高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    iPad


    1: 高低差速報
    no title


    ググっと、こみ上げる何かが。

    ローエンドモデルは想像以上にリーズナブル。これならiPad Proデビューしたい方も増えるだろうなあ。

    そしてハイエンドモデルはなかなか覚悟が必要なプライスです。しかもApple Pencil(第2世代)とSmart Keyboard Folioもセットで購入すると...ゴツい!

    iPad Pro 12.9インチ 1TB Wi-Fi+セルラー 21万1800円

    Apple Pencil(第2世代)1万4500円

    12.9インチiPad Pro(第3世代)用Smart Keyboard Folio 2万2800円

    合計 24万9100円(税込 26万9,028円)

    参考までに、Core i5でメモリ8GBでSSD 1TBのMacBook Pro 13は26万4800円です。いい勝負すぎる。

    iPad Pro 11インチ 1TB Wi-Fi+セルラー 18万9800円

    Apple Pencil(第2世代)1万4500円

    11インチiPad Pro(第3世代)用Smart Keyboard Folio 1万9800円

    合計 22万4100円 (税込 24万2,028円)

    11インチ iPad Proの全盛り全オプションのプライスもなかなかのモノ。家庭内財務省の決裁、下りるでしょうか。

    引用記事:https://www.gizmodo.jp/2018/10/fullspec_ipadpro2018.html 
    関連記事


    1: 高低差速報
     米Appleは6月5日(現地時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の10.5インチモデルを発表した。リフレッシュレート120Hz対応の新ディスプレイや新プロセッサ「A10X」を搭載し、従来の9.7インチモデルを置き換える。本日から注文を受け付け、来週以降に出荷する。価格は6万9800円(いずれも税別)から。
    no title


    9.7インチモデルに比べて約20%大きい10.5インチの「True Toneディスプレイ」を搭載。リフレッシュレートは従来の60Hzから120Hzに倍増し、指によるタップやペンデバイス「Apple Pencil」の反応速度を改良した。画面の明るさも600カンデラに向上している。

     プロセッサには新しい「A10X」(6コア)を採用し、前モデルに比べて処理性能が30%、グラフィックス性能は40%向上。バッテリーは最大10時間駆動するという。ストレージ容量は64/256/512GBを用意する。

     サイズは174.1(幅)×250.6(奥行き)×6.1(高さ)ミリ、重さはWi-Fiモデルが469グラム、Wi-Fi + Cellularモデルは477グラム。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの計4色。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news050.html

    関連記事

    このページのトップヘ