体を持っていたのです。

    引用記事:http://suzie-news.jp/archives/9858
    family_syokutaku


    関連記事

    このページのトップヘ