1高低差速報
http://agora-web.jp/archives/2024794.html

細野豪志氏の主張「生活保護家庭の子どもに進学の機会を」に反論する。
細野氏は、「優秀な子には大学教育を与えてしかるべき」という主張をしながら、「優秀な子にも馬鹿な子にも大学教育を与えるべき」という政策に賛成する。

トリックである。「優秀な子が貧困のために大学に行けない」ケースは少数であり、
「馬鹿な子が貧困のために大学に行けない」ケースが多数である。貧困層の大学進学問題を考える場合は、
「貧乏人の馬鹿息子を大学に行かせるべきかどうか」という問題を考えた方がいい。
政府自民党も、民進党も、「全員に区別なく大学教育を与えるべき」というところでは一致している。「選抜」という発想がない。
安倍総理は施設方針演説で「どんなに貧しい家庭で育っても、夢を叶えることができる。そのためには、誰もが希望すれば、
高校にも、専修学校にも、大学にも進学できる環境を整えなければなりません」と踏み込んだ。チャンスは来ている。
ここは、何としても結果を出したい。(以下略)



study_daigakusei_man


関連記事