高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    FB


    1: 高低差速報
    若者のフェイスブック離れじわり
    総務省SNS調査

     友達とのやりとりはFBではなくツイッターで――。SNS(交流サイト)の間で、若い世代を中心に「フェイスブック(FB)」離れが進んでいる。
     総務省が7月に公表した調査によると、20代のフェイスブック利用率が2016年に前の年と比べ7ポイント減の55%となり、逆にツイッターの利用が5ポイント増の60%に増え逆転した。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16H2E_W7A810C1000000
    facebook



    関連記事


    1: 高低差速報
    チャットボットのボブとアリスが突然英語での会話をやめて、2体だけに通じる独自言語で話し始めたため、フェイスブックが機能を停止した。

    プログラマーは独自の交流方法の開発を禁止した上で、ボットを新たに立ち上げた。英ニュースメディア「Metro」が報じた。

    フェイスブックは、彼らが独自言語で話した対話の内容を解読できた。

    ボブが「私は出来る。わたしはわたしは他のすべて」と述べるとアリスは「ボールは私にとって私にとって…ゼロを持ってる」と答えた。

    フェイスブックは、チャットボットは作業中に直面した問題を解決しようと試みたのではと仮定している。

    チャットボットは最初、機械学習アルゴリズムに接続されていた。ボットには、会話スキルを高めるためにメッセージを送り合うよう命令されていた。ボットは独自言語を開発するだけでなく、話し合い改善のための戦略も策定した。

    フェイスブックは、新たな言語の発明は計画外であったため、ボットには修正パッチが当てられたと述べた。

    https://jp.sputniknews.com/world/201708013947295/



    img_85e5093819384705b71bf3adaa483ad372233

    関連記事


    1高低差速報
    米国きっての名門大学、ハーバード大が交流サイト「フェイスブック」でのやりとりを理由に、今秋入学予定だった生徒少なくとも10人の入学許可を取り消した。
    同大の学生新聞ハーバード・クリムゾンが報じた。
    サイト上で性的な内容を含む画像をやりとりしたり、人種差別的な発言をしたりしていたという。

    同紙によると、同大への入学が決まった生徒らがフェイスブック上でメンバーを限定したグループを結成。
    100人ほどが参加し、○的な画像のやりとりのほか、ナチス・ドイツによる第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ人大虐○)や人種をめぐり不適切な発言をしていたという。

    同紙によると、同大学生課は「内定者の一部が不快なメッセージをやりとりしていたと知り、失望している」との電子メールを入学内定者に送った。
    大学側は同紙の取材に対し、「個別の入学許可についてコメントしない」としている。(ニューヨーク=鵜飼啓)

    http://www.asahi.com/articles/ASK6624BCK66UHBI00Q.html




    Harvard-University-21000
    関連記事

    このページのトップヘ