高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    高学歴

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    結婚生活送るなら高学歴女と低学歴女ならどっちがいいの?

    高学歴国家資格持ちでビッチじゃない・・・男慣れしてない地味。
    低学歴ビッチじゃないけど、見た目や愛想がいい。


    夫婦生活や子育てや老後を総合的に包括するとどっちがいいの?
    fotolia_67036206_xs




    関連記事

     





    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww


    参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/tomorrow/1399088887/



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://biz-journal.jp/2016/04/post_14827_2.html
    経営コンサルタント(自称)のショーン・マクアードル川上氏が、これでもかというほどの学歴詐称をしていたことが発覚した。
    学歴のみならず、国籍、顔、職歴、本名まで偽っていたようなので、史上まれに見る大ボラ吹きだったわけだ。
    詐称発覚後、同氏はあっと言う間に社会から抹殺されてしまった。
     コンサルタントに資格は要らないので、私も「自称・コンサルタント」ということになるが、
    同業界に身を置く者として本件に関してはいろいろと思うところがある。

    コンサルタントは一種のブランドビジネス
     あらためてコンサルタントとは何かと考えてみると、それは一種のブランドビジネスなのではないかと思う。
    人としてのブランド価値を高めて、それに対して対価をいただいているのだ。
     人のブランドとしてわかりやすいもののひとつが学歴だ。有名どころのコンサルティング会社のコンサルタントの典型的な学歴は、
    「一流大卒、米国有名ビジネススクールでMBA」だ。コンサルティング会社の基本戦略は、
    「超高学歴+国際的な香り=相当優秀な頭脳集団」というブランドイメージを築き上げ、それに対して対価を払っていただこうという
    ビジネスモデルなのである(かなり乱暴な言い方だが)。これはもう水戸黄門の印籠みたいなもので、権威のありそうなロゴマークを出して「控えおろう!」とやるわけである。
     ただ、水戸黄門の話が成り立つのは、黄門様が「助さん格さん、やっておしまいなさいっ!」と言った時に、
    助さんと格さんが必ず悪者に勝つからである。助さんと格さんが1度でも負けようものなら、水戸黄門の話はそこでおしまいだ。
    コンサルタントも同じである。単なる高学歴だけではさすがに成り立たない。最後に物をいうのはやはり実力だ。当然すぎる話である。
     では学歴は単なる飾りで不要なのかというと、私はそうは思わない。学歴は学歴でやはり重要である。
    なぜならば、学歴は基礎学力の程度を間違いなく表すからだ。
     どんな仕事でも基礎学力は必要である。高度な知識労働であればなおさらだ。「難しい文章は読めません、書けません、
    分析で使う数学もわかりません」では、それこそコンサルタントという仕事は務まらない。
    そして大学によって学力に相当の差があるのは厳然たる事実だ。入試問題を見るだけでも、はっきりいって驚くほどの差がある。
    「就活の際に学歴で差別される」という話をよく聞くが、採用する企業側からすれば当然のことだ。それは差別ではなく区別だ。
    基礎学力という点で違うものは違うのだからしようがない。「学歴不問」というほうが私には不自然に感じる。

    s03_0301-580x388



    関連記事
     





    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1462152288/



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://diamond.jp/articles/-/89310?page=2
     ショーンK氏の経歴詐称問題の余波がくすぶっている。
     さて、なぜ人は経歴を偽るのかというと、経歴が「心理的レッテル貼り」を引き起こすからだ。
    そもそも人間は見聞きしたことのすべてに等しく注目するわけではなく、自分の見たいこと、聞きたいことだけを記憶し、
    それを元にさまざまな判断を下す傾向がある。たとえば、「高学歴、エリート」という先入観を持って、一度レッテルを貼ってしまうと、
    そこから連想で「仕事ができる」「頭脳明晰(めいせき)」というイメージができあがってしまい、それ以外のことには注目できなくなる。
     経歴の中でも、特に「学歴」は、すべてのスタート、つまり初期設定の役目をする。「東大卒」「ハーバードでMBA」
    などという学歴は即、「頭がいい」「優秀」というレッテルとなる。一方で、「職歴」はレッテル貼りとしては「学歴」よりはずっと弱く、
    それは人の初期設定にはなりえない。一流企業に在籍したとしても二流大学卒なら、
    「頭はたいしたことなくても、その後努力した人なんだね」といった程度の認識にとどまりがちだ。
     一般に学歴詐称は男性に多く、女性には少ないと言われている。それは身長や収入と並んで、
    学歴は依然として男性の評価を決める重要な要素になるからだ。その結果、見えを張りたくなる気持ちが強くなるのだろう。


    このレッテル貼りの心理は非常に強烈で、例えば一度「仕事ができない奴」というレッテルを貼ると、
    相手のいいところは見つけられず、ダメなところばかり見つけて小言を言ってしまうことになる。
     また、あなたが嫌っている人は、あなたにイヤなことばかりする。それはあなたが相手に「イヤな奴」とレッテルを貼り
    、イヤなことをしないだろうか、とそのことばかりに注目している心理によることがある。
     つまりレッテルを一度貼ると、人の心は自分が貼ったそのレッテルに強烈な影響を受け、
    レッテルの内容が真実か否かの判断を放棄してしまう。レッテルというのはそれほどの力を持っている。
    たとえばペットボトルのミネラルウオーターのラベルをはずし、かわりに「お酢」と書いてはっておくと、
    中身は水であっても誰も飲まないだろう。さらに、ボトルの中身を味見してラベルの表示が正しいか確かめよう言う人はごく少数だろう。
     ところで、最近は、新卒の採用の際に履歴書に出身学校を書かせない会社もあるという。
    面接官に心理的なレッテル貼りをさせないための工夫だ。先入観なしで、相手の話を聞くことによって、
    その人物の真の姿や実力を見極めることができれば、今回の騒動のような誤ったキャスティングを未然に
    防ぐことができるようになるだろう



    yoron_0004_gakureki_new2





    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1460176452/



    このページのトップヘ