高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    飲み物


    1: 高低差速報
     6月11日に『コカ・コーラ クリア』(日本コカ・コーラ)が、同19日にはノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』
    (サントリービール)が登場した。これまで、紅茶やラテなどが無色透明になって驚かされたが、透明化の波はおさまりそうにない。

     それにしても、コカ・コーラといえば黒褐色なもの、だったが、そう簡単に透明に至りはしなかったようだ。

    「『コカ・コーラ クリア』は日本で企画され、米国本社で開発されました。長年親しまれているコカ・コーラ独特の液色にはカラメルが不可欠ですが、
    透明にするにはカラメルが使えません。そこで、さまざまな原材料、フレーバーを吟味し、50種類以上のサンプルを作り、目新しさを追求したのです」
    (日本コカ・コーラ 広報部)

     もう一方の『オールフリー オールタイム』についても聞いてみた。透明にした、その理由は?

    「ノンアルコールビールテイスト飲料の飲用シーンを、仕事中などのオンタイムにも拡げるべく開発しました。これまでのノンアルコールビールテイスト飲料は
    缶が主流でしたが、見た目が“缶ビール”ではオンタイムに飲むことに抵抗を感じるかたもいる。その点、ペットボトルが最適ですが、液色が見えてしまい、
    その液色がビールをイメージさせてしまう。そこで、中味も見た目も透明にする必要があったのです」(サントリービール・大津亮さん)

     このように、クリア飲料が続々と増えている理由について、トレンド総研の福田結生さんはこう語る。

    「見た目は水なのに、味が違うというギャップが消費者にウケていると思います」(以下「」内、福田さん)

     2010年に発売された『い・ろ・は・す みかん』から始まったこの動きは、徐々に広がりをみせた。

    「ラテや紅茶が透明だという斬新さから、一度は試してみたくなり、飲んだらSNSでシェアしたくなる。その流れがうまく機能しているのではないでしょうか」

     さらには、人目を気にする 日本人の気質も関係ありそうだ。

    引用記事:https://www.news-postseven.com/archives/20180708_715444.html
    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    no title


    アサヒビールは25日、透明なビール系飲料「クリアクラフト」を売り出した。透明なビール系飲料は珍しい。夏の最盛期を迎えるなか、透明な色で涼しげな印象と驚きを与えて需要を開拓する。現代人はハイスペックなモノにちょっと疲れ気味。すっきりを求める時代に、商品を透明にするブームは清飲飲料にとどまらず酒類にも広がってきた。

    関連記事


    1: 高低差速報
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    最近はペットボトル飲料の種類が多岐に渡り、スーパーやコンビニエンスストアにはさまざまなペットボトル飲料がズラリと陳列されています。では、多くの人がなんだかんだ一番おいしいと思っているのは一体どれなのでしょうか。
    そこで今回は、正直一番おいしいペットボトル飲料について探ってみました。

    1位 カルピスシリーズ
    2位 コカ・コーラシリーズ
    3位 三ツ矢サイダーシリーズ
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5204/
    41YIv3uLvUL




    関連記事


    1: 高低差速報
    NHK連続テレビ小説『わろてんか』の1シーンが、ネット上に波紋を広げたことがあった。
    2018年3月まで放送されていた『わろてんか』、すでに「めちゃ懐かしい......」と感慨にふける人もいるかもしれない。

    この作品で17年11月21日、「冷やしあめ」で集客するシーンが登場した。
    「冷やしあめ」は麦芽水あめを湯で溶き、生姜の搾り汁やおろし生姜を加えた飲料で、関西ではよく飲まれている。
    夏は暑気払いとして、冷やして飲むのが一般的だ。
    『わろてんか』の舞台は大阪なので、きわめて自然な夏の風物詩が描かれたわけだ。

    ところが、「冷やしあめって、何?」というツイートが○到し、一時トレンド入りする騒ぎとなった。
    全国的には「冷やしあめ」を知らない人がいかに多かったか、が証明されたわけだ。

    そこでJタウン研究所は半年以上にわたって、「『冷やしあめ』、飲んだことある?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総投票数851票、2017年11月21日~18年6月5日)。
    はたして、その結果は――。

    ■「飲んだことない人」が過半数越え?

    全投票をあわせた数値は、「飲んだことある」が383票(45.0%)だ。
    「名前は知ってる」は246票(28.9%)、「まったく知らない」が222票(26.1%)。
    下の円グラフをご参照いただきたい。
    結局、飲んだことない人が過半数を占めたわけである。

    『冷やしあめ』飲んだことある?」調査結果(Jタウンネット調べ)*投票がなかった県は、白地のままとした。
    no title

    引用記事:http://j-town.net/tokyo/research/results/261180.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    コカ・コーラシステムは、夏にぴったりの冷たい刺激と新しい食感を楽しめる、「コカ・コーラ」史上、世界初の容器入りフローズン飲料の「コカ・コーラ フローズン レモン」(125gパウチ、税抜130円)を4月16日から全国で発売する。

    同製品は、パウチごと凍らせ、揉みながらシャーベット感覚で飲む容器入りフローズン飲料で、クリーミーなシャリシャリした食感が楽しめる。レモンのアクセントもポイントという。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00010002-ssnp-bus_all


    no title

    関連記事



    1: 高低差速報
    スーパードライ←うまい
    一番搾り←うまい
    キリンラガー←うまい
    黒ラベル←うまい
    ヱビス←うまい
    モルツ←うまい
    プレモル←うまい
    銀河高原←うまい
    ドライブラック←うまい
    キリンスタウト←うまい
    バドワイザー←うまい
    ハイネケン←うまい
    コロナ←うまい
    ギネス←うまい

    全部うまい!!!」



    関連記事

    このページのトップヘ