高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    Amazon


    1: 高低差速報
    会社の利益を未来への投資に回すアマゾン
    「地球上で最もお客様を大切にする企業」

    それが、アマゾンの経営理念です。この理念は、業績の数字そのものに端的にあらわれています。

    アマゾンの売上高は右肩上がりでのび、2016年の年間売上高は1360億ドル(約15兆円)に達します。

    ところが、営業利益は約42億ドルで利益率は3%にすぎません。

    2017年第3四半期(7~9月)の売上高は過去最高を記録しましたが、営業利益率はわずか0.8%でした。売上高が急速に拡大を始めた2000年代半ば以降の最終損益の推移を見ると、一貫して収支トントンが続いています。

    アマゾンは、稼いだ利益の大部分をネット通販の値下げ、新規事業や物流網構築など長期的な投資につぎ込むからです。

    そんな経営姿勢を、株主も高く評価しています。

    引用記事:http://president.jp/articles/-/24968


    amazon-logo-001


    関連記事


    1: 高低差速報
    定額制音楽配信サービスで最も利用者が多いのは「Prime Music」(Amazon.co.jp)で、2位は「Apple Music」、3位は「LINE MUSIC」――
    IT調査会社のICT総研が4月13日、アンケート調査を発表した。Prime Musicは、月額400円という価格の安さが人気につながっているとICT総研は分析している。

    引用記事:https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_news_20180413089/


    fe7cef5c3b645b84d8e281e408578e03-1200-80



    関連記事


    1: 高低差速報
    2017年にアメリカ国内で研究開発費に投資した額が高い順に企業をランク付けしたところ、Amazonがトップの約230億ドル(約2.5兆円)で、2位以下を大きく引き離す巨額の投資を行っていたことが明らかになりました。 【中略】
    なお、2017年にアメリカの企業が研究開発に投資した額を上位から並べたグラフは、以下で示されており、赤いグラフがテクノロジー企業、灰色のグラフそれ以外の企業を表しています。1位がAmazonの約230億ドル(約2.5兆円)、2位がGoogleの親会社のAlphabetでで約170億ドル(約1.8兆円)、以降Intel、Microsoft、Appleと続いています。


    gettyimages-521186348

    引用記事:https://gigazine.net/news/20180411-amazon-research-development-rd/

    関連記事


    1: 高低差速報
    最も価値ある国際ブランドを選ぶ「ブランド・ファイナンス・グローバル500」が発表され、日本からはトヨタとNTTグループの2ブランドがトップ20入りした。しかしトヨタは2017年から4つ、NTTグループは5つ順位を下げた。

    Googleに代わって首位に輝いたのはAmazonだ。Appleは2位を維持し、Googleは3位に後退した。

    トップ30の3分の1を中国ブランドが占めているが、中国移動通信以外は飛躍的に順位やブランド価値を上げている。米国からは12ブランド、ドイツからは4ブランド、韓国とオランダは各1ブランドが選ばれた。

    ランキングは英コンサルティング企業ブランド・ファイナンスが、「競争力(資力・パフォーマンスを含む持続的な成長の可能性)」「売上高」「ロイヤリティー率」に基づき、世界500ブランドを評価したもの。

    30位(昨年48位) 中国平安保険(中国)
    29位(29位) バンク・オブ・アメリカ(米国)
    28位(40位) フォルクスワーゲン(ドイツ)
    27位(30位) ザ・ホーム・デポ(米国)
    26位(33位) 中国農業銀行(中国)
    25位(29位) 華為技術(中国)
    24位(24位) チェース(米国)
    23位(17位) シェル(オランダ)
    22位(18位) T-モバイル (ドイツ)
    21位(47位) 騰訊(中国)

    20位(15位) NTTグループ(日本)
    19位(初登場) 国家電網(中国)
    18位(28位) 中国銀行(中国)
    17位(16位) BMW(ドイツ)
    16位(12位) トヨタ(日本)
    15位(20位) メルセデスベンツ(ドイツ)
    14位(13位) ウェルズ・ファーゴ(米国)
    13位(11位) 中国移動通信(中国)
    12位(22位) 阿里巴巴集団(中国)
    11位(14位) 中国建設銀行(中国)

    10位(10位) 中国工商銀行(中国)
    9位(8位) ウォルマート(米国)
    8位(7位) ベライゾン・コミュニケーションズ(米国)
    7位(5位) Microsoft(米国)
    6位(4位) AT&T(米国)
    5位(9位) Facebook(米国)
    4位(6位) サムスン(韓国)
    3位(1位) Google(米国)
    2位(2位) Apple(米国)
    1位(3位) Amazon(米国)
    引用記事:https://zuuonline.com/archives/183785

    関連記事



    1: 高低差速報
    アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が、巨大な機械式時計を組み立てる様子を撮影した動画を公開した。この時計は人間の介入なしに「1万年」稼働するという。
    時計の高さは153メートル。ベゾス氏は同プロジェクトに自身の資金4200万ドルを投資した。
    なお時計は秒、分、時間、さらに日も表示しない。その代り1年に1度音を鳴らす。毎回異なるメロディーが演奏されるという。
    ​プロジェクトの作成者は、この時計が動いている間に地球では存在するすべての文明が崩壊し、我々が慣れ親しんでいる時間の分類はなくなると考えている。

    引用記事:https://jp.sputniknews.com/science/201802224604727/
    https://www.youtube.com/watch?v=-9u0s0_Esd0




    関連記事


    1: 高低差速報
    100人並んでも待ち10分アマゾンのAIコンビニ開業
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26013650T20C18A1000000/

    【シアトル=佐藤浩実】米アマゾン・ドット・コムは22日、米シアトルでレジのないコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」を一般向けに開業した。
    画像認識技術などを駆使した最先端のコンビニをいち早く体験しようと、昼どきには周辺のオフィスで働く人らでにぎわった。
    ただレジで滞らないため、100人並んでも待ち時間は10~15分ほど。訪れた人たちからは「忙しい人に最適」「クールだ」といった声が上がった。

    Amazon-Go-Seattle-store

    関連記事

    このページのトップヘ