1: 高低差速報
JR九州社長、ローカル線「郷愁で残すのか」
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170809-OYT1T50031.html

JR九州の青柳俊彦社長は8日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、
採算の厳しいローカル線について、「JRが全て面倒をみるということでは済まない。
住民とよく議論したい」と述べ、鉄道の維持に向けた負担のあり方を巡る議論の活発化に期待を示した。

青柳社長は路線の維持に努めていることを説明した上で、「社会資本としての交通をどう残していくか。
人口減の中、維持のためにどうするのがいいか。住民のみなさんと話していかねばならない」と強調。
さらに、自動車が中心の時代を迎えているとして、「郷愁ばかりで鉄道を残すのは、
社会にとって本当にプラスなのか」とも述べた。

JR九州は7月末、鉄道の「輸送密度」(1キロ・メートルあたりの1日平均利用者数)を
詳細な区間別に初めて公表し、ローカル線の厳しい実態が明らかになった。
campaign_TRAINS




関連記事