高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    飲食店


    1: 高低差速報
    頼み方が「おい、生ビール」なら1000円……居酒屋の壁に貼られた貼り紙がTwitterで「素晴らしい」と注目を集めています。

    貼り紙は東京・神田の「大衆和牛酒場 コンロ家」というお店に貼られていたもの。「おい、生ビール」の他にも、
    「生一つ持ってきて」なら500円、「すいません、生一つください」なら380円(定価)と頼み方に応じて変わるビールの値段が書かれています。
    その下にはさらに「お客様は神様ではありません。また、当店のスタッフはお客様の奴隷ではありません」とも書かれています。

    Twitterユーザーの銀嶺さんが「これ好き」と投稿すると、「最高の店主」「店員を大事にしてる」「行ってみたい」と大きな反響が寄せられ、
    飲食関係者からは「うちでもやりたい」「このお店の気持ちが分かる」という声が上がりました。一部には「こういう店には行きたくない」
    といった否定的な意見や、こういった貼り紙をしなければならない現状を嘆く人も見られました。

    この貼り紙について、コンロ家を運営する頼富商會に聞いてみました。コンロ家は現在4店舗あり、貼り紙は飯田橋店、両国店、
    神田店の3店舗に貼られています。代々木店で貼るかは検討中とのことでした。

    発案したのは副社長の蒲池章一郎さん。以前にネットで話題になった「注文マナーによって値段が変わるフランスのカフェ」を、
    冗談を交えてオマージュしたものと語ってくれました。

    貼り紙を見たお客さんの反応について聞いてみると、「面白いね」とコメントしたり、写真を撮ったりする人が見られ、
    今のところ明らかに気分を害した、クレームが入ったなどの報告はないそうです。

    また実際に「おい、生ビール」で1000円を請求することはあったのかも聞きました。「夢を壊すようで恐縮ですが、請求した実績はありませんし、
    スタッフにも請求するような教育は行っておりません」と蒲池さん。

    「実際に『おい、生ビール』と言われたところで、特に生ビールの価格、質は何も変わりません。当社スタッフがいつもよりほんの少しだけ
    嫌な思いをするだけです。あくまでも当社のコンセプトの一つである『売れることより、面白いこと』を表現したジョークツールの一つです。
    今回話題となっております貼り紙などを『面白いね』と言ってくれるような方を、当社は大切にしていきたいと考えております」(蒲池さん)

    貼り紙はジョークでしたが、やはり「おい、生ビール」よりも「生一つください」で、お客さんも店員さんもお互いに気分良く過ごせるとよいですね。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000081-it_nlab-bus_all 

    話題の貼り紙
    no title



    関連記事


    1: 高低差速報
    マツコ・デラックスさんが1月22日、コメンテーターとして出演した「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、飲食店の全面禁煙を求める昨今の風潮に苦言を呈した。自身も喫煙者だというマツコさんは、

    「全面禁煙すべき店とたばこも共になければならない店ってあると思う。たばこを吸わない人の気持ちはわかるけれど、”ブランデーを飲みながら葉巻を吸いましょう”みたいな店を禁煙にしちゃったら、文化もクソもなくなるじゃない」

    と語った。
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=49049
    img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168



    関連記事


    1: 高低差速報
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00533466-shincho-ent

    >つまり、客商売をやっているところに行って、ケチつけたりするのが大嫌いなの。
    それはメシ屋でもソープでもどこでも同じ。他人様が商売しているところに行って、
    『金払っているのはこっちだろ』なんて、偉そうに文句つけたりするのは最低だね。

     ダメだったり、気に入らなければ、二度と行かなければいいだけのこと。

     芸能人だからって店で偉そうに振る舞っている奴がいるけど、やめてくれよと思う。
    そこで通ぶってどうするんだ。それに『芸能人は偉そうだ』なんて業界全体の評判が悪くなるようなことをわざわざする神経を疑う」



    1509514968_1509514956_1017_021

    関連記事


    1: 高低差速報

    サイゼリヤの強みは客単価が上がっていることだ。2016年8月期の客単価720円に対し、17年8月期の客単価は726円と、6円ほど上がった。その要因は、商品の価格を上げたからではなく、メニューの注文数が増えたからだという。安くておいしいから、もっと食べたい。そうした好循環に入っている。

    もうひとつの強みは、海外の直営店舗でも利益を出していることだ。17年8月期でいえば、367店舗で6000万人に迫る集客、売上高は310億円である。海外の1店舗1日平均の売上高は23万円強と国内店舗を下回ることもあって、海外を含めた平均単価も674円になるが、地域別利益でいえば中国本土、香港、台湾、シンガホールのいずれも黒字である。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/23683
    main05



    関連記事


    このページのトップヘ