高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    SNS


    1: 高低差速報
    しらべぇ編集部は全国20代~60代のSNSユーザー638名に「そろそろやめたいと思っているSNSはなにか」を調査。

    結果をランキング形式で紹介する。

    ■第5位:GREE(3.4%)
    GREEが5位に。かつては日記やコミュニティなどが隆盛を誇っていた同サービスだが、最近は携帯ゲーム中心。

    ■第4位:LINE(5.0%)
    4位はLINE 。主に通話やメッセージ交換に使用するユーザーが多いが、「既読無視」など面倒な部分も多く、「やめたい」と思う人が存在するようだ。
    また、親しくない人に「タイムライン」を見られることを、嫌がる声もある。もちろん、特定の人に見せない設定は存在しているのだが。

    ■第3位:Twitter(9.4%)
    アメリカ大統領や日本の総理大臣も使用するTwitterが3位に。政府や企業も使用し、さまざまな情報を発信。多くの人が使ったり、
    チェックしたりしているツールのひとつ。
    その一方で、不愉快なつぶやきを見るケースや、自分の不用意な発言が炎上してしまうことも少なくない。両刃の剣となるだけに、
    「嫌な思い」をした人はやめたくなってしまうのかも。

    ■第2位:mixi(14.3%)
    2位に入ったのは日本におけるSNSの草分け的存在のmixi。かつてはネットユーザーのほぼ全てが使用しているといわれるほどの
    人気を誇っていたが、「足あと」機能の廃止などで、一時多くのユーザーを失った。

    ■第1位:Facebook(19.0%)
    1位は全世界のネットユーザーが広く利用するFacebook。日本でも多くの人が利用し、企業も公式ページを開設している。
    さまざまな人と繋がることができる一方で、「リア充アピールがうざい」「義理で『いいね』するのが鬱陶しい」などの声もあり、
    「疲れ」を感じる人も多い。
    そんな人々が、「そろそろやめたい」と感じているのかも。

    引用記事:https://sirabee.com/2018/03/17/20161542225/
    svg



    関連記事


    1: 高低差速報

     埼玉県春日部市の自宅は70代の父親が27年前に購入。伊藤さんが生まれた1989年、父親はサラリーマンとして好景気を謳歌した。郊外に一戸建て、という昭和世代の夢の結晶がこの家だ。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25273620R31C17A2000000/



    46484846546464854981

    関連記事





    1: 高低差速報
    10代の普及率が99%にもなるというアプリ『LINE』。そんな10代の代表でもある女子高生の1日を再現して
    どのようにLINEを使っているのかを再現した動画が公開された。

    “ワンチャンワンドキ!JK用語でJKの1日を再現してみた”という動画でリアルJK3名と人気の若手俳優が出演。

    動画の中では「ワンチャン」「卍」などの今のJK用語が活用されている。主人公のひなというJKが
    18歳の誕生日を迎える朝から始まる。
    恋する恋する男の子からLINEが届くも「アサイチ!」「モーニング男だ」「I am りょうま in 部活中」という
    意味不明なLINEの連投。スパムかよと突っ込みたくなる内容ばかりである。

    今の高校生はこのような内容で会話が成り立っているのだろうか。この動画はJKたちがどのようにLINEを
    やりとりしているかを再現したというところにある。

    実際に女子高生からヒアリングしJKトレンドを収集した上で制作。「38のJK流行語」、「5つのJKトレンド」は女子高生のお墨付き。

    http://gogotsu.com/archives/32892


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    若者のフェイスブック離れじわり
    総務省SNS調査

     友達とのやりとりはFBではなくツイッターで――。SNS(交流サイト)の間で、若い世代を中心に「フェイスブック(FB)」離れが進んでいる。
     総務省が7月に公表した調査によると、20代のフェイスブック利用率が2016年に前の年と比べ7ポイント減の55%となり、逆にツイッターの利用が5ポイント増の60%に増え逆転した。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16H2E_W7A810C1000000
    facebook



    関連記事

    このページのトップヘ