高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    飲み物




    1: 高低差速報
    【ジュネーブ=原克彦】食品世界最大手のネスレ(スイス)は14日、高級コーヒーの製造やカフェ運営を手がける米ブルーボトルコーヒーを買収したと発表した。成長鈍化に対し株主からの圧力が高まるなか、成長分野で買収攻勢をかける。
    https://next.nikkei.com/article/DGXLASFK14H4C_V10C17A9000000




    blue-4

    関連記事



    1: 高低差速報
    スーパードライ←うまい
    一番搾り←うまい
    キリンラガー←うまい
    黒ラベル←うまい
    ヱビス←うまい
    モルツ←うまい
    プレモル←うまい
    銀河高原←うまい
    ドライブラック←うまい
    キリンスタウト←うまい
    バドワイザー←うまい
    ハイネケン←うまい
    コロナ←うまい
    ギネス←うまい

    全部うまい!!!」



    o0573024313815553489

    関連記事



    1: 高低差速報
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139617
    ウイスキーは水を数滴垂らすと味わいが増すことは、大半の専門家が同意している。バランスのとれたブレンドもスモーキーな銘柄も、タバコやレザーの香りが強いものもだ。だが、知りたいのはその理由だ。スウェーデンの生化学者らは17日、水を加えると味が良くなるのは、グラスに注がれたウイスキーの表面に香りを浮かび上がらせる物質の微妙な相互作用にあるとする研究論文を発表した。

     例えば、英スコットランド(Scotland)のアイラ(Islay)島で作られるウイスキーに特有なスモーキーなフレーバーは、フェノールという化合物、なかでもグアヤコールによるものだ。

     スウェーデン・カルマル(Kalmar)のリンネ大学(Linnaeus University)のビョルン・カールソン(Bjorn Karlsson)氏とラン・フリードマン(Ran Friedman)氏が、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表した論文によると、水を垂らすことでグアヤコールが「気液界面」に上昇することが実験で明らかになった。

     論文は、ウイスキーを飲むときにはまず表面をすすることを指摘した上で「我々の発見は、なぜウイスキーに水を加えると味わいが増すのかを理解する助けとなる」と述べている。

     また今回の研究では、スコットランドで製造されるスコッチウィスキーは、米国やアイルランドのウイスキーよりもグアヤコールの含有量が多いことも明らかになった。

    ed364843b3e49801bf9945327df8ce13


    関連記事

    このページのトップヘ