高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    IT



    1: 高低差速報
    Net Applicationsから2017年11月のデスクトップOSシェアが発表された。10月から11月にかけてはほとんど変動が見られない結果となった。2017年11月はWindowsとMac OSがシェアを増やし、LinuxとChrome OSがシェアを減らした。

    バージョン別に見ると、Windows 7とWindows 10、Windows 8.1がシェアを増やし、Windows XPとWindows 8がシェアを減らしている。
    1 Windows 88.39% 88.00% ↑
    2 Mac OS 9.05% 8.59% ↑
    3 Linux 2.21% 2.68% ↓
    4 Chrome OS 0.29% 0.32% ↓
    5 BSD 0.04% 0.01% ↑
    6 Unknown 0.03% 0.39% ↓
    順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
    1 Windows 7 43.12% 43.05% ↑
    2 Windows 10 31.95% 29.86% ↑
    3 Windows 8.1 5.97% 5.78% ↑
    4 Windows XP 5.73% 7.64% ↓
    5 Mac OS X 10.12 3.87% 4.66% ↓
    6 Mac OS X 10.13 2.18% 0.97% ↑
    7 Linux 1.64% 1.85% ↓
    8 Mac OS X 10.11 1.51% 1.50% ↑
    9 Windows 8 1.20% 1.26% ↓
    10 Mac OS X 10.10 0.97% 0.91% ↑
    引用記事:https://news.mynavi.jp/article/20171206-551705/



    MACBOOKPRO

    関連記事


    1: 高低差速報
    利用者無視のアマゾン・グーグル戦争

    アマゾンはネット小売り、グーグルは検索ビジネスで棲み分けていた時代が去り、互いにビジネスを拡張しようとするなかで競合し合う領域が生まれてきています。
    とくに成長が著しいクラウドの利用環境を売るビジネスは、本来はグーグルが強い分野であってもおかしくはないのですが、
    アマゾンが圧倒的にトップを走り、グーグルは、続くマイクロソフトやIBMにも出遅れてしまっています。

    http://lite.blogos.com/article/263757/



    amazon-vs-google

    関連記事


    1: 高低差速報
    日本で深刻化している「長時間労働問題」。
    もしこの問題があの「Google」で起こったとしたら、同社はどう対処し、解決するでしょうか。Googleで人材育成やリーダーシップ開発に携わってこられたピョートル・フェリクス・グジバチさんにお話を伺いました。

    ーピョートルさんの在籍中、Googleで「長時間労働」が問題として挙がったことはありましたか?

    少なくとも、単に「長時間働いているから」というだけで「あの人は仕事を頑張っている」と評価が上がるということはありませんでした。
    そもそも「労働時間で管理する」というのは、工場やレストランで働く人など、アウトプットが定型化している仕事に就く人をマネジメントする際に使われる考え方。
    そうではない、例えば、営業職、企画職、あるいは管理職もそうですが、いわゆるホワイトカラーの職業に就く人を「時間で管理する」というのは、愚かな考え方なんです。

    ーしかし、世の中には「22時以降は残業禁止」など時間で管理しようとする風潮がありますよね?

    なぜ時間で管理してはいけないかというと、仕事が定型化していない以上、大切なのは「質の高いアウトプットを出すこと」だからです。「それをできるだけ短時間で」という話なら分かります。
    質の高いアウトプットを出す上で大切なのは、労働時間を短縮して、効率化を図ることだけではありません。むしろ、質の高い、「意味のある仕事」に取り組むことなんです。

    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-107928



    ae8cc42b

    関連記事


    1: 高低差速報
    ファーウェイ企業サイトの採用欄には、年収1600万円など、1000万円以上の高待遇での募集が並ぶ。社員の平均年齢は30歳前後で、全従業員の約半数が研究開発に携わるという。売り上げの10%以上を研究開発費に充てており、2017年は130億ドル(1兆4000億円)にのぼる見込みだ。

    番組コメンテーターの熊谷亮丸氏(大和総研チーフエコノミスト)は、ファーウェイの採用人数について、「年間15万人くらい(入社試験を)受けにきて、8千人~1万人くらい採用する。その中に博士号を持っている人が600人くらいいる」と説明した。

    「初任給は40万円くらいで、日本から人を引き抜くときは3000万円くらいで引き抜いていく」

    というから驚きだ。

    「優秀な人材が欲しければ~」と語るファーウェイのユーCEOは、「今後生き残れるのは数少ない企業だけであり、その中でファーウェイの成長は加速するでしょう」と強気の姿勢だ。大規模な研究開発投資が必要だが、多くの企業はついて来られないと見ており、「このペースなら、ファーウェイの研究開発費は数年で世界一になるでしょう」とも語っていた。

    能力が低い人材のうち、下から5%は淘汰する制度も

    一方、甘い話ばかりではなく、人材を淘汰する制度もあるという。ユーCEOは、「能力が低く目標を達成できない下から5%の人材は淘汰するんです」と明かした。


    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=44023


    svg


    関連記事


    1: 高低差速報
    グーグルの本社がある、郊外の豊かな町、マウンテンビュー。その同じ町で、テス・サルダナは、混みあって窮屈なキャンプカーを道に止め、小ぎれいにして暮らしている。

    「お世辞にもいい住まいとは言えないわ」とサルダナは言う。だが、これは特段珍しい話ではない。警察に移動を命じられるまで、マウンテンビューのスーパー「ターゲット」と高級マンションの間の並木通りには、1ダースを超えるキャンプカーが並んでいた。中には、家賃を払えない人たちが大勢生活していたのである。

    引用記事:https://newsphere.jp/technology/20171123-1/
    Silicon-Valley



    関連記事


    1: 高低差速報
    人材獲得競争で、シリコンバレーにあるスタートアップ企業は、業界の大手企業よりもこれまでつねに有利な立場にあった。就職の際に自社の株式を提供し、「会社が成功したら、その株式であなたは金持ちになれる」と言うことができたからだ。

    しかし、その有利な立場も、テクノロジー業界が人工知能(AI)を取り込もうと競う中で弱まりつつある。少なくとも、AIに非常に詳しい人材に関しては――。

    驚くほどの給料を支払っている

    業界の大手企業は人工知能に大きく懸けており、顔認証のスマートフォンや対話型スピーカーから、医療のコンピュータ化や電気自動車まで、さまざまなものへの応用に期待を寄せている。こうした未来を描く中で、これまで最高の人材には堂々と惜しみなく大金を提供してきた大手企業も、さらに驚くほどの給与を支払い始めている。

    大学で博士号を取得したばかりの人や、それほどの学歴がなく仕事の経験も数年程度の人であっても、AIの専門家であれば年間30万~50万ドル(約3300万~5500万円)、あるいはそれ以上の給与と会社の株式を手にすることができる。この数字は、大手テクノロジー企業に勤める人、あるいはそうした企業から仕事の誘いを受けた人、合計9人に話を聞いた結果得られた。9人全員が、今後のキャリアに影響しないよう匿名を希望した。

    引用記事:http://toyokeizai.net/articles/-/195366
    ai-digital-voices-796x398


    関連記事

    このページのトップヘ