高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    Huawei


    1: 高低差速報
    ファーウェイ企業サイトの採用欄には、年収1600万円など、1000万円以上の高待遇での募集が並ぶ。社員の平均年齢は30歳前後で、全従業員の約半数が研究開発に携わるという。売り上げの10%以上を研究開発費に充てており、2017年は130億ドル(1兆4000億円)にのぼる見込みだ。

    番組コメンテーターの熊谷亮丸氏(大和総研チーフエコノミスト)は、ファーウェイの採用人数について、「年間15万人くらい(入社試験を)受けにきて、8千人~1万人くらい採用する。その中に博士号を持っている人が600人くらいいる」と説明した。

    「初任給は40万円くらいで、日本から人を引き抜くときは3000万円くらいで引き抜いていく」

    というから驚きだ。

    「優秀な人材が欲しければ~」と語るファーウェイのユーCEOは、「今後生き残れるのは数少ない企業だけであり、その中でファーウェイの成長は加速するでしょう」と強気の姿勢だ。大規模な研究開発投資が必要だが、多くの企業はついて来られないと見ており、「このペースなら、ファーウェイの研究開発費は数年で世界一になるでしょう」とも語っていた。

    能力が低い人材のうち、下から5%は淘汰する制度も

    一方、甘い話ばかりではなく、人材を淘汰する制度もあるという。ユーCEOは、「能力が低く目標を達成できない下から5%の人材は淘汰するんです」と明かした。


    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=44023


    svg


    関連記事


    1: 高低差速報
    ポルシェデザインモデルとなるMate 10 Porsche Designは、Mate 10 Proのスペックをラグジュアリー化した製品だ。
    フロント側は画面の下にロゴが入るものの落ち着いたイメージ。一方背面は、カメラ周りの処理をノーマルのMate 10
    シリーズと90度向きを変え、縦にラインを入れている。

    この流れるようなデザインはポルシェのイメージをほうふつとさせる。

    no title

    no title


    価格は日本円で18万5000円程度となるが、その価格の価値を十分感じることができる。
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1710/20/news067.html


    関連記事


    1: 高低差速報
    長年変わることのなかったSamsung1位、Apple2位の構図がついに変わるときが来ました。中国ベンダーであるHuaweiがスマートフォン市場の世界シェアランキングでAppleを追い抜き2位に躍り出たのです。
    研究開発への一貫した投資と、型にはまらない半ば強行的なマーケティング戦略が功を奏したと言われています。

    もはや無視することのできなくなったHuaweiの存在
    HuaweiがAppleに迫っていることは先月から囁かれていましたが、とうとうその瞬間が訪れました。ケンタッキー・フライド・チキン特製スマートフォンが決め手になったのでしょうか。

    調査結果を発表したCounterpoint Researchによると、今回の指標は2017年6月、7月の売上額を元に算出したものであり、Apple恒例の秋の新モデル発売の頃には再びAppleが2位に返り咲くであろうと代表のピーター・リチャードソン氏は予測しています。

    https://iphone-mania.jp/news-181167/
    designModel



    関連記事


    1: 高低差速報
    「フラッグシップスマホの発売時期をなるべく新型iPhoneと被らないようにする」

    iPhoneの話題に埋もれてしまわないよう、スマホメーカー各社はそんな処世術を選んできましたが、大きく潮目が変わることになりそうです。詳細は以下から。

    台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Huaweiは新型iPhoneの発売にあえてぶつける形で「Huawei Mate 10」の9月発売を予定しているそうです。
    HuaweiのコンシューマービジネスグループCEO・Richard Yu氏は先日、Mate 10がバッテリー寿命と写真撮影能力、処理速度、デザインにおいて新たなイノベーションおよび機能を導入することを明かしています。

    具体的にはTSMCの10nm FinFET技術を採用した最新プロセッサ「Kirin 970(ARM Cortex-A73 4コア+A53 4コア)」やジャパンディスプレイが開発した18:9、6インチ液晶「FULL ACTIVE」を採用するとのこと。
    なお、Huaweiは2017年上半期にMate 9シリーズ850万台、P10シリーズ600万台を含む7300万台のスマートフォンを出荷するなど好調。満を持してAppleとガチ○コ勝負を繰り広げることになります。

    http://www.digitimes.com/news/a20170731PD201.html



    huawei-vs-apple


    関連記事


    1: 高低差速報
    米調査会社Strategy Analyticsは1日(現地時間)、2017年第2四半期(4月~6月期)の全世界のスマートフォン市場の動向を発表した。これによれば、出荷台数は前年同期と比較して5.5%増の3億6,040万台だった。

     メーカー別シェアでは、トップはSamsungで7,950万台(シェア構成比22.1%)、2位はAppleで4,100万台(同11.4%)で変わりはないが、いずれも構成比としては減っている。

     その代わり躍進したのは中国勢で、Huaweiは3,840万台(同10.7%)でAppleに肉薄する3位となったほか、OPPOは直前期から2.9ポイントを伸ばして2,950万台でシェア4位、Xiaomiも2.1ポイント伸ばして2,320万台でシェア5位につけた。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073848.html




    mainleadsmartpjhopnes

    関連記事


    1: 高低差速報
    ファーウェイの初任給月40万円が話題 「普通に就職したい」「優秀な人は流れていっちゃう」


    中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の日本での初任給が40万円以上だと話題になっている。

    リクナビ2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」
    「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つ。月給は学士卒で40万1000円、修士卒で43万円に設定されている。年に1回以上は賞与があるというから、賞与が月給2か月分だとすると年収は初年度から560万円以上になる。

    「有給消化50%以上」「完全土日祝休み」ともあり、きちんと休むこともできるようだ。もちろん各種社会保険も完備されており、退職金制度も整っている

    https://news.careerconnection.jp/?p=37532 


    fb_img

    関連記事


    1: 高低差速報
    https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/electronics/2497181051/

    スマートフォン本体 の 売れ筋ランキング
    1位 Huawei P10 Lite サファイアブルー
    2位 Huawei P10 Lite ミッドナイトブラック
    3位 Huawei P9 Lite ゴールド
    4位 マウスコンピューター MADOSMA Windows10 Mobile
    5位 Huawei P9 Lite ブラック
    6位 Huawei Nova Lite ブラック
    7位 ASUS ZenFone 3 Max シルバー
    8位 ASUS ZenFone 3 ブラック
    9位 Huawei P10 Lite パールホワイト
    10位 ASUS ZenFone 3 Max グレー




    01_650x382

    関連記事

    このページのトップヘ