高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    CM


    1: 高低差速報
     東芝が国民的アニメ「サザエさん」の番組スポンサーを降板する方向で調整に入ったことが31日、分かった。1969年10月の放送開始から約48年にわたりCMを提供してきたが、綱渡りが続く経営状況から合理化が避けられないと判断し広告大手の電通に申し入れた。

     サザエさんは日曜夜に家族がそろって視聴する人気番組で、宣伝効果は大きい。後継スポンサーが見つかれば、18年3月末にも切り替わる可能性がある。CM提供はもともと家電製品を浸透させるのが狙いだったが、白物家電事業を中国企業に売却、社会インフラ事業に注力する方針を掲げており、スポンサー継続の意味合いが薄れていた。
    共同通信
    https://this.kiji.is/298139658070541409
    24



    関連記事


    1: 高低差速報
    今日も走り続ける。誰だってランナーだ。
    時計は止められない。時間は一方向にしか流れない。
    後戻りできないマラソンコースだ。

    ライバルと競い合いながら、時の流れという一本道を、僕らは走り続ける。
    より速く、一歩でも前に、その先に未来があると信じて。必ずゴールはあると信じて。

    人生は、マラソンだ。

    ・・・でも、本当にそうか?

    人生ってそういうものか?違う。人生はマラソンじゃない。

    誰が決めたコースなんだよ。誰が決めたゴールなんだよ。
    どこを走ったっていい。どこへ向かったっていい。
    自分だけの道があるんだ。
    自分だけの道。そんなものあるのか?分からない。
    僕らがまだ出逢ってない世界は、とてつもなく広い。そうだ、踏み出すんだ。

    悩んで、悩んで。最後まで走り抜くんだ。
    失敗してもいい。寄り道してもいい。誰かと比べなくていい。道はひとつじゃない。
    ゴールはひとつじゃない。それは、人間の数だけあるんだ。

    すべての人生が、すばらしい。
    誰だ、人生をマラソンって言ったのは。

    動画https://youtu.be/RKHVFZAZv4g


    recruit-point



    関連記事





    1高低差速報
    昨年、「PPAP」が世界的大ヒットとなったピコ太郎と「PPAP」をいち早く自身のSNSで紹介し、大ブレークのきっかけをつくった世界的歌手・ジャスティン・ビーバー(22)がソフトバンクの学割CMで共演することになり、このほど国内で極秘撮影が行われた。

     もともとソフトバンクのCMキャラクターを務めていたジャスティン。1月に、このCM撮影のために来日すると、最初からノリノリ。高校生役のジャスティンが教室の扉を開けると、そこには先生役のピコ太郎が…というシチュエーションでの初対面となったが、ジャスティンはピコ太郎と会うやいなや満面の笑みを浮かべ、ハグ&ハイタッチ。さっそく、即興で「PPAP」の振り付けを披露した。

     撮影でのサプライズ対面後、「ナイストゥーミーチュー」と互いに言い合い、がっちり握手した2人。ピコ太郎が「世界中に知ってもらえたのは、あなたのおかげです。本当にありがとう」と頭を下げると、ジャスティンも「ぼくも共演できてうれしいよ」とニッコリ。

     世界的スターと対面した緊張でピコ太郎が持っていたリンゴを床に落とすと、ビーバーがすかさず拾って、ピコ太郎の右手のパイナップルに近づけ「アーン!」と言って、ドッキング。見事なコラボレーションが実現した。

     ピコ太郎は“夢の共演”に「光栄という言葉を100回くらい言わないと足りないぐらい光栄に思います。ずーっと会いたかったジャスティンとこういう形で対面できるとは思わなかったので、本当にうれしかったです」と感激しきり。

     ジャスティンの印象に「ついても「すごくノリがいい好青年で、ジャスィテン・ピコ太郎に改名したいぐらい、とりこになっちゃいましたね」と興奮していた。

     今回のテレビCMはまもなく公開される。

    ent1702070006-p2
    ent1702070006-p3







    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000124-sph-ent

     
    関連記事


    1高低差速報
    ワイ「 ああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」





    d
     
    関連記事

    このページのトップヘ